FC2ブログ

麦の穂の中でセッカ

埼玉北部は今,麦秋と言われる、麦が実り
刈り入れの時期です。広い田んぼに黄金色が広がっています
そこに止まるセッカを撮りたくて、見ているのですが
声はすれども、飛び回るばかりでなかなか降りてくれません
やっと、かなり離れた麦の穂の上に降りましたが
遠くて小さくしか。。しかも背景の色に溶け込み
Afがきかず、クッキリとは撮れませんでしたが、
一応証拠写真の麦の穂セッカです。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

スポンサーサイト



カイツブリ 親子

久し振りに雨になりました。。
カラカラに乾いていた畑には、恵みの雨だったかな?
こちら埼玉北部は、田んぼに麦が作られ、今は麦秋と言われる
刈り入れの季節。。それでも、早めに刈り入れの終わった田んぼでは
すでに水が入り、田植えが始まった場所もちらほら
田んぼに水が入ると期待したいのがシギチ。。
でも、まだまだ先ですね。。
沼ではカイツブリの巣にヒナが3羽見られましたが
期待したおんぶ姿はついに見られず、親の運んでくる餌を
じっと待つ姿を水草の間から撮って来ただけでした。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

地元でカッコウ

この時期の高原に行くと、あちこちからカッコウの声が
聞えてきます。先日の戦場ヶ原でもそうでしたが、
声はすれども姿は見えず。。でとうとう撮れませんでした
それが、近くの河川敷に行ったところ、毎年聞こえてくる辺りで
今期もカッコウの声が聞えてきました。
かなり遠くて、証拠程度ですが、地元でカッコウを
撮れたのはやはりうれしいですね。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

戦場ヶ原 最終章。

長らくお付き合いいただきました
戦場ヶ原の鳥たち。。
1ショットしか撮れなかったものなどを集め
最終回とさせて頂きます。
今回は、オオジシギやアカゲラなど声や姿を
見ただけのものも多く、たくさん鳴いていた
カッコウやウグイスなど撮れなかったものもいて
残念な場面もありました。
それでも、初夏の爽やかな空気や新緑の中の
散策は楽しいものでした。

ヒガラ
イメージ 1

モズ
イメージ 2

ニュウナイスズメ
イメージ 3


イメージ 4

ビンズイ
イメージ 5

戦場ヶ原 コサメビタキ

夏になると、高原で子育てをする鳥たちが到着
すでに巣作りや子育てを始めています
コサメビタキも同じく、ここで子育てします。
まあるいオメメの可愛らしいコサメビタキです。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

戦場ヶ原 コガラ

黒いベレー帽をかぶったような、小さな小鳥コガラも
高原でよく見かける鳥ですね。
コガラも巣作りか子育てでしょうか。。餌のようなものや
巣材のようなものを銜えて忙しそうに動き回っています。
可愛い雛が育つといいですね(^^♪

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

戦場ヶ原 ホオアカ

この時期の高原の鳥、ノビタキ、キビタキときたら
定番のホオアカにも登場してもらわなくては。。。
ノビタキと同じような場所の、開けた低潅木のある湿地で
見かけることの多いホオアカです。
ノビタキと同じく、渡り途中には平地にも立ち寄ってくれますが
今は、高原で子育ての時期ですね。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 3



戦場ヶ原、キビタキ♀

昨日に続き、キビタキです。今日は♀
子育ての相手探しに忙しく、メスのいる側には
たいていオスもいますが、まだ確定してないのか
追いかけっこの最中で、動き回って落ち着きがありません。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


数日前のことですが、win10へのバージョンアップについて
ダウンロードを○月○日何時から開始しますという
画面が突然出てきました。もちろん予約などした事も無し
なのに勝手にカウントダウンし始め、動き始めてしまったのです
大急ぎで、取り消しの作業をし事なきを得ましたが
マイクロソフト、そこまでして10に統一したいのかと
驚きと共に、恐ろしさも感じました。。
皆さんの所でも、強制的にダウンロードされた方いませんか?
こうなったら、意地でも10にしないぞ~!!

戦場ヶ原 キビタキ♂

春と秋の渡りの途中には、平地の都市公園にも
立ち寄ってくれるキビタキですが、この時期は
すでにお山に到着。子育ての準備で忙しそうです
戦場ヶ原では、キビタキが一番多く見られる鳥と言っても
過言でないくらい、あっちにもこっちにも。。。
綺麗なキビタキの♂をたくさん見ることができました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

戦場ヶ原 ゴジュウカラ

昨日は急遽コチドリの親子を掲載しましたが
また戦場ヶ原に戻って、今日はゴジュウカラです。
シジュウカラは平地の定番の鳥ですが、ゴジュウカラは
少し高い山や高原に行かないとなかなか出会いがありません。
戦場ヶ原で出会うのも久しぶりな気がします。
ブルーグレーの体、木の幹を逆さに止まったり
ちょっとユニークな動きが楽しいですね。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

コチドリの親子

少し前にコチドリの抱卵を載せたことがありました。
その時は3個の卵を親鳥が温めていました。
その後どうなったのか、昨日見に行ってみると
なんと、小さな毛糸玉のような雛が3羽。。
まるでコロコロ転げるように走り回っていました
親鳥の心配をよそに、雛たちは好き勝手に走り回り。。
そのうち上空をカラスが飛ぶと、親が呼ぶ声がし
雛は急いで親の羽の下に隠れます。。
無事3羽が孵り、こうして育つ様子が見られ嬉しくて
早速皆さんにもご報告を。。と思い、戦場ヶ原は一時休止し
今日は急遽、コチドリの親子の記事にしました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

