FC2ブログ

セイタカシギも再掲載

もう、休耕田の水はすべて干上がって、シギの姿はまったく
見られなくなりました。少し前までたくさん被写体になってくれた
セイタカシギも、せっかくなのでまた掲載です。
また来年来てくれることを期待して。。

seitakasigi16.jpg

seitakasigi17.jpg

seitakasigi18.jpg

seitakasigi19.jpg

seitakasigi20.jpg
スポンサーサイト



今年は何度もツルシギ

田園地帯はすっかり稲穂が色づき黄金色に。
稲刈りもかなり進んできました。
それにつれて、水田の水も抜かれ休耕田にいた
シギやカモも移動してしまいました。
今年は、色々なシギが入れ替わり立ち代り来てくれた中で
例年はほとんど見られなかったツルシギが、何度か来て
数日滞在してくれたのは、嬉しい事でした。
おかげでたくさん撮れたツルシギを掲載。

後ろの田圃の稲穂の黄色が水に映りこみ。
turusigi7.jpg

turusigi8.jpg

turusigi9.jpg

農家の方が畦を歩き一斉に飛び立ったカモやシギたち。
turusigi10.jpg


立ち寄りのコサメビタキ

今日は孫の運動会を見に行っていて、ブログ投稿が少し遅れました。
昨日、公園で出会えたコサメビタキです。
何故か1羽だけで桜と欅の木を行ったり来たりしていました。
でも時々、羽繕いしたり、リラックスしてるので、他の仲間を待ってるのかな?

kosamebitaki6.jpg

kosamebitaki7.jpg

kosamebitaki8.jpg

kosamebitaki9.jpg

kosamebitaki10.jpg

たまにはカワセミも

公園で渡り途中の立ち寄りの鳥でも。と歩いていると
目の前にカワセミがポーズを取るように止まっています。
そういえば、しばらく撮ってなかったかも。。
餌捕りの飛び込みも無く、平凡な止まりものだけど
せっかくだから何回かシャッター押して、久しぶりの掲載です。

kawasemi26.jpg

kawasemi27.jpg

kawasemi28.jpg

kawasemi30.jpg

kawasemi31.jpg

刈り田にケリ

連日田園地帯回りを続ける中、
すでに早い品種の稲が実り、刈り採りも始まりました。
そんな刈り田に、シルエットだけどシギのような姿。。
カメラ向けても、陽炎と逆光と広い田圃の一番奥という
3拍子揃った悪条件の中。。
この辺りではあまり見かけないケリが4羽降り立っていました。
ダメもとで何回かシャッター押して、証拠程度ですが一応ケリ!
上空を気にしていたと思った途端、飛んでしまいました。

keri1.jpg

keri3.jpg

上が気になる!
keri2.jpg

keri6.jpg

keri4.jpg

keri5.jpg


戻ってきたキセキレイ

秋の気配が広がってくると、少しづつ見られる鳥も変わってきます。
夏の間は、少し涼しい山の渓流などに行っていたキセキレイも
いつもの公園の水場に戻ってきました。
ここは、小さな滝が綺麗なのですが、今回は珍しく木止まり。
ここで木止まりをを撮ったのは初めてかも。。
すでに冬羽に換羽しているので、胸のレモンイエローがとても綺麗です。

ピンアマなところは、広い心でご容赦のほどを。。

kisekirei18.jpg

kisekirei19.jpg

kisekirei20.jpg

kisekirei21.jpg

kisekirei22.jpg

キジの兄姉

今日も、いつものように田園地帯を車で一回り。
田圃の畦に、キジが数羽います。
車を止めても、稲の間に隠れる事も無く、カメラ向けられました。
キジは4羽。まだ今年生まれの若いキジで3羽はオス、1羽はメス。
もう少し小さいうちは、雌雄の違いは判りませんが、これくらい成長すると
オスの特徴の顔の赤味や羽の鮮やかさが判るようになっていますね。
近すぎて4羽全部画面に入りきれないくらい。。嬉しい偶然の出会いでした。

