FC2ブログ

キジ、オスばかり3羽も

車でいつものように一回りしていると、田圃にキジのオス。。
カメラ向けると、あれ!他にもキジのオスが。。
次々オスばかりが3羽も。。まだ顔の赤い部分が成鳥より薄く
成長の途中のこも混ざってるようなので、今年生まれの兄弟たちのようです。
まだ一緒に行動してるんですね。。
もう少ししたら、それぞれ自分の縄張りを持つのでしょう。。

kijiosu13.jpg

kijiosu14.jpg

kijiosu15.jpg

kijiosu16.jpg

kijiosu17.jpg
スポンサーサイト



畦のタシギ

稲刈り後に見かけなくなったタシギが
台風後に田圃にまた水が増えた影響か
畦などで見かけるようになりました。
ひこばえの間で蹲るようなタシギや稲株の中や畦など
見かけるとカメラ向けます。

tasigi9.jpg

tasigi10.jpg

tasigi11.jpg

tasigi13.jpg

tasigi14.jpg

tasigi15.jpg

偶然見かけたセッカ。

昨日、メジロを見かけた柿ノ木のある場所に行く途中、
まだ刈り残っている稲田の脇を通りました。
稲穂の上に1羽の鳥。。あれ?ノビタキがまだいたの?と
カメラ向けると、セッカでした。。夏の間あんなに賑やかに鳴いていたのに
この時期はまったく鳴かないので、気づき難いセッカです。
こちらが気づかないだけで、しっかり活動してるんですね。

sekka25.jpg

sekka26.jpg

sekka27.jpg

sekka28.jpg

sekka29.jpg

柿の実を食べるメジロ

今日は、気持ちよく晴れいいお天気でした。
青空に柿の実のオレンジ色が映え秋らしい風景の中。。
甘く熟した柿の実を目当てに、メジロがやってきています。
甘い柿は鳥達のご馳走。。ヒヨドリがここは自分の場所とばかり
メジロを追いたてますが、メジロもご馳走を前に引き下がれませんね。
攻防を繰り返しいながら、何度も食べに来ていました。

mejiro26.jpg

mejiro29.jpg

mejiro30.jpg

mejiro32.jpg

mejiro31.jpg

冬鳥のシメ、今期初認

まだ移動途中の立ち寄りの鳥もいる中で
冬鳥のシメが早々と到着しました。
まだ到着したばかりなので、木の高い位置にしか止まらず
下から見上げて、お腹ばかりです。。

sime16.jpg

sime17.jpg

sime18.jpg

sime19.jpg

sime20.jpg

ムナグロ若の立ち寄り

相次いでやってきた台風で、田んぼはもう水を吸収する余裕が無くなり
昨日の雨で、まるで田植えの頃のように水がたまっています。
しかも、遠くから見ると刈り取った稲株からでたひこばえの緑が
まるで田植えをした稲田のよう。。
その稲の柵のなかに、ムナグロの若が数羽点在しています。
ムナグロは少し遅れたこの時期に若だけの群が移動するようです。
稲藁の中にいると、保護色でほとんど気づきません。。

munagurowaka1.jpg

munagurowaka2.jpg

munagurowaka3.jpg

munagurowaka4.jpg

munagurowaka5.jpg

公園の小鳥、エナガ

今日は朝から雨です。
また先日の氾濫被害のあったあたりに警報が出ているとか。。
何度も被害にあうことが無いように、早く雨が止んでほしいです。。

今日は雨なので、昨日カッコウがいた場所にいた小鳥達の中から
エナガです。。枝の間を忙しく動き回るエナガは可愛くて大好きな鳥なので
ついついカメラ向けてしまいます。

enaga20.jpg

enaga21.jpg

enaga22.jpg

まだいたカッコウ

先日見られたカッコウですが、今日、もういないかな?
と思いながらも、行ってみると、今日もまだいてくれました。
木々の間を飛び回りながら、時には大きな青虫を捕まえパクリ。
明日は雨予報なので、今日見られたので良かった~(*^^)v

