FC2ブログ

カシラダカも到着

明日からもう11月。。3連休は
あまりいいお天気ではなさそうで残念ですね。
今年は秋が長そうだと、天気予報で言ってましたが
冬鳥は順調に入ってるようで嬉しいです。
ジョビを見に行ったら、カシラダカもたくさんの群れで来ていました
でも警戒心が強くて、地面で採餌してると思って
そちらのほうに歩くだけで、一斉に飛び立って高い木の上に
移動してしまいます。まだ木々の葉も落ちきっていないので
葉かぶりばかり..何とか抜けている場所を選んで数枚撮れました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
スポンサーサイト



ジョウビタキの♀

昨日のジョウビタキ♂に次いで今日は♀です。
人懐こそうに首をかしげるポーズや
大きな口を開けて鳴いてる姿も可愛かったです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

今年もジョウビタキ ♂

今年は紅葉も順調で冬鳥の飛来も早いようです。
あちこちで、もうジョウビタキの画像を見せて頂いていますが
こちらも、数日前から声は聞いていたのですが
今日は撮る事が出来ました。今年もヒッ!ヒッ!っと
元気な声を響かせていましたよ。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ノスリ

よく晴れているけれど、木枯らしのような冷たい風が強く
一気に寒さがやってきました。
これからの田園地帯は冬枯れの耕地が広がっているだけです。
そんなころになると目立つのが猛禽類。
青空に悠然と羽を広げてノスリが飛翔していました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

キセキレイの水浴び

昨日のキセキレイ、苔むした岩の上でポーズをとってくれただけでなく
水浴びまで見せてくれました。散歩の人が来なかったので
ちょっとのんびりしてくれたようです(^^♪
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

公園のキセキレイ

公園もめっきり秋の気配に包まれ
いい雰囲気になってきました。
小さな滝のある日本庭園にキセキレイがやってきます。
冬羽のキセキレイは綺麗ですね(^^♪
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

ムナグロ2羽

秋晴れのいいお天気、行楽日和でしたね。
今日は公園で孫と遊んだので鳥見はお休み
これは先日撮ったムナグロです。
休耕田の水が少なくなってきて、シギはほとんど来なくなりましたが
この時はムナグロが2羽だけ、じっと佇んでいました。
じっとしてるので、何枚撮っても同じようなシーンばっかり(^_^;)
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

部分白化のカラス

田園地帯を車で回ってると、カラスをたくさん見かけます
チョウゲンボウを見つけるとちょっかい出してる場面が多いですが
この個体は、1羽でひっそり地面で餌探ししていました
白い羽があちこちに見られる、部分白化の個体のようです
真っ白いカラスもたまにいるようですが、これくらいの部分的なのも
時々見かけますね。他のカラスとは混ざりにくいのかな。。
 
 
チョウゲンボウにちょっかいを出すカラス
イメージ 1
 
 
こちらは部分白化のカラス
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

アオアシシギ1羽だけ

朝から雨で寒い1日になりました
こんな日は鳥見もお休みなので、昨日の撮影分から
曇りで水の色も綺麗ではありませんが
いつもの休耕田にたった1羽アオアシシギがいました
特に珍しくもないアオアシシギですが、こうして1羽だけ見ると
意外とスマートで綺麗なシギだったんですね(^^♪
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ススキ原の鳥たち

ホオアカを探していると、ほかにも鳥たちの姿が見られます
夏の間、あんなに賑やかだったオオヨシキリが
まるで別人?(鳥)のように黙ってひょっこり顔を出しました
黄色いセイタカアワダチソウの中だと、まるで印象が変わります
まだ居たんですね。帰らなくていいのかな~?
ちょっと遅い気もするけど。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
セッカも近くに飛んできました
この子はずっといますよ~(^^♪
イメージ 3
 
 
そしてすっかりお馴染みのノビタキもまだ居ました。
イメージ 4

地元でホオアカ

このブログのタイトルバックの2羽のホオアカは
数年前に、地元のフィールドで、渡り途中の立ち寄りを
撮ったものです。それ以来、ノビタキが来るんだから
ホオアカだってと、毎年探しては居たのですが
なかなか見つけられず。。それが今日、ひょんなことから
目線の先のフェンスに止まってるホオジロらしい鳥を撮ったら
何とこれがホオアカ。。もう1ショットと欲張って前に移動したら
あっさり飛ばれて、以後探しても見つからず。。
初夏に戦場ヶ原で見るホオアカもいいですが、
やっぱり地元で撮れるホオアカがいいですよね。。
証拠写真ともいえない程度ですが。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
奥のススキ原にはまだまだこんな子もいましたよ。
イメージ 3

チョウゲンボウ、定位置で。

稲刈りが終わり広々とした田園地帯は
これから猛禽類の姿が目立つようになります
この日も、1本の枯れ木にチョウゲンボウが止まりました
何か食べているようです。。この場所はチョウゲンボウや
モズや、ノスリなど他の鳥たちにも大人気の場所
この後もカラスと場所取りでバトルしてました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

やっぱりわからないトケン

以前一瞬だけ見られたトケン、結局ツツドリかカッコウか
判らずじまいでしたが、また今日もこの前の場所のすぐ近くで
正体不明のトケンを見つけました。
初めは背中しか見えなくて、しかも逆光、少しだけ横を向いてくれたけど
特徴は判りません。場所を少し移動して、正面が見えそうな場所へ
木の間からなので、なかなか全身見えません
でも何とか胸が見えたけど。。縞が細いのでやっぱりカッコウかな?
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ノビタキ健在

