FC2ブログ

今日はクロジ。

昨日、アオジのメスを見て頂きましたので、
今日はクロジです。メスはアオジとクロジは
ほんとによく似ていますが、オスは間違うことはありません。
今期はクロジが何固体もいるので、綺麗なブルーグレーの
オス成鳥から少し色の薄い若まで見ることが出来ます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

こちらはメス
イメージ 5

イメージ 6
スポンサーサイト



アオジのメス。

今期はクロジを見かける機会が多い気がします。。
クロジだとカメラ向けますが、よく似たアオジだと
なんだ~!アオジか~!ってスルーしてしまう事も。。
特にアオジのメスとクロジのメスはよく似ているので
時には迷ってしまう事もたびたび。。(^_^;)
この時は偶然、一緒の画面に入ってくれました。
並んでくれると、比べやすいですね。

左がアオジのメス、右がクロジのメス
イメージ 1

アオジ、メス
イメージ 2

アオジ メス
イメージ 3

相変わらずのコチョウゲン、メス

今日は、ちょっと夕方忙しくて、更新が、大急ぎ。
なので、少し前の撮り置きの、コチョウゲンボウのメスです。
相変わらず、オスにはなかなか会えないけど
メスとは、出会いのチャンスが多いです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

シロハラも到着

ルリビタキのいた水場にはシロハラも
何度も姿を見せてくれました。
シロハラ、アカハラが見られたら次ぎはトラツグミ。。
なんて、期待は膨らみます。。
昨日は風に木の葉がはらはらと散る様子が
とてもいい雰囲気でした。。でもそのせいで
水場には落ち葉がびっしり。。鳥がいても見つけ難い~(^_^;)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今年も青い鳥、ルリビタキ。

森の水場にいよいよ本格的に冬の鳥達が登場するようになって、
今日は、ルリビタキに会うことができました。
瑠璃色の綺麗なオスと、地味なメス。。
メスは1ショットだけでしかもお腹側しか。。
次回はもう少しゆっくり撮りたいものです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

タゲリ、お食事中

いつものように、近場を回っていると、すぐ横の
道路脇の田圃にタゲリが6~7羽、中の1羽は
特に近くてこちらは下がることが出来ず画面いっぱい。。
のんびり歩きながら、餌を見つけパクリと口に放り込んでました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

森の水場のクロジ

森の水場には色々な鳥が水飲みや水浴びにやってきます。
今期は、クロジがよく姿を見せてくれます。
でも薄暗いので、シャッタースピードが上がらず
ブレブレ画像量産でした。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

可愛いエナガ。

小さな鳥達が賑やかにやって来ると
その中にいるエナガにどうしてもカメラを向けてしまいます。
動きが早くて、一時もじっとしていてくれないけど、
可愛らしくて見つけると、絶対撮りたくなります。

イメージ 1

イメージ 5

イメージ 2

イメージ 4


イメージ 3

イメージ 6

コチョウゲン電線止まり。。

今期はメスのコチョウゲンボウとの出会いが
かなり頻繁にあります。。今回は電線止まり。
それもかなり近くまで進んでも飛び立たず。
最近はいつも会ってるので、またあのオバサンだ~!!
ってコチョウゲンさん、なれてしまったのかな?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

アカハラ?

森の水場にアカハラのような鳥が水飲みにやってきました
アカハラのような。と言うのは、この時期もしかしたら
マミチャジナイが見られないかと期待しているから。。
マミチャジナイなら眉班がクッキリ白く、目の下や
喉元も白いはず。。アイリングは無いはず。。
と幾つか見分けのポイントはあるのですが、
何しろ画像がなんとも情けなくてボケ画像。。
それでも誰かこれはマミチャジナイだよ~!って
言ってくれないかと期待をこめて図々しくUPです。

やっぱりアカハラだよね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

綺麗なビンズイ。

木々の繁る林の林床で見かけることの多いビンズイが
少し先の木の枝に止まりました。
すっきり綺麗なビンズイ。。今期初見です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ハヤブサ、幼鳥その2