kiji25.jpg

kiji26.jpg

kiji27.jpg

kiji28.jpg

kiji29.jpg

休耕田、イソシギ

休耕田のシギ、今回のシギも渡らない
、ほぼ1年中見られるシギです。
しかも、内陸の川や休耕田で見られるのに、イソシギ
身近な存在です。

isosigi9.jpg

isosigi10.jpg

isosigi11.jpg

isosigi12.jpg

isosigi13.jpg

ショウドウツバメの群

色々な鳥が移動して行きます。
ツバメも南の国に向かって移動中。。
河の土手や崖などで穴を掘り子育てしたショウドウツバメも
たくさんの群で、移動途中、休耕田の水面近くを低く飛びながら
餌を捕ったり、電線に止まり休憩したり。
普通のツバメより、背中は褐色がかり、プリッと丸っこく可愛らしいツバメです
小洞燕と書きます。

syoudoutubame1.jpg

syoudoutubame5.jpg

syoudoutubame2.jpg

syoudoutubame3.jpg

syoudoutubame4.jpg

syoudoutubame7.jpg




今日もノビタキ

シギの渡りは終盤を迎えたようで、飛来するシギも
減って、少なくなりました。その代わりと言うか、
連日、ノビタキが相手をしてくれます。
ノビタキはまだまだこれからたくさんきてくれるはず。。
と思うと、嬉しくなりますね。

nobitaki10.jpg

nobitaki8.jpg

nobitaki12.jpg

nobitaki11.jpg

nobitaki13.jpg

nobitaki14.jpg

nobitaki15.jpg

休耕田、クサシギ

今日も爽やかないいお天気でしたが、明日は下り坂の予報。
台風が近づいているようですが、秋の天気は変わりやすいですね。
今まで、渡りの途中に立ち寄るシギを載せていましたが
今日のは渡りはしなくて、ほぼ1年中周辺で見られるクサシギです。
なので、特に珍しくは無いけれど休耕田に来るシギの一種として。

kusasigi12.jpg

kusasigi13.jpg

kusasigi14.jpg

kusasigi15.jpg

モズの高鳴き

爽やかな青空にひつじ雲が浮かび
秋の気配が広がってきました。
いつものように車で一回りしていると
鋭いモズの声が響いてきました。
この時期のモズは、、高い木などで大きな声で
縄張りを主張するための、高鳴きという行動をとります。
この声を聞くといよいよ秋なんだな~と実感します。

mozu6.jpg

mozu7.jpg

mozu8.jpg

mozu9.jpg


休耕田のツルシギ

まだ休耕田に立ち寄ってくれるシギたちが続いています
今日掲載の鳥は、ツルシギ。5~6羽の小さな群で、やってきました。
下嘴とすらりとした足が濃いオレンジ色の個性的なシギです。

turusigi1.jpg

turusigi2.jpg

turusigi3.jpg

前がツルシギ、後ろはアオアシシギ
turusigi4.jpg

turusigi5.jpg

turusigi6.jpg

アマサギ、まだ綺麗な色。

シギたちの立ち寄りについで、ヒタキの仲間の立ち寄りもありましたが
サギたちも移動をはじめています。主にチュウサギですが
その中にアマサギも混ざっていました。アマサギはこの時期には
ほとんどが白くなっているのですが、中の1羽はまだオレンジ色が残っている
一目でアマサギとわかる色合いです。
この時期にこんな色のアマサギを見るとは思わなかったので得した気分。
これからは、少しづつ田圃に集結するサギの数が増え移動して行きます。

amasagi7.jpg

amasagi8.jpg

amasagi9.jpg

amasagi10.jpg

このアマサギは、ほんのり色が残っているけど
遠めにはほぼ白ですね。
amasagi11.jpg

渡り途中の立ち寄り、ノビタキ

渡り途中の立ち寄りの鳥達が続きます。
今日の鳥は、ノビタキ。
エゾビタキ、コサメビタキは林や公園などの木々にやってきますが
ノビタキは野原や川原、田園地帯などの草地を好みます。
同じくヒタキの仲間で、奥日光戦場ヶ原などで夏の間子育てをし
秋に渡っていく途中に、立ち寄ってくれます。

nobitaki6.jpg

nobitaki7.jpg

nobitaki5.jpg

nobitaki4.jpg

nobitaki3.jpg

nobitaki1.jpg




渡り途中の立ち寄り、コサメビタキ

昨日のエゾビタキと同じヒタキの仲間のコサメビタキも
立ち寄ってくれました。コサメビタキは胸の縞模様が無いので
遠くからも白くスッキリ見えます。。
この子も、くりっとした、まん丸お目々の可愛い小鳥です

