FC2ブログ

秋のセッカ、ススキの中で

ススキの穂が銀色に輝く葦原で
セッカに出会いました。
夏の間賑やかに田園地帯や草原で飛び回っていたセッカ。。
めっきり声も聞こえなくなりましたが
すっと飛んできて、ススキに止まった姿は間違いなくセッカ。。
秋のススキの穂の中のセッカはちょっと幻想的。

イメージ 1


イメージ 4


イメージ 2


イメージ 3




スポンサーサイト



これが最後かな、、ノビタキ

昨日のホオアカを見つけ撮った後
周りを見回していたら、ノビタキも見つけました
まだ移動している個体もいるのですね。。
ホオアカと一緒に高原から降りてきたのかな?
おそらくこれが最後くらいの今期の立ち寄りしょうか。。
ホオアカと違って、ノビタキは何度か葦の茎に止まってくれたので
数枚撮れました。。今年もたくさん相手してくれ、ありがとう~(^^♪

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

地元で立ち寄りホオアカ。

ススキやオギの穂の揺れる葦原も
すっかり色が黄色くなり、晩秋の趣が濃くなりました
この頃になると、高原から移動途中に立ち寄る
ホオアカが見られるはず。。と言うことで
出かけてみました。予想的中、はよかったのですが
すぐに草むらに潜ってしまい、撮れたのは1ショットのみ
数年前には、ヘッダー画像のように複数羽みられたのですが
今日は2羽確認はできたものの、1回きり。。
初夏の高原ではたくさん見られますが、この時期
地元で見られるのはやっぱり嬉しいものです。

イメージ 1


イメージ 2

今日はジョウビタキ♀

気温が目まぐるしく変わります。
まるで冬のような寒さがあったと思ったら
今日は一転、半袖でもいいくらいの暑さ。。
これでは急いで南下した冬の鳥たちも戸惑ってしまいそう。

昨日のジョウビタキ♂に次いで今日は♀
オスはたった1チャンスだけだったのに比べ
♀はとっても愛想がよくて、何度も出てきてくれて
いろんなポーズを見せてくれました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

冬の定番、ジョウビタキ

木枯らしの影響か、急に寒くなったので
急いで到着かな、今季初認、
ジョウビタキもやって来てくれました
今日は風もなく穏やかないいお天気に恵まれ
ジョウビタキにも会えたし、楽しい半日を過ごせました。
そんなわけで、今日はジョウビタキ♂。。
空抜け、お腹側しか見えなくて、黒紋付きは撮れませんでした。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

冬鳥たちが少しずつ・・

昨日は風が強かったですね。一気に真冬のような寒さ
何でも、木枯らし一号だったとか
高原は霜の降りる寒さになり、鳥たちも平地に降りてくるのでしょう
早くもカシラダカの姿を見かけました。
まだ落ち着きなく、すぐに飛んでしまいますが
冬の鳥たちも徐々に増えてきます。

イメージ 1


イメージ 3


イメージ 2


イメージ 4


イメージ 5

まだキビタキ♀

さすがにもう渡り途中の立ち寄りは
居なくなってるはず。、そろそろ冬鳥でも、、と
ジョウビタキでも探してみようかと、歩いていると
草地の間に点在する木に何か飛んできました
急いでカメラ向けると、キビタキの♀
まだ居たんですね~!こんなにのんびりしてて大丈夫?
早く仲間に追いついた方がいいよ~(^^♪

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

ノスリもお気に入りの木止まりで

猛禽の季節ですね。
ノスリも見かける機会が増えました
毎年、お気に入りの枯れ木に止まって
辺りを見回している姿が今年も見られるようになりました

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

普通のチョウゲンボウ

いいお天気が続きますね。
コチョウゲンボウを証拠程度で見られたので
もう少しいい感じに撮れないかと、出かけてみましたが
今日は姿を見つけられず、いたのは電線止まりの
普通のチョウゲンボウだけ。。
まぁ、そんなうまくは行きませんよね。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

早くもコチョウゲン ♀

今年は早い気がします。いつもは初冬近く
稲刈りのすっかり終わった田んぼなどにやってくるのですが
まだ稲の残っている田んぼがある中、
刈田の畔にちょこんと佇んでいました
広い田んぼの一番奥のほうで、小さく
証拠程度しか撮れませんでしたが
今期も会えたコチョウゲンの♀、嬉しい出会いです。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

隠れ場所が減ったキジ。。

稲刈りが進み、田んぼも3分の2くらいは稲がなくなり
今まで、隠れる場所に困らなかったキジたちが
隠れ場所が少なくなり、目につくようになりました。
残っている稲田や草地に急いで移動したり
畦で寛いだりするキジが見られました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 4


イメージ 3



ススキの原でモズ♀

ススキが日差しを受けてキラキラ輝いて
この時期のススキ野原はとっても綺麗な秋景色
ちょっと逆光気味のほうがきれいだけど
撮るには難しいので、この際何でも良しとします(^_^;)
モズ子ちゃん、縄張りを確保したのか、このあたりでは
このモズ子ちゃんをいつも見かけます。
やっぱり女の子は可愛らしく感じます(^^♪

