FC2ブログ

コチドリの水浴び

コチドリのいた田んぼは水が浅く採餌には都合がよさそうです。。
そこで水浴びをするコチドリもいましたが
水浴びには少々浅すぎたようで、全身水に浸かるのが難しそう。。
それでかなり大変な体勢で、水浴びしていました。。
こう暑くては、鳥も水浴びしたくなりますよね

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
スポンサーサイト



田圃のコチドリ

台風は関東以西に大きな爪あとを残し過ぎて行きました。
その間、少しだけ涼しかったけど、今日はまた暑さが
戻ってきてしまいました。まだ7月ですから、本格的な暑さは
まだまだ続きそうです。
田圃の稲は緑が濃くなり、その近くの休耕田に10羽くらいの
コチドリが羽を休めたり、採餌したりする姿が見られました。
まだ若いコチドリも混ざった群です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

チョウゲン若その2

昨日のチョウゲンボウの続きです。
あちこち飛び回って、カメラに収まってくれた
チョウゲンボウの若ちゃん。。
何かを捕まえてきたようです。。よく見るとセミのよう。。
そういえば、今年は暑すぎるせいかセミの声をあまり聞きません
蚊も暑すぎると、活動しなくなるらしいですが、
涼しくなるとまた動き出すらしいので油断できません。。
話が逸れましたが、若ちゃんもう昆虫くらいは
捕れるようになったんですね。(*^^)v

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5

今年生まれの若いチョウゲンボウ

ようやく、今日は少し涼しく感じられ
風があるので、エアコンかけずに過ごしています。
台風の影響らしいけど、週末関東上陸なんて予報もある中
この涼しさが続いてくれるのは有難い。。
まだ完成したばかりの工場の建物に、チョウゲンボウの
若い3羽が飛び回っていました。。
古いほうの建物の屋上かどこかで巣立ったのかもしれません。。
羽を広げた美しい姿を見せてくれました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

サギの立ち寄り。

本来なら、もうとっくにサギの群を田圃で見ることが出来る頃なのに
今期は、あまりの猛暑を嫌ったのか、なかなか姿が見えません。
数日前に、十数羽の小さな群が見られましたが
すぐにいなくなってしまいました。。
その時に撮れた画像の中に、アマサギも混ざっていました
このアマサギはまだ、少しオレンジ色が残っていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

雉メスも居ました。

今日も暑い1日です。
昨日のオスの雉のいたフェンスには、メスも居ました。
カメラ向けたら、飛び出して隣の草地に降り
見えなくなってしまいました。
その後、次々に少し小さい雉も同じように飛び出し
草むらに消えました。。残念ながら幼鳥達は撮れませんでしたが
雉の一家だったと思われます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こんな所に雉

毎日暑い日が続きます。
ついに熊谷、41,1℃、最高記録更新してしまいました。
あまりの暑さにエアコンの部屋に篭りっきりですが、
昨日買い物のついでに、車で一回りしたら、ソーラー設置場所の
フェンスに雉が止まっていました。こんな場所に
止まってるキジは珍しいのでパチリ。カラスが邪魔しに来ても
平然として無視。。雉って以外に図太いようですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

オオタカ巣立ちの雛

以前6月24日に、巣の中の白い産毛のオオタカの雛を
載せましたが、その後の様子を見に行ってみました。。
雛はすっかり大きくなり、すでに巣から出て
あの白いモコモコの雛から、幼鳥に変身していました。
巣からちょっとだけ離れた枝に止まり、じっとこっちを見ています。
近くの枝には、まだ抜けた白い産毛があちこちに絡みついていました。
これで、2箇所のオオタカの巣から、無事雛が巣立った事が
確認できました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

カルガモの一家。。

田圃の間の小川で、カルガモの一家に思いがけず出会いました。
雛と言うには少し育ちすぎて、もこもこの可愛い雛と言うより
もう少年に近いくらいまで成長したカルガモの子供たちは
7羽。。親鳥の後を付いて泳いだり、陸に上がって寛いだり
ここまで育てばもう独り立ちまで間もなくでしょうね。。

真ん中が親のカルガモ
後ろにコガモが居ます
イメージ 1

まだ短い羽をパタパタ。。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

沼で偶然コアジサシ

毎日暑いですね。
近くの沼にカイツブリの親子を見に行ったときに
偶然、1羽だけコアジサシガ飛んでいるのを見つけました。
時々ダイブして餌を捕る様子も見られましたが
沼を何周かして、どこかに飛んでいってしまいました
曇り空だったのが残念だけど、すぐ近所で見られるのは嬉しい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

白いアマサギ

雨があがったと思ったら、また暑くなりました。
田園地帯の稲はだいぶ伸び、緑が濃くなり
そこに、シラサギが数羽降りて採餌する姿が見られました。
サギは、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、
そして、ほとんど白くなってしまったアマサギ。。
アマサギと言ったら、オレンジ色の頭や胸の綺麗なサギですが
今ではすっかり色あせ、僅かに胸の辺りに褐色が残る程度です。
もう少ししたら、サギの数も増え、もう少し色の残った
アマサギも見られるかな?

イメージ 1

コサギと一緒に
イメージ 2

イメージ 4

アオサギと一緒に
イメージ 3

ちなみに、以前掲載の5月に偶然見られた繁殖色のアマサギ
イメージ 5

カイツブリ親子

最近の気候は完全に変わってきてしまいました。
西日本の豪雨被害の深刻さは、今後、すべての地方で
いつ同じような状況になるかも知れないと言う不安を
感じずに居られません
これ以上被害が広がらない事を願うばかりです。
猛暑続きだった熊谷はその後雨だったりで、鳥見はお休みが多く
ようやく先日、近くの沼を車で一回りしてみると
カイツブリの親子が何組も賑やかに泳いでいました。
すでに、一人で泳ぎ回るくらい大きく育ち、おんぶ姿は
見られませんが、親の後を追って、みんな元気です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 3

イメージ 4