戦場ヶ原ノビタキ♀

この時期は地元で撮れるものがないので、
戦場ヶ原まで行ってきたので、なるべく小出しにして
ネタ切れを少しでも先に延ばさなくちゃ。。
と言う訳で、今日はノビタキその2で♀です。
今年は、ノビタキの数が少なくて、遠くのほうで
少ししか撮れませんでした。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

戦場ヶ原のノビタキ♂

今の時期は地元で撮れるものがいません
コマドリを見に行ったりしたけど、すぐにネタ切れ
そんな訳で、恒例の戦場ヶ原に今年も行ってきました
標高の高い奥日光ですが、今年は緑が昨年より
多く感じられました。。もうワタスゲもこんなに

イメージ 1


ワタスゲの湿原には小さなカラマツなどが点在し
そこにノビタキが止まります。
すでに真っ黒頭の夏羽のノビタキのオスが見られました。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

1回だけアカハラ。

コマドリを撮りに行きましたが、他の鳥の声は聞こえるものの
姿は見えず、せっかく遠くまで行っても、
他には何も撮れませんでした。。
何とか遠くの方のアカハラを1ショットだけ撮れたきり。。

イメージ 1


せっかくいっぱいシャッター押したので
もう少しコマドリを見てください。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

コマドリその2

昨日に続きコマドリにお付き合いください。
今日の子は、ちょっと色のくすんだ、若?それとも♀
メスだって言ってたカメラマンさんがいましたが
私には判断がつきません。。

イメージ 1


イメージ 3


イメージ 2


イメージ 4


おまけのシルエットのコマドリ。。
イメージ 5

山のコマドリ。

ようやくいいお天気になり、地元ではもう撮れるものはないので
久し振りに、山の鳥に会いに、信州まで出かけてきました
この場所は、コマドリの撮れる場所として有名どころ
鳥仲間さんに誘われ、重い腰をあげましたが、
美しい声を聞き姿を撮る事が出来、行った甲斐がありました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

キジ♂はあちこちで。。

キジ♀を撮った時は、オスは麦の畝の中から出てこず
このメスとの番のオスは撮れませんでしたが
車で一回り中、数か所でオスだけは見られます。
遠すぎるのはパスしましたが、他の2~3か所では
シャッター押しました。それがこのキジ♂達。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


コチドリのいた川原の公園はヒナゲシが満開
イメージ 6


イメージ 5

久し振りのキジ♀

大型連休で外出を控えていて、ようやくと思った途端
天気が悪い!!せっかく出かけようという気をそがれてしまいます。
この時期地元では、何もいないし。。
すぐにネタ切れになってしまいます
それでも、何かいないかと一回りしたら、久しぶりに
キジのメスの姿が。。この時期は子育て中なので
♂はよく見かけるけど♀はあまり見かけません。。
麦畑の端に姿を現し、、すぐにまた見えなくなってしまいました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

コチドリ抱卵中

セッカのいた近くの河川敷の砂礫地に
シロチドリの様子を見に行ったら、シロチドリは見当たらず、
コチドリが砂礫の中にうずくまっているのが見えました。
抱卵中のコチドリ。。卵は3個。。ハクビシンやカラスもいる場所
それ以上に、ドリフト族が走り回る場所で
無事育つか不安がありますが、何とか無事雛が孵ってくれると
いいのですが。親鳥がちょっと退いた時に望遠で撮った卵
どこにあるか判りますか~?

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

元気なセッカの声

GWも終わり、でも今日行けばまた週末土日は
お休みになるので、平常に戻るのは
来週の月曜日あたりになるのでしょうか。。
今日は、セッカに会いたくて、近場を回ってみました
大きな声は聞こえるものの、なかなか姿を捉えられず
ようやく、長く伸びた草の天辺に止まってるのを見つけました。
大きく口を開けヒッ!ヒッ!ヒッ!
元気なセッカの声が辺りに響き渡っていました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 4


イメージ 3



オオヨシキリも到着

GW後半、相変わらず道路の渋滞情報が流れてます。
そんな時は近場をうろうろしていますが
葦原の葦の茎がだいぶ伸び、緑が濃くなりました。
そこには夏鳥の定番、オオヨシキリが数個体入って
あちこちでギョシギョシ!賑やかに囀っています
赤い口を目いっぱい広げて、懸命にアピール。。
これからしばらくは、葦原はオオヨシキリの声ばっかり。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 6


イメージ 4


イメージ 5



タシギ接近遭遇、その2

この日のタシギさんは運が悪かったようです
採餌中クサシギに接近し過ぎ、後退してやれやれと、一休み、
仲間と昼寝タイムになったと思ったら、
またまたお昼寝を邪魔する者が。。
遠慮なく近づいてくるコガモのカップル。。
おいおい!なんだよ~!!って顔したタシギは寝てられず
またまた場所を移動させられる羽目に。。。
なんて日だ~!!って言ったかどうか。。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

タシギ、クサシギ、接近遭遇。

GWまっただ中、、あちこちの観光地は
大勢の人で賑わってる事でしょうね。
こんな時は出かけず、近場で過ごすことにしていますが
近場では何も撮るものがいません。。
近所の川で見つけたタシギとクサシギ。。
お互いに水中を突いて夢中で移動していて接近遭遇
慌ててタシギは、後ろに移動。。かなり近づくまで
気付かないくらい、採餌に夢中だったようです。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5