kosamebitaki1.jpg

kosamebitaki2.jpg

kosamebitaki3.jpg

kosamebitaki4.jpg

kosamebitaki5.jpg

渡りの立ち寄り、エゾビタキ

ここ数日、涼しくなりました。
長い間、シギたちの立ち寄りを撮っていましたが
陸の鳥達も移動の季節が始まっています。
ヒタキの仲間のエゾビタキが、近所の公園に立ち寄ってくれました。
丸いお目目に胸の縦縞模様がポイントです。
毎年この時期に立ち寄ってくれます。

ezobitaki1.jpg

ezobitaki2.jpg

ezobitaki3.jpg

ezobitaki4.jpg

ezobitaki5.jpg

休耕田のアカエリヒレアシシギ

今までの暑さがウソの様に今日は涼しい日になりました。
今日は中秋の名月と言う事ですが、こちらは曇りで
お月様は見られそうにありません。
今年も、休耕田にアカエリヒレアシシギが立ち寄ってくれました。
このシギは、シギなのに足にヒレがあり、水のなかをスイスイ泳ぎます。
この固体は、夏羽からの換羽途中のようで、まだほんのり、アカエリと言う名前の
由来の首筋近くの赤さが残っています。
つまり、赤い襟元のヒレのあるシギ、、という事で、アカエリヒレアシシギ。。
そろそろ、シギの渡りも終盤を迎え、これからは陸の鳥達の渡りに期待です。

akaerihireasisigi1.jpg

akaerihireasisigi2.jpg

akaerihireasisigi3.jpg

akaerihireasisigi4.jpg

akaerihireasisigi5.jpg

akaerihireasisigi6.jpg

akaerihireasisigi7.jpg


ノスリ、飛ばれた!

昨日よりはかなり湿度が少なくなったせいか、
今日は、少し爽やかに感じられます。
明日からはさらに涼しくなると言う予報に、期待(*^_^*)

いつものように、車で移動していると、川沿いのフェンスに
ノスリが止まっています。。
ノスリって警戒心が強くて、カメラ向けただけで飛んでしまうのですが
この時も例に漏れず、カメラ向けた途端、飛んでしまいました(^_^;)

nosuri13.jpg

nosuri14.jpg

nosuri15.jpg

nosuri16.jpg

nosuri17.jpg

エリマキシギとコアオアシシギ

昨日のシギの続きです。コアオアシシギと一緒に
エリマキシギもいました。
今期はエリマキシギを見かける機会が多い気がします。
少し大きめのシギは、写り栄えがするので、嬉しい。
コアオアシシギとツーショットになったシーンを集めてみました。

erimakitokoaoasi1.jpg

erimakitokoaoasi2.jpg

erimakitokoaoasi3.jpg

erimakitokoaoasi4.jpg

erimakitokoaoasi5.jpg

erimakitokoaoasi6.jpg


休耕田のコアオアシシギ

台風の後、また真夏並みの暑さが戻ってきてしまいました。
それでも、昨日、台風一過の田園地帯の様子を見に行って見ると
少し大きめのシギが2羽いつもの休耕田にいるのを見つけました。
1羽は何度か見ているエリマキシギ、もう1羽はほっそりスマートで
優しげな、コアオアシシギ。。
昨日のアオアシシギと比べると、華奢な感じが、コアオアシシギの(コ)の字がつく
理由だと納得します。

koaoasisigi2.jpg

koaoasisigi3.jpg

koaoasisigi4.jpg

koaoasisigi5.jpg

koaoasisigi6.jpg

休耕田のアオアシシギ

台風は海上に抜けたけれどまだ風は強いです。
皆様の地域は被害ありませんでしたか?
こちらは、進路から少し逸れていたようで、特に心配な事もなく
過ぎて行ってくれ、ほっとしています。
田園地帯は少し水かさが増えてはいるものの、さほど様子は変わらず。。

この画像は、台風の来る数日前に撮ったものです。
アオアシシギが3羽、広い休耕田の一番奥に下りました。
かなり警戒心が強いのですが、距離が離れていたため
数枚、撮る事ができました。

aoasisigi8.jpg

aoasisigi9.jpg

aoasisigi10.jpg

aoasisigi11.jpg

aoasisigi12.jpg

エリマキシギとトウネン

昨日のトウネンと一緒に少し大きなエリマキシギがやってきました
たくさんのトウネンをエリマキシギが引き連れてきたみたい。。
少し前にも1羽来ましたが、今度のは、色も濃く、しっかりしたエリマキシギの
成鳥です。

