FC2ブログ

紅葉とメジロ

昨日は木枯らし1号が吹いたと言うことは
秋というより冬の趣。。公園の木々の紅葉が
目立つようになって来ました。
今日はその公園のヤマボウシの紅葉した木に
5~6羽のメジロが賑やかにやってきました。
ほんとは熟れた柿とメジロを撮りたかったのですが
紅葉メジロも季節感があっていいかな。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
スポンサーサイト



しつこいカラス

台風一過の晴れになりましたが、
連続の台風に多くの被害があった地域の方々に
お見舞い申し上げます。
関東は晴れたものの北風が強く、早くも木枯らし1号とか。
それでは冬鳥でも探してみようかと、いつもの公園に行ってみました。
声は聞こえ、姿も見られたジョウビタキの♂ですが
まだ到着したばかりのようで、落ち着きなく動き回るので
撮れず。。でも、来てるのがわかったので
これからの楽しみが増えました。

そんな訳で、今日のは、しつこくカラスにモビングされる
オオタカの若様。。いつまでも付きまとうカラスには
かなり辟易とした様子です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

エゴの実とヤマガラ

久しぶりに行った場所にはまだエゴの実がいっぱい
実っていました。。そこにヤマガラが5~6羽
次々にやってきては実を銜えて、奥の木のほうに
飛んで行っては、また実を採りに。。を繰り返し
何度も行ったり来たり。。でも動きがすばやくて
どの子を撮ろうか迷ってるうちに、すぐいなくなり大忙し。。
細かい枝が多くて枝かぶりで難しい~(^_^;)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

田んぼの畦でキジのオス

稲刈りの終わった田んぼは、隠れる場所が少なくなり
キジが見つけやすくなりました。
でもキジもこっちに気づくととっとこ!とっとこ!
急いで、草むらに逃げ込んでしまいます。
この時は、ちょっと離れた位置で車の中だったので
羽伸ばしをしたり、羽ばたくしぐさをしたり
ちょっとリラックスしてくれました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

まだ、ノビタキ

久しぶりの1日中暖かな日差し。。
秋らしい晴天に恵まれました。
遅れていた稲の刈入れを急ぐように田んぼでは
あちこちで、稲刈り作業が進んでいます。
あぜ道では、まだノビタキが秋の野草に止まる姿が見られました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

タゲリがやって来た

まだちょっと早い気がするのですが、
田んぼ周辺を車で回っていたら、少し先の田んぼから
突然、2羽の鳥が飛び立ちました。。一枚奥の田んぼに
降り立った姿は、タゲリ。。もう来たの?とびっくり!
慌ててカメラ向け、遠いけど数枚。。その後ぐるっと回って
少し近くなったかな??と思われるあぜ道でパシャリ!
日差しがなかったのが残念。。この鳥は晴れた日に撮りたいです。

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ねぎ畑のノビタキ

各地に甚大な被害を及ぼした台風一過
昨日の田園地帯は一面水没した田んぼでしたが
今日はその水もかなり引いて水位は低くなりました。
今日は、反対方向の畑のほうに行って見ると
ねぎ畑にノビタキがいました。
埼玉北部はネギの産地として知られていますが
台風の風で倒され無残な姿。。
白い部分が長い根深ネギとしてこれから,鍋などに人気ですが
折れ曲がってしまっては商品価値も下がってしまうでしょう。。
農作物などの被害はかなり深刻なようです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

畑のネギ、こんなに倒れて曲がってしまっています。
イメージ 5

台風一過、カモメ

季節はずれの台風が、列島を縦断していきました。
皆様の地域は被害などなかったでしょうか?。。。
こちらは、朝には通過したけれど、ずっと強風が吹き荒れ
夕方になってようやく、穏やかになりました。
いつもの田園地帯の様子はどうかと、一回りしてみると
用水堀や水田は水がいっぱい。。まるで田植え時期の
水田のようです。。水は深く、シギ類の姿は見えません。
でも、水にぷかぷか浮いている鳥が。。内陸の田んぼでは
珍しいカモメ。。一度飛び立ったけど、風にあおられ
また田んぼに降りてしまいました。
台風の風で迷い込んできたのでしょう。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

