FC2ブログ

気がかりなケリ

晴れた日に撮りたい鳥と言ったら
メタリックカラーの美しいタゲリやヨシガモ
今日はタゲリを撮ろうと思って車で走っていると
タゲリと一緒にケリが1羽一緒に行動しているのに出会いました
こちらでは、タゲリは多く見られるけどケリはたまに
こうしてタゲリに混ざってるのを見るくらい。。
タゲリはさておき、この際ケリにカメラを向けます。
 
イメージ 1
 
ところが何か違和感を感じよく見ると
片方の足の関節から少し下がありません。
 
イメージ 2
 
移動の時は、バランスを崩しやすく羽を広げて体勢を整えます。
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
それにしても、釣り糸でも絡まって切断してしまったのか
事故でもあったのでしょうか。。
人間が原因だとしたらケリに申し訳なく、情けないです。。
こんな痛々しい画像を。。と言うご意見もあるかもしれませんが
人々への警鐘を兼ねてあえて掲載させていただきます。
 
これから無事生きていけることを願わずにはいられません。
 
イメージ 5
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

痛々しい姿ですね 心痛みます
普段は気がきついケリですが 何かしら不安げな
表情に見えます
無事に生きていくよう祈るばかりです

No title

こんばんは。

最近、フィールドに居る鳥の中にこのような個体が居ることがあります。
人間が原因です
鳥見の間にテグス拾いはしてますが、追いつきません
春に来たチュウシャクシギの♀に片足が関節から落ちてしまってた個体が居ました。秋まで♂2羽が寄り添ってましたがいつの間にか見えなくなってしまいました。
このケリも無事生き抜いて欲しいものです。

No title

今晩は、以前は良く見かけたんですが、この頃は余り
見かけませんでした。片足無いんですか、どうも越冬地
に問題有るようですね。唯でさえ少ないケリ可哀想ですね、頑張って欲しいです。

No title

鳥見していると、またに怪我をした個体に逢います。
チュウシャクシギとミヤコドリは次のシーズンにも
逢いましたがその次はありませんでした。
釣り糸の絡む事故は多いようですね。

No title

Hooryさん:
ケリは気が強く特に子育て中は攻撃してくるとよく聞きますが、このように、1羽だけ群れから離れタゲリと行動してるのですが、片足怪我した状態ではかなり不安でしょうね。生き延びるのは厳しいと思いますが頑張ってほしいですね。いつもナイスありがとうございます(^^♪

No title

キクたんさん:
こんにちは~(^^♪
ブログ仲間さんの所でも、時々こういうシーンを見ることがありますから、犠牲になる鳥がかなりいるという事なんでしょうね。テグスは絶対に放置しないという習慣付けてほしいものですが(^_^;)
水辺の鳥のほうがより危険が多そうですね。何とか生き延びてほしいと願わずにいられません。ナイスありがとうございます。

No title

ohagisann25さん:
こちらはケリはあまり見かけないので、タゲリの群れに混ざっていてくれると、ラッキーと言う感じなんですが、この個体に限っては、痛々しくて辛いです(^_^;)
一緒のタゲリもいつまで一緒に居てくれるか気がかりですね。仲間の所に行けるといいのだけど。。

No title

toritoriziさん:
どこにもこういう怪我をした鳥を見かけることはありますが、やはり残念ですね。
この時も、すぐ近くの電線で、ずっとチョウゲンボウが下を見ていましたが、私がいるので諦めて飛び去りました。猛禽類に狙われる確率も高くなりますよね。(^_^;)
ナイスありがとうございます。

No title

逞しく生きている。たいしたものですね。がんばれ!ナイス!

No title

しろうさん:
片足でも頑張ってますね。しろうさんの応援が届きますように(^^♪ ナイスありがとうございます