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

ちょっと可愛い、ショウドウツバメ

今日は体育の日。。以前は10月10日だったはずなのに
いつの間にか、月曜日に変わってた(^_^;)
秋本番ですね。。渡りの鳥たちの立ち寄りも
かなり少なくなり、もうほとんど通過してしまったのかも。。
そういえば、このショウドウツバメも渡りのため
かなりたくさんの数が集まっています
僅かに残った休耕田の水の地表近くを飛び回ったり
降りて休憩したり。。普通のツバメより
コロンと丸っこく、オメメもまん丸、色も茶色がかって
可愛らしい印象のツバメですね。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 5


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 6

水浴び後のオオタカ

水浴びをした後、オオタカさん、畔に上がって一休み
羽をブルブルッと震わせ水をはらったり、
少し休憩して、飛び去って行きました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

オオタカ若水浴び

少し前の画像です。まだ休耕田の水が
あまり減って無い頃、田んぼの真ん中あたりで
オオタカのまだ若い個体が水浴びを始めました
頭まで水につけて、バシャバシャ!
鳥って水浴びが好きですよね~(^^♪

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

遠くて小さくしか。。ケリ若鳥

アオアシシギが1羽だけいた休耕田
今日は風が強く、ますます水は減って、奥の方に
僅か残る程度になってしまいました
その一番奥で採餌するサギと一緒にケリが1羽
まだ色もはっきりしない若い個体のようです
遠くて風が強くてブレブレだけど
こちらではケリはあまり頻繁に見られる鳥ではないので
思いっきり切り出してもやっとこの程度ですが
証拠写真として見てやってください<m(__)m>

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

アオアシシギはすぐ逃げる。。

水の張った休耕田がどんどん減って、
今は2か所だけになりました。
いつもなら一番初めから多く見られるアオアシシギが
今期はほとんど見られません。。
特に、1羽だけで行動しているアオアシシギは
とても警戒心が強くて、車でかなり離れていても
すぐに飛び立ってしまいます。。
猛禽にでも追われて、警戒心が強くなってるのかな~?
そんな訳で、今期はアオアシシギが少ししか撮れませんでした

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 5


イメージ 4



ノビタキ、増えた。

渡り途中の立ち寄りのノビタキが
ここ数日でグンと数が増えました
山の紅葉が増すごとに、平地に降りてくる数も増えるのでしょう
農道を走っていると、畔や田の草やスズメ除けの杭に止まる
ノビタキがあっちにもこっちにも。。でも車で近づいても
一定の距離を保ち、飛んでしまいます。
黄色く実った稲穂背景のノビタキはこの時期の風物詩。

イメージ 1


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 6

何とか撮れたオジロトウネン

稲刈りが盛んになると、水田の水は抜かれ
数少ない休耕田も水が減って、干上がり始めました
こうなるとシギの立ち寄りも望めません
もういないかと思ってた浅瀬に、コチドリと一緒に
オジロトウネンが立ち寄ってくれました
泥で足の色判りにくいけど、黄色っぽい足は
確かオジロトウネンの特徴だったはず。。
もしトウネンだったら、ゴメンナサイ<m(__)m>

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

マガンの立ち寄り

稲穂が色づいて、稲刈りが始まりました。
まだ刈り入れまでもう少しの田んぼや
すでに刈り終わった田んぼなど、この時期はいろいろ
稲刈りの終わった田んぼに、マガンが1羽だけ立ち寄ってくれました
3~4羽一緒と言うのが普通ですが、この時はたった1羽だけ
時々落穂を啄ばんだり、顔をうずめて寝てるようなポーズだったり
少しすると、カラスやトビに追われて飛び立ってしまい
北のほうに飛んで行ってしまいました。
まだこれから何羽か来てくれると思うのですが
とりあえず、今年も会えたマガン、お疲れさま。。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

タシギとツーショット

オグロシギは、昨日掲載のウズラシギとのツーショットだけでなく
タシギともツーショットになってくれました。
オグロシギにだんだん近づくタシギ。。
期待通り、一緒に画面に入ってくれました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

立ち寄りのシギ、ウズラシギ

爆弾低気圧通過で強風が吹いたようですが
皆様の地域、被害はありませんでしたか。。
こちらはほとんど風もなく、今日の昼近くに
少し吹いた程度で済みました。
昨日のオグロシギを撮っていると、近くに小さなシギが
一緒にファインダーに入っているのに気付き
注目して見ても肉眼では判別できず。撮ってみると
ウズラシギです。このシギも渡りの終わり近くに
見られるシギさんです。。と言うことはシギもそろそろ終わりかな?

イメージ 1


イメージ 2

後ろはオグロシギ。。
ツーショットが撮れました
イメージ 3


イメージ 4

立ち寄りのシギ オグロシギ

いつもの休耕田にちょっと大きめのシギの姿が見られました
このシギを見たのは久しぶり、もう3年以上前だったような。。
ゆっくり歩きながら長い嘴で餌を探したり、立ち止まって
羽繕いしたり、意外にリラックスして見えました。
大きなシギは見栄えがするので、撮るのも嬉しいです

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 7


イメージ 5


イメージ 6