トウネンなんだけど。。

毎日よく降りますね。今日も1日雨でした。
今期は休耕田に小さなシギたちの立ち寄りが
多いと書きましたが、トウネンもそのひとつ。
周辺でヨーロッパトウネンの話題が聞こえてきます
こっちにも来てるかも、、と思って、もしかして?
と思うようなのを、載せてみましたが、どなたか
これがそうだよ。。とか、全部普通のトウネンとか
言っていただけると有難いな~!なんて姑息ですかね。
トウネンとヨーロッパトウネンの同定は難しい。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

休耕田のオジロトウネン

今日も雨が降ったり止んだりの肌寒い1日です。
例年なら、この時期は休耕田も水が抜け、シギチは
ほぼ終りなのですが、今期は連日の雨続きで
まだ浅く水がたまっています。
そんな訳で、浅瀬を好む小さなシギたちが
日替わりでやってきて、見ることができています。
今日は、オジロトウネン。。少し前にも載せました。
止めた車からかなり近い位置で、2羽餌探しに夢中でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

苅田のムナグロ

昨日は久しぶりの晴れ、午後からは曇ってしまったけど
久しぶりの雨のない日だったので、午後からまたいつもの場所を
一回り。稲刈りの済んだ苅田にムナグロの群れがいました。
茶色や黄色っぽい羽色のムナグロは、こんな苅田の中では
ほぼ回りに同化してしまって、よほど目を凝らさないと
気づかず通り過ぎてしまいそう。。
私が気づいたのは、突然飛び立ったので判ったのですけど。。
この複雑な羽色はこんな風に保護色の役割があったのですね

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

一人ぼっちのハマシギ

何日ぶりの晴れでしょう。。
久しぶりのお日様に洗濯物いっぱいの方もいたのでは?
でも夕方にはもう湿っぽい風が、、明日はまた雨予報。
つかの間のお天気に、相変わらず田園めぐりです。
いつもの休耕田には数羽のシラサギしか。。
でも隅のほうにひっそり1羽だけ蹲る鳥が。。
ハマシギと言うと干潟や内陸の湖沼でも見られるシギですが
たいてい大きな群れで飛び回っている姿です
それがここではたった1羽。。群れからはぐれちゃったのかな?
うとうとしていて、そのうち頭を羽にうずめ眠ってしまいました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

雨上がりのノビタキ

毎日雨続きでしたが、午後になりようやく雨もやみ
少し日差しもさしてきました。いつもの田園地帯を一回り。
まだ雨粒も残る稲穂に、ノビタキが止まっていました。
ようやく雨がやみ、少し動きが活発になってきたかな。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

白い小花とコチドリ若

毎日雨続きで、寒い日々ですね。
こう雨続きでは、鳥撮りもできません
そんな訳で、何かないかと在庫を探したら
数日前に撮ったコチドリの画像が出てきました。
休耕田の地面を覆うように生えている草に
白い小さな花が咲いています。
地味で目立たない花と、地味なコチドリの組み合わせなので
そのままになっていたけど、雨続きで仕入れができない
こんな時こそ、出番です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ムナグロの小群

今日は曇りながらも、何とか雨も降らずに済みました。
これは昨日の少し小降りになった時に田園地帯を
一回りしたときに見たムナグロの群れ
25羽前後の小さな群れが、休耕田で羽を休めていました。
どんより、暗いので色が出ませんでしたが
何とか撮ることができました。
広い田んぼに散らばっているので、一度に何羽も入りません。

数日前に足を痛めたらしい1羽を撮りましたが
今回、その固体もどうやら群れに合流できたようで
一緒に行動していました。良かった~(^^♪
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

近くの沼でセイタカシギ

知り合いから、近くの沼にセイタカシギがいるよ~!
と連絡があり、行って見ると、セイタカシギが1羽と
アオアシシギが4~5羽見られました。
他にトウネンらしき小さなシギが数羽。。
見ていると、オオタカが飛んできてシギは大急ぎで
飛び立ち、くるっと回って、反対側に移動。
この場所は、サギの羽が散らばっていたりで
オオタカの狩場のようです。。今回は無事だったけど、
こんな様子では、シギたち長居はしてくれそうもありませんね

