FC2ブログ

水辺のイソシギ

昨日ジョウビタキの♀を撮ったので、
今日は♂を。。と思い出かけてみました。
毎年見かける場所では、なぜかメスばかり
ようやく♂を見つけたと思ったら、追いかけっこで
すぐに飛んでしまい、ついに撮れず
撮れたのは、いつもこのあたりで見かけるイソシギだけでした

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5
スポンサーサイト



ジョウビタキの♀

寒さと共に冬の定番のジョウビタキの姿を
身近に見かけるようになりました。
昨日は、我が家の庭にジョウビタキの♂が。。でも
一瞬で飛んでしまい撮れませんでした。
今日は、公園や民家近くでジョウビタキの♀
順調に到着してくれました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


曇天の空抜けで背景が真っ白
イメージ 5

猛禽の季節。ノスリ

今日は雨が降りだし、寒いです。
我が家ついに炬燵を出しました。
田園地帯や、河川敷などはすっかり見通しがよくなり
猛禽類の姿が目立つようになりました。
この日はノスリが川土手に降り、何かを食べる姿が
見られました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

タシギもいました

昨日のハマシギのいた場所で。
ハマシギが飛び去った後に、ぽつりと1羽だけ残っていた
シギがいたので、車を移動し、カメラを向けると
タシギが1羽、熱心に採餌中でした。。
急に雨が降って来て、私は退散しましたが
タシギは、まだまだ餌捕りに夢中のようでした。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

冬羽のハマシギ。

今期は、休耕田にまったくシギチが入らず、
まったく見ることができませんでした。
それが今頃になって、水が少なくなった近くの沼に
3羽のシギの姿が見られました。。
胸の黒さも消えた冬羽のハマシギ。。
ハマシギと言うと大きな群れで行動してることが多いのですが
内陸の河川などにやってくるのは、少し小さな群れで
10~20羽くらい。。それよりさらに少ない3羽は
仲間からはぐれてしまったのかな?
暫く餌を啄ばんでいたのですが
何かに驚いたのか、突然飛んでいなくなってしまいました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

カルガモに驚いて飛び上がる
イメージ 5


イメージ 4


イメージ 6

水場でキセキレイ

いつもの公園で、キセキレイなどの冬の定番さんの
姿を見かけるようになりました。
水場を尾羽をフリフリ歩きまわったり、
チョンと止まったりする姿が見られました

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

とぼけ顔のカケス。

まだ平地では紅葉はもう少し先でしょうが
すでに山のほうの紅葉前線が広がってるようですね。。
平地の公園はまだ緑が濃く、鳥も見難いですが
ジェー!っという濁声が聞えるようになりました。
声の先を見上げるも、枝かぶりばかりですが
ちょっととぼけたようなカケスの表情が大好きで
ついついカメラで追ってしまいます。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

これでお終い、キビタキ♀

いつもの公園でカラ類の混群を撮ったあと
暫くして、1羽まだ居ることに気づいてカメラ向けると
混群では無く、キビタキの♀でした。
もう移動もお終いと思っていたら1羽だけ
ちょっとのんびり屋さんでしょうか。。
青虫を捕まえて、栄養補給して、元気に旅立ってね。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

可愛いエナガ

渡りの立ち寄りのノビタキやヒタキ類の移動は
ほぼ終わりに近いようで、田園地帯でも
ノビタキの姿は見かけなくなりました
林の中で見かけるのは、カラ類の混群くらい
この時も動き回るエナガを中心にカメラで追ってしまいました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

この時期多いモズの声

朝からの雨が、午後にはあがり曇りになりましたが、
気温は低く肌寒いです。
もう田園地帯にも渡り途中のノビタキの姿は見当たりません。
モズだけは、何個体もあちこちで見かけます。
少し前に撮り置いてあったモズ画像数枚を。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

エゾビタキも渡り途中。

今期は、渡り途中の立ち寄りの鳥たちの個体が
少ない気がします。。少し前に2羽。。その後また2~3羽
そしてこの時は1羽だけ。。数羽で移動じゃないのかな~?
この時は、池の上で虫を何度かフライングキャッチ。。
私の腕では、瞬間は撮れません。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