kakkou13.jpg

kakkou14.jpg

kakkou16.jpg

kakkou17.jpg

kakkou12.jpg

今年は1チャンスだけ。。

夏の間に北海道などで子育てし、秋に南の国に渡る鳥の中に
ノゴマという鳥が居ます。。奥日光戦場ヶ原に立ち寄りが確認されると
数日して、こちらでも見られるようになります。。
でも今年は、ちょうどその時期に、台風19号が来て、河川敷は水没
葦原は水に倒され、もう立ち寄りは叶いません。
台風が来る前に、1回だけ何とかその姿を捉える事ができました。
でも、草薮の中で枝かぶり。。
それでも、オスの赤い喉元を見ることが出来ました。

nogoma1.jpg

nogoma2.jpg

nogoma3.jpg

nogoma4.jpg

nogoma5.jpg

キジのオス。。

今日は天皇即位礼と言う事で祝日になりました。
でも残念ながら雨。。
なので、昨日カッコウを撮る少し前に通った場所にいた
キジのオスを今日は見ていただきます。
見通しの良い高い場所で、辺りを見回す姿は凛として
美しかったです。

kiji32.jpg

kiji31.jpg

kiji33.jpg

kiji30.jpg

少し秋めいた公園で、カッコウ

また台風が接近してるようです。明日は雨予報。
大雨にならないことを祈りましょう。
確か昨年も今頃、カッコウを見たはず、、と思い行って見ると
少し木々の葉が黄色味をおび、ちょっと秋っぽい光景の場所も。。
急に飛び出した姿は確かにトケン類。。
カメラ向けると後ろ向き。。こっち向いて~!
と位置を変えながら何とか胸が見える場所で数枚シャッター押せました。
胸の縞模様も、下尾筒の縞も細かい。。カッコウです。
今年も来てくれた律儀な鳥さんですね(*^_^*)

kakkou7.jpg

kakkou8.jpg

kakkou9.jpg

kakkou10.jpg

kakkou11.jpg

ハヤブサが帰ってきた!

雨は朝には止んで、曇り空から少し晴れ間も覗きました。
何気なく空を見上げると、あれ!いつもの場所にハヤブサ!
何か食べてるようです。。獲物はかなり大きそう。
羽を散らして、お食事の最中です。
少し移動すると、右側にもう1羽。。戻って来てくれたんだ!
そろそろかな~?と思っていたけど、その姿を見るとやっぱり嬉しい。
ペアでいるってことは、来年も子育て期待できるかな。。

hayabusa81.jpg

hayabusa82.jpg

hayabusa87.jpg

hayabusa83.jpg

hayabusa84.jpg

hayabusa85.jpg

hayabusa86.jpg

身近な鳥、シジュウカラ

台風の後、渡りの鳥たちは大急ぎで移動してしまったのか
ここ数日は、まったく何も姿がありません。
この後、冬鳥達がやってくるまでは、暫くはいつもの留鳥くらいしか
見られそうにありませんね。
そんな訳で、身近なシジュウカラです。
何か虫でも見つけたみたいですね。

sijyuukara9.jpg

sijyuukara10.jpg

sijyuukara11.jpg

sijyuukara12.jpg

久しぶりのハヤブサ。

また。明日から雨の予報が出ています。
被災地に追い討ちをかけるような雨。。どうかこれ以上
酷い事にならないようにと祈るばかりです。
この青空の下を飛翔するハヤブサは、台風の来る数日前に撮ったものです。
川原で素早く飛ぶ猛禽をカメラで追ってハヤブサ~!
とシャッター押したのですが、そのスピードに付いていけず、
遠くのほうで小さくしか撮れませんでした。
その数日後、その川原が水で覆われるなど思いもしない時でした。

hayabusa77.jpg

hayabusa78.jpg

hayabusa79.jpg

hayabusa80.jpg

公園のキセキレイ。

昨日のムシクイを撮った後、少し移動すると
小さな流れの場所にキセキレイが1羽いました。
流れは浅く、静かにいつもの状態に戻っています。
キセキレイはのんびり寛いでいました。

kisekirei23.jpg

kisekirei24.jpg

kisekirei25.jpg

kisekirei26.jpg

kisekirei27.jpg

kisekirei28.jpg

ムシクイの仲間

今日は公園を歩いてみました。
柳の枝や葉っぱが散らばる遊歩道ですが
今日は小鳥の声が聞こえてきます。
見上げると、シジュウカラやメジロの群に混ざって
ムシクイが忙しく動き回っています。
ムシクイの仲間は似ていて、声を聞かないと
判断難しいのですが、運よく頭頂部が見える画像が撮れました。
という事で時期的にも、メボソムシクイでいいかと。。