台風が近づいています。今はそんな気配も感じられないくらい
穏かですが、夜には暴風雨が強くなりそうで心配。
何とか被害も無く過ぎて欲しいと願うばかりです。

erimakisigi7.jpg

erimakisigi8.jpg

erimakisigi9.jpg

erimakisigi10.jpg

erimakisigi12.jpg

erimakisigi13.jpg



トウネンがいっぱい

日替わりでやって来るシギたちは、たいてい多くても3~4羽。
ほとんどは1羽か2羽ですが、トウネンが12羽やってきました。
小さくて可愛らしいシギのトウネンですが10羽以上もいると
さすがに存在感があります。
トウネンと言う名前の由来は、成長しても、まるで当年生まれのように
小さくて可愛いと言う事で、トウネンというらしいです。

tounen7.jpg

tounen8.jpg

tounen9.jpg

tounen10.jpg

tounen11.jpg

tounen12.jpg



セイタカシギ、再び

シギは日替わりで、休耕田にやってきます。
ほとんどは、立ち寄るだけなので、1,2日で移動してしまいます。
それが、このセイタカシギは、8月末から未だに滞在しています。
途中で固体が入れ替わったのか、ずっとい続けているのかは不明だけど
なんだか最近のほうが、色もこっくり濃く、顔の周囲もちょっと違うような。。
いずれにしろ、毎日、優雅な姿を見られるのは嬉しい事です。

浅い休耕田では、本来の長い足を存分に披露してくれ、これぞセイタカシギ!
seitakasigi12.jpg

seitakasigi13.jpg

seitakasigi14.jpg

ここからは、8月末いた個体。顔がちょっと黒っぽい気がします。
seitakasigi7.jpg

seitakasigi8.jpg

seitakasigi10.jpg

seitakasigi11.jpg

休耕田のウズラシギ

まだまだ、休耕田のシギが続きます。
今日のシギは、ウズラシギ。
小さなトウネンと一緒に餌を啄ばんでいます。。
地味だけど、クッキリお目目のシギさんです。

uzurasigi1.jpg

uzurasigi2.jpg

uzurasigi3.jpg

uzurasigi4.jpg

uzurasigi5.jpg

休耕田のタカブシギ

今日も休耕田のシギです。
今日のシギはタカブシギ。。
4~5羽の群で行動していますが、とても警戒心が強く
ちょっとの事でもすぐに飛んでしまいます。
羽の模様が鷹の様な班という事で、タカブシギ。。

takabusigi8.jpg

takabusigi9.jpg

takabusigi10.jpg

takabusigi11.jpg

takabusigi12.jpg

休耕田のムナグロ

毎日、日替わりでやって来るシギたち。
トウネンを見ていると、シギが上空を旋回して
目の前に降り立ちました。
7羽のムナグロの小さな群です。
背景が綺麗なので、ムナグロもいい感じで写せました。

munaguro12.jpg

munaguro13.jpg

munaguro14.jpg

munaguro15.jpg

munaguro16.jpg

munaguro17.jpg

休耕田のトウネン

休耕田のシギたち、今日のシギはトウネンです。
小さくて可愛いシギで、水の浅い場所で、餌を探します。
普通は数羽の群でいる事が多いのですが、ここでは1羽だけ
コチドリの群に混ざっていました。

tounen1.jpg

tounen2.jpg

tounen3.jpg

tounen4.jpg

tounen5.jpg

後ろのエリマキシギとツーショット
tounen6.jpg

休耕田のタシギ

昨日のヒバリシギと一緒に、タシギもたくさんいます
ざっと見えた範囲でも10羽前後はいたようです。
長い嘴を泥の中に差し込んで、餌を探して、やはりどんどん近づいてきます。
車の中じゃなかったら、すぐにジェ!っと鳴いて飛んでしまうのに
この時はほんとにすぐ近くまで来たので、画面いっぱい(^_^;)
綺麗な羽の色と模様がしっかり見られました。

tasigi1.jpg

tasigi2.jpg

tasigi3.jpg

tasigi4.jpg

tasigi5.jpg