立ち寄り。。キビタキ♀

キビタキの♂は黄色と黒の美しいコントラストで
見つければすぐにカメラ向けますが、メスは地味で
木々の間では目立たず、見逃しがちです
この時は、アカゲラの声がしたので、そのあたりを
じっと見ていたら、キビタキのメスが目に入りました
薄暗い木陰で、SS上がらずブレ画像量産でしたが
一応キビタキ♀です。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

平地に到着ノビタキ。

ここ数日、かなり冷え込むようになったせいか
田園地帯や河川敷などでもノビタキの姿が
多く見られるようになりました。。
黄色く実った稲穂や、すでに刈り取られた稲わら、
畦のアキノノゲシや野草、川原のススキなど
どんな場所にもノビタキはしっくり溶け込んでます

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

渡り途中のトケン

秋の渡りのトケンと言うと、たいていツツドリ。。
が多い気がします。。でも今日見かけたこのトケンは
多分、カッコウだと思われます。。
胸の縞が細いのと、虹彩の色が黄色い事など。。
とはいえ、トケン類の判別にはあまり自信がないので
鳴いてくれないと断定できません。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

まだお山に滞在中、、ノビタキ

地元の田園地帯にも渡り途中のノビタキの姿が
何羽も見られるようになりました。。
でも、ノゴマを見た高原にはまだ、ノビタキやホオアカも
残っていましたよ。すっかり秋色の背景の中、これから
平地に降りてきて、渡っていくのでしょう。。
寒さが強くなる前に降りていらっしゃい~(^^♪

ホオアカ
イメージ 1


ノビタキ
イメージ 4


イメージ 2


イメージ 3

渡り途中。。ノゴマ

夏の北の大地では、ノゴマはスズメくらい身近に見られる。。
と以前、聞いたことがありました。。でもこの時期の
関東地方となると話は別。。渡り途中の立ち寄りなので
一か所に長くは留まってはくれません。。
せっかく行っても会えないかもしれないけど、
もしかしたら。。と期待して行ってみたら
遠くて、綺麗には撮れなかったけど、一応会うことができました
3羽いたという、現地にいたカメラマンさんのお話。。私は2羽しか
確認できませんでした。 背景色はすでに秋色。


イメージ 5


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



チョウゲンボウお食事中

田んぼの稲刈りが進んできました。
見通しがよくなり、狩りがしやすくなったのか
チョウゲンボウの姿を見かけます。
この時は、目の前の電柱に突然飛んでき、
慌ててシャッター押したら、足に何か掴んでいます。。
小鳥が犠牲になったようですが、セキレイかな~?
風が強くバランスをとるのが大変そう。。

イメージ 4


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


別の日にはこんなシーンも見られました。
イメージ 5


イメージ 6

エゾビタキ

昨日は、気温が高く暑かったけど、北西の風が強くて
夕方はぐっと涼しくなりました。
その北の風に乗ってやって来たのか、
田んぼの畔にはノビタキの数が増えました
そして、エゾビタキもヒヨドリに追いかけられながらも
いつもの姿を見せてくれました。
全体に遅れ気味ながら、少しづつ増えていくのは嬉しいですね。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

ノビタキその2

昨日のノビタキの続きです。
いろんなシーンを見せてくれたので、今日もノビタキです。
畦に降りたら、バンとの接近遭遇などノビタキにとっては
ちょっとしたハプニングシーンも見られました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

ようやくノビタキ到着。

今日は暑かったですね。。10月と言うのに30度越えとは。。
これではノビタキもなかなか来てくれないだろうと
なかば諦め気分で出かけて行くと、なんと、ノビちゃん発見
田んぼの支柱や背の高い草の茎に止まったり。。
やっと到着です。。まだ数は少なく、3羽くらいしか
確認できませんでしたが、今季初認のノビタキです(^^♪

イメージ 1


イメージ 5


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



バンがいっぱい

田んぼの稲の黄色味が増し、品種によっては
稲刈りが始まっています。。
こうなると、いよいよノビタキの季節のはずなのに
相変わらず、田園地帯を一回りしても姿を見つけられません。
その代わり、畔にたくさんのバンが集まっていました
どの子もまだ若い個体のよう。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3