FC2ブログ

田圃のイソシギ

今日で8月も終わりです。
台風の影響なのか、かなり涼しくなりました。
休耕田回りで見られたシギ、今日はイソシギです。
内陸で見られる代表的なシギなのにイソシギって
なんだか不思議なネーミングですね。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5
スポンサーサイト



オオタカの若。。

田圃にサギの群れがいると、オオタカが狩りにやってきます
この時は、まだ若いオオタカがTryしたのですが、やはり
そう簡単には行かず、失敗してしまったようです。
その後、ソーラーパネルの上に止まって
濡れた羽を乾かしていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


バン一家のその後。

以前ここにバンの一家を載せましたが
その後の雛の様子を見ることができました。
雛7羽は元気にすくすく育って、かなり大きくなっていました。

イメージ 4

まだ警戒心が薄いのか雛がかなり近くまでやってきました
頭の薄くなったオジサンみたい
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

ゴイサギと幼鳥のホシゴイ

池の木にゴイサギが止まっていました。
カメラ向けると、換羽途中と思われるホシゴイ
まだ縞模様が見えますが、もう少ししたら
綺麗な青灰色の成鳥の色になるでしょうね。

換羽途中のホシゴイ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ゴイサギ成鳥の飛翔
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

草むらのタシギ

ここ数年、農業政策の変換で、めっきり休耕田が
減ってしまいました。。それはそれで、いい事なのかも
知れませんが、鳥撮りにはシギのやってくる場所が減って
辛い状況になってしまいました。。
何とか少しだけ残った場所を回っているのですが
この日は、草の繁る休耕田にタシギが数羽だけ。
伸びた草の間に隠れるようにいるので、草かぶりばっかり。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


また暑さが戻ってきました。

今年の8月は、雨続きで日差しが見られない日が続きましたが
ここ数日、ようやく晴れてきましたがそうなるとやっぱり暑い。
まぁ夏としては、これくらいが普通なんでしょうけどね。。
暑いのは人間ばかりではありません。。
キジバトもきっと暑かったんでしょうね。。水たまりに入り
しばらく、浸かったりバシャバシャ水浴びしたり
気持ちよさそうに水飛沫をあげていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

田圃のシギ クサシギ

また暑い日差しが戻ってきました。
田んぼ回りでは、今日もムナグロが出迎えてくれました。
他に目新しいのは居ないかな~?と探すも
なかなか、次が来てくれません。。
少し離れた、休耕田でようやくクサシギ発見。
逆光で、暗くなってしまうのですが、場所は変えられず
仕方なしの撮影ですが、一応クサシギGet。。

イメージ 1

イメージ 6

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


ムナグロも到着

少しづつですが、田んぼに来るシギたちを
見られるようになりました。
タカブシギに次いで、今日のは、ムナグロ
まだ少し胸の黒いのや、もう冬羽の子など
この時期のシギは個体差が大きいですね。
この日は、5羽のムナグロが見られました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

サギの群れにアマサギも。

昨日、たくさんのサギがいた田んぼ。
コサギやダイサギ、カラスもいた中で
ほとんどはチュウサギですが、中に数羽の
アマサギも混ざっていました。
この時期のアマサギは、ほとんど退色して、
斑にかすかに色が残る個体が多い中
1羽だけ、まだかなり綺麗な亜麻色の子がいました。
真っ白いサギの中のアマサギ、やっぱり綺麗ですね。

たくさんのサギを撮りたかったのですが広すぎて
一部しか撮れないので諦めました。

イメージ 1

イメージ 2

左から3,4羽目が退色したアマサギ
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

田圃にタカブシギ

お盆過ぎともなれば、そろそろシギチが来てもいい頃。。
との思いから、田んぼ回りを車で回っていると
サギの大群が集まっている田んぼ発見!!
おそらく300羽以上いるかも。。
と見ていると、チチッ!と声がしてシギが5~6羽
田圃に降り立ちました。コチドリかなと思ったら
タカブシギ~
ようやく、少しづつシギチも到着。後が続いてくれるといいんだけど。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

