FC2ブログ

オオタカ幼鳥元気です。。

あちこちで、ツミやアオバズクの可愛らしい雛が巣立っていく様子が紹介されています。
この季節は巣立ちの時期で、まだあどけない幼鳥の姿は微笑ましく、嬉しくなりますね。
私のフィールドのオオタカさんも2羽の幼鳥が育ったようです。
元気に飛び回り、大きな声で鳴く声が聞こえますが、オオタカは一人前になり
自分のテリトリーを持って独立していくまでには、3年かかります。
それまでは親の縄張りの中で、狩の仕方などを学びながら成長していくのでしょう。。
この場所は巣ではありません。もう巣立ってこうして少しずつ行動範囲を広げていきます。




大きな口を開けて時々ピィーヤ、ピィーヤ!と鳴いています。


この2羽はまだあどけない幼鳥なので今年生まれたばかりのようです。
兄弟のようですね。









こ~んなポーズもとってくれました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お腹は未だ縦縞模様、成長に従って横縞に替わるんですね。そうなれば自分のテリトリーが確保され、立派な怖いもの知らずに生まれ変わる。いいですねオオタカをいつでも見ることが出来て幸せ過ぎますよ~!☆ポチ!

No title

猛禽のオオタカも幼鳥は可愛いですね。顔つきもまだ幼い感じですが、目つきと嘴は猛禽の威厳を持っていますね。
そちらに帰ったら会えるかな~?

No title

人間と違ってヨコシマな奴は立派な成鳥のことなのですね^^;
オオタカの幼鳥、あどけない雰囲気はあっても目つきが猛禽予備軍を物語ってますね。立派に育って欲しいものですネ。ポチ!!

No title

爪が見えません!やはり隠しているんでしょうか?一人前になるのには3年もかかるんですか!厳しい世界なんですね!ポチッです。

No title

そういえばオオタカって幼鳥と成鳥で体の模様の縦横が変わるんですよね・・・
自分はこの写真だけ見せられたらオオタカだと分からないと思います(^_^;
幼鳥とはいえ目つきが鋭いオオタカたちにポチッ

No title

幼鳥でもしっかりと雰囲気がありますね~。 3年の月日がかかるのですかぁ。 このこたちが大空を羽ばたいて自分の世界を築くまでは、まだまだ親の側にたっぷりといるのですね。
それにしてもオオタカさんとかすみさんって相性がいいんだなぁ~。
こんなに近くで出会えるのも、成鳥とご近所で出会えるのも、オオタカさんから気に入られている証拠ですね~。ぜひぜひ、今後もこのこたちの専属カメラマンを宜しくお願いいたします。特大ぽちぃ☆

No title

ウーン!これは貴重な写真ですぞ!幼鳥といってもさすがに目つきが鋭い!いい顔ですなあ。惚れ惚れいたしますぞ!(笑)かわいい兄弟に、ポチコ!(笑)

No title

幼鳥とはいえ目付きは鋭いですね~
最後は・・・もしかして「プリッ!」^^;

No title

zinさん:
オオタカの縦縞模様はかなり長い期間ですよね。若鳥になってもまだ縦縞ですですもの。。青灰色の背中にグレーの横縞になる頃には立派にひとり立ちして、自分のテルとリーを作リます。
今はまだ幼鳥なのでしばらくは親からの餌をもらっての暮らしが続く事でしょう。。その分親鳥は大変!だから雨が降ってもぐっしょり濡れて餌探しに励んでいたのです。そんな姿を身近で見られるって、私も貴重だし、大切にしたいと思っています(^^♪ ポチッ!ありがとうございます(^^♪

No title

クロネコさん:
さすがにオオタカ!幼鳥といえども猛禽ですよね。でもなかなか可愛い顔でしょう(笑)
この2羽の幼鳥は、初めてお目見えしました。まだ巣立って間もない様であまり警戒心もなく、カメラ向けても、まったく無関心風でした。営巣場所はまったく確認できませんので、こんな風に見えるところに出てくれないとなかなかあえません。これから成長するにつれ見かけることも増えるかもしれませんね(^^♪

No title

omoさん:
人間もどちらかというと、よこしまなのは大人のほうに多いかも。(笑)ここのオオタカ母さんは何年も子育てしているベテランの肝っ玉母さんなので、きっと上手に育てている事でしょう。。このまま2羽が無事成長し、独立していって欲しいですね。ポチッありがとうございます(^^♪

No title

バラボンさん:
もちろんこの子達は「能ある鷹」でしょうから爪は隠してるんですね~(笑)鳥類の中では独立するまでの時間は長いほうでしょうね。それだけ狩などの確率も低く大変なんでしょうね。ポチッ!っとありがとうございます(^^♪

No title

tabekahiさん:
確かに、この色合いだと、トビのような色合いだし、トビと間違えそうですね。何故オオタカと限定できるかというと、親鳥が何時もこの近くにいるからです(笑)
鳥は、特に幼鳥の時はわかりにくいので、親鳥と一緒の時だとハッキリしますよね。私も何時も成鳥の姿見てなければ判らなかったかもしれません。。幼鳥達に応援も含めてのポチッありがとうございます。
幼鳥に代わってお礼申し上げます(^^♪

No title

marikoさん:
オオタカは若鳥になってからも、まだ親の縄張りの中で暮らすらしいです。そんな風にして狩の仕方とか教わってるんでしょうかねぇ。。
たまたま私のフィールドにオオタカが何羽か居てくれてるだけなんですけど、じつはこの場所は決して公表しないという事も永いあいだ子育てをしてくれる理由なのでは。。と思います。
自分が撮ってるくせに他の人には来て欲しくないなんてかなり自分勝手と思われるでしょう。。でも他の人たち’(特に野鳥の会)などのような連絡網のしっかりしてるグループに知られると、入れ替わり立ち代りやって来て、鳥は警戒してもうやってきてくれなくなるんです。そんな風にして巣を放棄したのを別の場所で見てるものですから。。どうしてもここは守りたいと思ってしまいます。特大ポチィありがとうございます(^^♪

No title

しろうさん:
オオタカの幼鳥の兄弟、なかなか可愛らしいでしょう。。
もう巣立ちはしているのですが、よくこうして一緒に行動してるようです。でもなかなか見えるところには出てくれません。今日は特別。。ラッキーでした。ポチコありがとうございます(^^♪

No title

okasiraさん:
幼鳥とはいえさすがにオオタカでしょう。。この目と嘴はすでに猛禽の特徴備えてますよね。最後のシーン!さすがお察しのいいokasiraさんですね。大正解のプリッ!でした~(笑)

No title

独り立ちまで3年とは、鳥さんとしては長いですね。それが許されるのは食物連鎖のトップに君臨するからなのでしょうね。今、はやりの王子なのだと思います。ポチ。

No title

ダイアルさん:
いくらオオタカといえども狩はとても難しく確率はそれほど高くはないのですね。それだけ生存も厳しいという事で、独立するには時間がかかるんでしょうね。なかなか鳥達も楽ではありません。ポチッありがとうございます(^^♪