昨日の続きのハヤブサです。
しばらく相手をしてくれましたが、少しして
飛び立ってしまいました。。私の腕と機材では飛び出しは撮れず。
何とか撮れたのは、飛び立つまでの翼を広げたところまで。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

電柱にハヤブサ幼鳥

今日は曇り、時々薄日が射したけど空気はひんやり。
ちょっと肌寒い1日になりました。
日差しが強すぎる晴れは、撮影するには難しいけど
どんより曇りも、暗くて難しいですね。。
車で移動中にハヤブサの幼鳥を見つけましたが
ちょっと暗い感じ。。でも位置を変える余裕はないし。。
とりあえず数回シャッター押し、少しづつ近づいて数枚。。
成鳥より警戒心が薄いおかげで、、何とか数枚撮れました
胸が茶色い縦縞なのでハヤブサの幼鳥です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6

田圃のコチョウゲンボウ、メス。

今期はコチョウゲンボウとの出会いが
かなり順調で、特にメスとの出会いが多いですね。
この日は、耕された田圃の畦でリラックスし
羽伸ばしをしたり、しばらく相手をしてくれました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

タゲリは晴れた日に。。

朝夕の冷え込みが強くなってきましたが
昼間、日差しがあると暖かいですね。
そろそろ到着しているはずのタゲリを見に。
この鳥はメタリックグリーンが輝く晴れた日に撮りたいですね。
7羽ほどの小さな群が、くるりと頭上を旋回し
近くの畑に降りました。耕されたばかりの土は柔らかく、
中のミミズなどが捕りやすいんですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ミヤマホオジロ、その後の出会い。

少し前に、証拠程度だったミヤマホオジロ
その後は何度か出会いがあり、水場にもやってきたりで
いろんなシーンを撮ることができました。

ミヤマホオジロ、メス
イメージ 1

イメージ 2

オスの若。
イメージ 3

ミヤマホオジロ、オス
イメージ 4

仲良く水浴び
イメージ 5
と思ったら、喧嘩勃発。
イメージ 6

イメージ 7

虫を食べるリュウキュウサンショウクイ

昨日の続きです。。サンショウクイという名前の由来は
鳴き声がピ~リピリピリ!と、まるで山椒の実を食べて
からい、からい!と言ってるみたい。。と名づけられた
という説があるようですが、実際には木の実ではなく昆虫食で
この時も、カメムシのようなものを捕まえ食べていました。。
サンショウクイが山椒ならぬ虫を食べてる画像です~(^_^;)

飲み込むまでの一連の動作。。画像多くてスミマセン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

黄葉背景のリュウキュウサンショウクイ

久しぶりに鳥見に出かけられました。
ちょっと曇りだったり、時々日差しが出たりしたけど
歩いているとちょうど良い気候。。
河川公園は、黄葉が増え秋の風情がいっぱい。
カラ類の賑やかな声がし、見上げると中にちょっと大きめな鳥が。。
えっ!サンショウクイ!!と慌ててカメラ向け連射!
以前春の渡り頃に、ここでサンショウクイを撮られた方がいたので
今度は秋の渡り途中かと思ったのですが、
家に帰ってよく見たら胸のあたりが黒っぽいので、
亜種リュウキュウサンショウクイのようです。
以前は沖縄や九州などに生息していた亜種が
ここ数年の温暖化の影響なのか、どんどん北上しているらしく
埼玉でも確認されてるとの事。。
蝶も南方系がかなり見られるようになってるけど鳥も
同じように沖縄などの鳥が関東でも見られるとは。。

イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 4


残念画像2題

土曜、日曜日の2日間、イベント参加のお手伝いがあり
鳥見も更新もお休みでした。で!撮り置きが何か無いか
探したら、ちょっと残念な画像2題くらいしか。。
少し前に撮った今季初のベニマシコ。。でも後ろ向き
もう1枚はセッカだけど目の脇に茎が1本。
残念で没になっていた分です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

曇り空が残念!コチョウゲンボウのオス

今日は朝から曇り、昼近く雨が降ったりで
どんより曇り空が広がっています。
雨の合間にちょっとだけ車で一回りすると
電線止まりのコチョウゲンボウ。。しかもオスです。
メスは今期もう何度か出会っているので今度はオスが
と思っていたら、ようやくオスのコチョウゲンにも会えました。
曇りでせっかくの背中の青灰色もくすんでしまいましたが
今期、オス、メスのコチョウゲンに会えただけでも