田圃の畔のカルガモ一家

バンの大家族のいた田んぼの近くの畔で
カルガモの一家も見られました。
それも、今頃になってもまだこんな小さな雛を連れています。
雛は5羽。。親がリラックスして、羽繕いなどしている横で
5羽かたまって、霧雨の中蹲っています。
この辺り、猛禽類が多い場所なので、雛たち
無事育ってくれるといいですね。

その少しあと、別の畔ではもう親とほとんど変わらないくらい
大きく育った幼鳥を連れたカルガモの一家も見られました。
こちらも5羽の幼鳥。。ここまで育てばもう一安心です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


大きさは親と変わりません
色はまだ少し薄い色です
イメージ 4

休耕田にアオアシシギ

今日は朝から1日雨。今年のお盆は涼しいです。
まるで梅雨に逆戻りしたかのように、
8月に入ってからも晴れ間なし。。
霧雨だったので車で一回りすると、広い休耕田に
アオアシシギが1羽だけ立ち寄ってくれました。
カモやサギに混ざって、採餌する姿が見られました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

田圃の畔のバン一家

今年は睡蓮池で、バンの一家の子育てを見ていましたが
近くの田んぼの畔でも一家を見ることができました。
黒い雛は7羽いるようです。。親が畔に雛をひとまとめにして
親は稲の間を忙しく餌探し。。親の後を追いたがる雛を
畦にまた戻したり、やんちゃな雛たちに親も大変そう。
大家族をまとめる親の苦労はまだまだ続きそうですね

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


コチドリが増えたかな。。

今日は、朝から台風一過らしい、晴れた青空が広がり
気温はぐんぐん上がって、ものすごい暑さになりました。
38℃くらいいった感じ。。外に出ると息苦しいくらいの
もわっとした暑さです。こんな日は迷わずエアコンかけて
部屋から出ないことに決定。
そんな訳で、2~3日前に撮ったコチドリです。
このところ、水の浅い休耕田で、見かけることが多くなりました。
もう少ししたら、違うシギチが来てくれることを期待して。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

バンの親子

台風が上陸したようです。のろのろ台風の
被害が各地に出ていますが、これ以上の被害が
でない事を願いたいです。
ヨシゴイの若のいた池でバンの親子も先日撮ってきました。
真っ黒い産毛の雛、まだまだ親に甘えています

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ヨシゴイの若鳥

ヨシゴイのいる睡蓮池には、何組かのヨシゴイの番が、
営巣しているようです。一組は今まさに抱卵中
そしてもう一か所の巣ではすでに雛は大きくなり
巣から出て、姿を見せてくれるようになりました。
まだ頭頂部に産毛の残る、幼鳥は、茶色味が濃く
胸の縞模様もクッキリしていますね。
首を伸ばして、水の中を覗き、餌を探すしぐさもしていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

田圃の畔にキジ

初夏以来、暫く姿を見なかったキジですが
休耕田と田んぼの畔で3羽のキジが見えました。
1羽はすぐに稲の中に隠れてしまいましたが、
2羽は休耕田でのんびり、餌を啄ばんだりしていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

沼のカイツブリ

今日は涼しい1日でした。でも夜中2時過ぎの地震と
朝の地震にはちょっと驚き。。
茨城、千葉方面の方々、被害ありませんでしたか?
埼玉北部は震度3くらいで特に問題なしで良かったです。

この時期は、少し成長した幼鳥を見かけることが多くなりました。
沼のカイツブリの雛もこんなに大きくなりましたが
まだ親の後をついて泳いでいます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

田圃で、チョウゲンボウ若。

今雨が降っています。雷もなってますが
これで涼しくなるといいんだけど。。
田圃の畔や電線に今年生まれの若いチョウゲンボウがいました
大きな獲物は、まだ捕れませんが、バッタのような小さなものなら
捕れるようになってる様子です。。少しづつ、こうして
一人前になっていくんですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4