FC2ブログ

蝶、撮れたけど。。。





今日で5月も終わり。もうすぐ梅雨の季節ですね。
でも、今年は5月でも五月晴れといえる日は少なかったようです。

わずかな晴れ間も鳥見に出かけたくなってしまうけど、
さすがに鳥は少なくなって、川辺でわずかな水鳥を見るくらいしかに
なってしまいました。
そんな時、河原や草むらを飛び回ってる蝶にレンズを向けています。
羽を広げてるのと、閉じてるのと、両方写せればいいのですが、初心者の
私にとっては、1枚でも撮れたらラッキーな感じ。
フワフワ飛ぶ蝶は動きがつかめず、鳥より難しいですね。

1、2枚目 コムラサキ (今回もKappaさんに教えていただきました)
3枚目   サトキマダラヒカゲ
4枚目   モンキチョウ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

かすみさん。こんばんは~☆ 一枚目、二枚目の蝶はヤナギ科の植物を食草とする「コムラサキ」です。はねの表面に紫色が出て魅力的な蝶です。 紫色は燐粉では無くて光の干渉によって現らわれる幻の色なのですよ。。 別名を「隠し紫」と呼ばれています。。オオムラサキより小型ではねも シャープ。。クロコムラサキは数が少なく稀です。

No title

書き忘れました。コムラサキの♂です。♀にははねに紫色の輝きは現れません。サトキマダラヒカゲ、モンキチョウとも飛んでいる時だけはねを開き、とまる時はサトキマダラヒカゲは右左のはねをぴったりと合わせてとまり、モンキチョウは若干ずれます。色々と蝶のコレクションも増えて来ましたね。。これからも時間がある時はチャレンジして下さいね。。

No title

Kappaさん いつもありがとうございます。コムラサキというのですか。そういえば、柳の木がいっぱいある河原の石の上にいました。羽が紫色に光って綺麗ですね。という事は日が当たってるほうが綺麗に光るのかしら。。珍しい蝶がいるものですね。

No title

コムラサキは♂だけが輝くんですか。鳥も♂のほうが綺麗なものが多いけど蝶もそうなんですね。とまるときに羽をひらかない蝶もいるのですね。それじゃ、開いてる所を撮るの無理って事なのですね。