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ちなみに、こちらはメスのコチョウゲンボウ
イメージ 5

ゴチャゴチャ背景のアトリ。

冬の鳥達が増えてきています。
とは言っても、毎年同じように見られるとは限りません。
鳥によっては、多い年と少ない年がありますが
このアトリも年によって飛来数に違いがあります。
今期は、この時期に見られるということは、多いのかな?
と期待させられますね。。
背景がゴチャゴチャの森の水場ですが、数羽が水飲みに
やってきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

証拠程度のミヤマホオジロ。

今日は立冬。でも暖かくてまだまだ冬の雰囲気は
感じられませんが、河川敷公園は、葉っぱの黄色が
目立つようになって、季節の移ろいを感じます。
冬の鳥達も順調に到着している様子です。
その中で、黄色い冠羽の綺麗な、ミヤマホオジロのオスに
出会えましたが、懸命に採餌中で草被りばかり。。
一応ミヤマホオジロも着てたよ~という証拠画像です。

イメージ 1

イメージ 2

逆光のアオジ

冬の鳥達が、少しづつ増えてきました。
まだ撮れてはいないけど、ベニマシコやミヤマホオジロも
到着しているらしいので、これからの楽しみ。。
先日、草地でホオジロだと思ってシャッター押したら
アオジでした。。逆光だったので、アオジは色が出ないけど
ススキの穂が輝いて綺麗だった~(^_^;)
もう少したつと、ほとんどカメラ向けないアオジですが今なら。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

電柱でオオタカ

広い田園地帯は、稲刈り後の土起こしの時期。。
耕運機があちこちの田圃で作業する光景が広がっています。
広く見通しがいいので、この時期は猛禽類の姿を
見かける機会が増え、一回りすると、たいてい
ノスリ、チョウゲンボウ、トビなどに出会います。
この時はオオタカ。。電柱に止まり、じっと遠くを見ていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

田圃でコチョウゲンボウ、メス

今期早々と会えたコチョウゲンボウは電線止まりでした。
その後、2度目、3度目は田圃の耕された土の上。。
もう少し、いい背景のところで撮りたいといつも思うのですが
こればかりはコチョウゲン次第なので仕方ありません。
せめてもう少し近い位置で撮れたらいいのですが
広い田圃の奥のほうなので小さくしか撮れません(^_^;)
顔を右か左に僅かに動かす程度でほとんど同じ姿勢ばっかり。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

やっとジョウビタキのオス。

そろそろジョウビタキと思いつつ、出会えたのはメスばかり。
なかなかオスの黒紋付姿に出会えませんでした。
ようやく昨日、近くで出会えましたが、人工物どまり
メスのように木に止まってくれたら良かったんだけど。。
でもようやく撮れたジョビ男君、贅沢いえませんね。

同じようなポーズばっかり
イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

チョウゲンボウのお食事

今日も良いお天気でしたが、朝晩は冷え込みました。
もう11月ですからね。
昨日は杜鵑の食事シーンでしたが、今日のは
チョウゲンボウの食事シーンです。
車で移動中、目の前をトビに追われチョウゲンボウが
左に飛んで畦に下りました。トビは私の車を見て飛び去り
チョウゲンボウは足につかんでいた獲物を食べ始めました。
どうやら野ねずみのようです。。ちょっと刺激的なので
獲物に少しモザイクかけました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

カマキリを食べる杜鵑

数日見られた杜鵑。。私はカッコウと思って
今まで書いていましたが、人によってはツツドリだと
いう方もいて、いまひとつ確証がありません。。
なので、今日は、総称のトケン(杜鵑)と書かせていただきます。
この時は、カマキリを捕まえました。
大きいので持て余し気味。。どうするのか様子を見ていると
四苦八苦しながらも飲み込みました。。
なんだか見てるほうも、喉につかえていそうでちょっと引き気味に。。

画像枚数多くてすみません。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9