musikui4.jpg

musikui5.jpg

musikui6.jpg

musikui7.jpg

musikui8.jpg

近くを一回り。

台風の後のいつもの場所を、どんな様子か見回ってみました。
田んぼはまた水がいっぱいになり、少し前の水田のような光景。。
何ヶ所か、道路を越え水が通ったような場所も、今は通れるように
なっていました。。
公園は、通路に枝や葉っぱが散らばってますが、通ることは出来
それほど心配はなさそうです。
ノビタキはいつもの場所にまだ居てくれました。
そしてモズ君も元気に桑の天辺で鳴いていました。
こんな小さな鳥たちは、あの嵐をどんな風に耐え、のりきったのでしょう。。
自然の脅威には、人間だって成す術はありません。

nobitaki32.jpg

mozu10.jpg

mozu11.jpg


安否確認

猛烈な台風がようやく過ぎていきました。
各地に甚大な被害をあたえ、まだまだ、避難所暮らしの方も
いらっしゃる事でしょう。。
こちらも、昨日は1日中緊急災害情報で携帯がなりっぱなし。。
南に荒川、北に利根川と言う大河に挟まれた当地は、
危険度5レベルなどとメールが来るし。。
一時は避難のため荷物を準備するなど、、緊迫していましたが
何とか、避難せず過ぎてくれ少しほっとしています。
でもまだ、上流からの増水で危険なレベルだそうで、安心は出来ません。

いつも当ブログを見てくださる方々に、無事であるご報告だけ
させて頂きます。
被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

少し前に撮ったムシクイの仲間。
ムシクイは判断が難しく種類はわかりませんが、メボソムシクイかな?

musikui1.jpg

musikui2.jpg

キビタキ、今日もメス

大型の台風が近づいています。
いつもの公園はまだ雨も降っていないのに
散歩の人もまばら。。静まり返った木々の中から
キビタキの声が聞こえてきました。
今度こそオスのキビタキか!と期待しましたが
カメラ向けたらやっぱりメス。。どうも私はオスのキビタキとの
相性が悪いみたいです(T_T) でもメスでも会えたら嬉しい(*^^)v

kibitakimesu5.jpg

kibitakimesu6.jpg

kibitakimesu7.jpg

ここからの2枚は別の場所で撮ったもの。
kibitakimesu8.jpg

kibitakimesu9.jpg

秋色ノビタキ。

秋の渡り途中の立ち寄りの鳥は、だいぶ進んで
見られる鳥も少なくなりました。
でも、ノビタキは、まだまだたくさん。。移動して行ったりしても
また次の鳥がやって来て入れ替わります。。
季節が進み、セイタカアワダチソウの花が黄色くなり
そこに止まってくれるようになりました。
秋色背景のノビタキは季節感がいっぱいで好きな光景です。

nobitaki27.jpg

nobitaki28.jpg

nobitaki29.jpg

nobitaki30.jpg

nobitaki31.jpg


コゲラもそろそろ。。

夏の間は、公園の木々も繁り、小鳥もほとんど見られませんが
秋の気配と共に、小鳥の声が賑やかになってきました。
シジュウカラやメジロの混群に混ざって、コゲラが
木の幹をギー!ギー!っと鳴きながら動き回っています。
黒と白の縞模様の可愛いキツツキの仲間のコゲラです。

kogera10.jpg

kogera11.jpg

kogera12.jpg

ゴイサギとホシゴイ

いつもの公園に隣接して神社があるのですが
その裏手には田んぼが広がっています。
そこのわき道を歩いていくと
珍しく、ホシゴイが佇んでいました。
ホシゴイはゴイサギの幼鳥でまだ縞縞模様。
成鳥のゴイサギは青灰色の綺麗な色になります。
久しぶりに、ホシゴイ(幼鳥)とゴイサギ(成鳥)をUP

hosigoi3.jpg

hosigoi4.jpg

hosigoi1.jpg

hosigoi2.jpg

goisagi1.jpg

goisagi2.jpg


ツミのオス、久しぶりに公園で

ツミは夏に子育てをして、今は、子供たちも巣立ち
それぞればらばらになっています。
いつもの公園を廻り、先日ツツドリのいた辺りを見上げると
猛禽の後姿があります。振り返ったのを見たらツミのオス
ここでツミを見るのは久しぶりです。
木のある場所の下の水辺で水浴びでもしたのか、羽を震わせたり
広げたりしながら、ゆっくり羽繕いする姿を見せてくれました。