左セイタカシギ 右アオアシシギ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

電線のコゲラ

コゲラが木の幹をくるくる回りながら動き回るのは
よく見かける行動ですが、この時は、電線に止まる
1羽の鳥を見つけ、シジュウカラかな?とおもい
カメラ向けたらなんとコゲラ。。
コゲラは今まで何度も見ていますが、電線に止まったのは
初めて見た気がします。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

久しぶりのオジロトウネン

今期は、トウネンは何度も見ていますが
オジロトウネンはここ何年か見かけなかった気がします
今回久しぶりに、オジロトウネンがトウネンと一緒に
採餌する場面が見られました。
頭部から胸にかけての色合いと、足の色で
トウネンと区別が付きます。

左はトウネン 右がオジロトウネン
イメージ 1


ここからすべて、オジロトウネン
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

秋色っぽい背景で、アオアシシギ

すっかり稲穂が色づき、秋色背景になった休耕田に
久しぶりに、アオアシシギがやってきました。
水面に映りこんだ畦の草も、秋っぽい色合いに見えませんか?

イメージ 1

イメージ 2

突然タシギが参入
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

キジと稲穂

ノビタキを探しながら車で一回り中
畦をとっとこ歩くキジオス発見
時々立ち止まり、稲穂を見上げて啄ばんでいます
黄色く実った稲穂と華やかなキジのオス。季節感あるでしょ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ノビタキが増えました。

少し前に、到着したばかりのノビタキを載せましたが
その後、お山は冷え込むようになりました。
初冠雪の話題も伝えられるようになると、
ノビタキが山から下りてき、埼玉北部の田園地帯でも
あちこちで見られるようになりました。
黄色く実った稲穂背景のノビタキは、
この季節、撮りたい風物詩的存在です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ムナグロ若鳥

この時期、稲刈りの終わった田んぼなどに
ムナグロの若の団体が立ち寄ります。
この時は、その群れはチョウゲンボウに追われ散りじりに
中の1羽は足を痛めてる様子。。もう1羽は元気なようです
群れがまた一緒に集まれるまで2羽で頑張れ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

タシギがいっぱい。

少し前に「まだ居たタシギ」。という記事を載せましたが
昨日また休耕田に行くと、タシギがいっぱい!!
一度にこんなに集まって採餌しているのを見るのは
珍しいことでした。タシギは見えただけでも9羽
いつも警戒心の強いタシギが、こちらを気にする様子も無く
餌探しに夢中になっていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 3

可愛いヤマガラ

毎年秋になると、近くの公園では、エゴの実を食べに
ヤマガラがやってきます。でも今年は
エゴの実はたくさんなってるのに、ヤマガラが見えません
やっと1羽だけ,全然別の場所でちょっと見かけただけ。。
ヤマガラの可愛い声をいっぱい聞きたいですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


タシギ、まだ見られます

シギ類はほぼ移動も終盤になり見られなくなりましたが
タシギはまだまだ、畦などでうづくまる姿を
よく目にします。でもとっても警戒心が強くて
車の窓から撮りなら何とか撮れるものの
すぐ気づかれ,ジャ!っと一声、あっという間に
飛びさってしまうことがたびたび。。
たまに、近くで撮れると嬉しいです

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ヒタキの仲間たち


少し猛禽が続いたので、また可愛い鳥たちに戻ります。
以前も掲載した、渡り途中の立ち寄りヒタキの仲間たち
たくさん撮れたので、今日は3種を載せてみます。

胸の縦縞模様のエゾビタキ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

いつ見ても可愛いコサメビタキ
イメージ 4

下から見上げて撮ったキビタキのメス
イメージ 5



秋のノスリ

昨日のオオタカに次いで、猛禽つながりで。。
例年、冬になるとたくさん見られるノスリですが
今期は、まだ暑さの残る頃から頻繁に見かけています
この周辺で繁殖してるのかな~?
猛禽ですが、オオタカと比べると、ふっくら丸っこく
表情も優しそうに見えますね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4