tumi20.jpg

tumi21.jpg

tumi22.jpg

tumi23.jpg

tumi24.jpg

tumi25.jpg




ツルシギ、沼に移動か。

稲刈りが進んで、田圃には何もいなくなりました。
近くの灌漑用のため池の水も抜かれ、水位が下がり
沼では僅かに小さな流れのある場所に、カモやサギが集まっています。
休耕田で見られたツルシギが4羽、そこで採餌していました。
水のある場所を求めて移動してきたのでしょう。。
でも、何かに驚いて一斉に飛び立ち、いなくなってしまいました。
ツルシギの後ろの水草は沼にいっぱい広がっていた菱です

turusigi11.jpg

turusigi12.jpg

turusigi13.jpg

turusigi14.jpg

turusigi15.jpg

キビタキのメス。

今日は暑かったです。10月とは思えないほど。。
これでは、渡り途中の鳥達もまた山に戻りたくなってしまうくらい
戸惑ってるかも知れませんね。。
キビタキもいると聞いてたので、探したのですが
見つかったのはメスだけ。。綺麗なオスには会えませんでした。
でも、途中の立ち寄りのキビタキのメスに会えたので〇

kibitakimesu1.jpg

kibitakimesu2.jpg

kibitakimesu3.jpg

kibitakimesu4.jpg

残念な痕跡。

先日ツツドリの赤色型を掲載しましたが
普通のツツドリは青灰色の背中、横縞模様の胸です。
この普通のも一応撮ったのですが、葉っぱの影だったり
枝かぶりだったりで、もう一度撮り直したいと思って、
もう一度行ってみたのですが、見つけられません。
その代わりに見つけたのは、散らばった羽。。
色や大きさなどの特徴から、もしかしたらカッコウかツツドリ。
先日撮った鳥が犠牲になってしまったとしたら残念です。。

※画像の私の撮った鳥はツツドリかカッコウの幼鳥か判断できません
判る方が居ましたらご教授頂けると在り難いです。

この公園にはオオタカもハヤブサもツミもやってくるので
もしかしたらという、疑念はありますが、それも含めて自然の事
と割りきる事もすんなりできないのが、難しい。

tutudori3.jpg

tutudori4.jpg

tutudori5.jpg

hane1.jpg


ノビタキ続き

昨日のノビタキの続きです。
野の花の中で飛び回るノビタキは、車の中からカメラ向けます。
窓から見ていると、思いがけないほど近くに止まってくれる事もあり
むしろ、後ろに下がれないので、大慌てなんて事も。。
止まっている所にカメラ向けてると、突然飛び出すのですが
タイミングが難しくて、ほとんど飛び去った後ばかり。。
でも、たまにマグレで撮れるとラッキー(*^^)v

nobitaki25.jpg

nobitaki22.jpg

nobitaki24.jpg

nobitaki21.jpg

nobitaki26.jpg


ノビタキ野の花と一緒に

シギの立ち寄りは終りましたが、陸の鳥たちは
まだまだ立ち寄りが続いています。
中でもノビタキは、色々なポーズで画面に収まってくれています。
背景に野の草花が咲く近くに止まってくれると嬉しいですね。

nobitaki16.jpg

nobitaki17.jpg

nobitaki18.jpg

nobitaki19.jpg

nobitaki20.jpg

nobitaki23.jpg

赤色型のツツドリ

今日から10月ですね。そうそう消費税が今日から10%とか。。
でも軽減税率やら、電子決済は還元とか。。複雑すぎて訳わからん(^_^;)
そんなことはお構い無しに今日もいつもの公園を一回り。
数日前からチラッと見かけ、気になっていたツツドリをついに見つけました。
しかも、なんと赤色型のツツドリのようです。
赤色型というのは、伴性遺伝と言う事で、メスなのだそうです。
詳しいことは判りませんが、赤色型ツツドリ、撮れただけでラッキー(*^^)v

tutudori6.jpg

tutudori7.jpg

tutudori8.jpg

tutudori9.jpg

tutudori10.jpg