今季最初にノビタキを見た時から約1か月近くになろうとしていますが
まだまだノビタキの移動が続いているようです。
ノビタキは大きな群れではなく、数羽で移動しているようで
いつもの場所に行っても、メンバーは入れ替わりたち替わり
相変わらず、警戒心強く、近付かせてはくれませんが
秋らしい田園風景の中で楽しませてくれています
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ムナグロの若の一団

昨日のマガン、まだ居ないかと行ってみましたが
もうもぬけの殻。。広い田園には何もいません
で!そろそろ帰ろうかと思っていたら、10羽前後のシギが
こちらに向かって飛んできて、旋回しながら近くの田んぼに降りました
稲の切り株の間で、降りたところを確認していたのでわかったけど
普通に見ただけでは気付きそうもありません。
何枚か撮ったら、突然飛び立ってどこかに行ってしまいました
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
原因を作ったのはこの子。。
これからの田園地帯はチョウゲンボウを見かけることが多くなります
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

まだ居たマガン3羽

先日9日にマガン3羽の立ち寄りがあったと載せましたが
その2日後には姿が見えなくなり、移動したのかと思っていましたが
今日、またひょっこり姿を見せてくれました
台風の間、どこかに避難していたのかな?
いずれにしても、3羽揃ってのんびりくつろぐ姿を見られたのは
嬉しいことです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

若いキジ♂

台風一過。。よく晴れましたがかなり強い風が1日中。
今回は日本列島をほぼ縦断した形で、熊谷を通過した感じでしたが
風雨ともに思ったほどでなく、助かりました。
皆様の所は、被害なく無事でしたでしょうか。。
 
相変わらず台風の置き土産を探しに出かけたものの
あまりの強風で、何も見つけられず、今日は撮り置きから
数日前の稲刈りが盛んな田んぼの畔で見た若いキジ♂
顔の色合いもオスらしく華やかな感じになって
雌雄の違いがはっきり分かるようになりました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 3
 
イメージ 2
こちらに気づいて、草むらにしゃがみ込んで
これでも隠れたつもりのようですよ。。
イメージ 4
 
 
イメージ 5

サルハマシギだったらいいのにな~!

台風が近づいてきて、雨模様
でも朝のうちは霧雨だったので、ちょっとだけ出かけてみたら
水位の下がった休耕田にコチドリの群れに混ざって1羽のシギが
ハマシギっぽいけど、ハマシギならかなりの群れのはず
1羽だけって、もしかしてサルハマシギ?
心なしか、嘴長い?胸から顔にかけて赤っぽい?
希望的観測ですけど。。サルハマシギならいいな~!!
 
  追記 
ブロ友さんよりの判定で胸のあたりに夏羽時の黒い班が残ってる事から
残念ながらこれは普通のハマシギとの結論に至りました
やっぱりね~!!ちょっとは期待したんだけど
お騒がせいたしました~<m(__)m>
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

突然目の前にカケス。

車で移動中。いつも気にかけている1本の木に近づいたので
脇に止めると、突然1羽の鳥が目の前の枝に止まりました。
猛禽?と思ってカメラ向けると、何とカケス。
ちょっとひょうきんな顔が枝の間から覗き、慌ててシャッターおして
たったこれだけ。。一瞬で飛んでしまいましたが、久しぶりのカケスでした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

今年はよく見るタカブシギ

また台風が近付いているようですが
関東では土日は何とかお天気もちそうです。
台風前に済ませたいのか、あちこちで稲刈りが急ピッチ。
農家の車の邪魔をしないよう、車を移動させます。
 
今期は、シギが意外に長く見られました
その中でも、タカブシギを見かける機会が多かった気がします。
すっかりお馴染みさんになった感じのタカブシギです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

まだまだノビタキ

ノビタキの移動が続いています。
初めの頃はまだやっとススキが伸び始めた頃だったのが
すっかりススキの穂も広がり、セイタカアワダチソウの黄色と
ススキの白で、ノビタキの背景としてはかなりいい感じに。
今日のノビタキはセイタカアワダチソウと。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

マガン3羽の立ち寄り

稲刈りの終わった田んぼにちょっと大きめの鳥が降りていました
カルガモじゃないし。。と、カメラを向けるとマガンが3羽
以前も立ち寄りを撮ったことがありましたが、今年も来てくれて嬉しい~♪
稲刈りの終わった田んぼの落穂を食べに降り立ったようです
1~2日の滞在でしょうが、いっぱい食べてのんびり休憩して行ってね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

台風一過、ムナグロ

台風一過で田んぼの水がかなり溜まった場所には
シギやサギが餌を探しています。
稲刈りの終わった田んぼにもムナグロがひっそりと蹲っていました。
1羽はまだかなり黒っぽさの残る換羽途中。
ムナグロって、稲の刈り跡が好きみたいでこんな場所で見ることが多いです。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
どうも上が気になって。。。
イメージ 4

台風一過、シギ

大雨、強風の台風で、日本列島は大きな被害だったようです
皆様の所に被害はなかったでしょうか。。
熊谷は今回もそれほど被害と言うほどの事もなく過ぎてくれました
今日は台風一過、周辺を回ってみましたが、
稲刈り用にすっかり水の引いた田んぼも、また水がかなり溜まって
今までの休耕田もちょっと深すぎるくらいの水嵩に
アオアシシギの群れは、畔で休憩。
他のシギたちも一か所に集まり台風を避けていたようです
 
イメージ 1
 
アオアシでもここまで深い。。
イメージ 4
 
み~んなでお昼寝。真ん中の1羽が見張り番?
イメージ 2
 
アオアシシギ、タカブシギ、タシギ、クサシギなど
イメージ 3
 
カエルGet~♪
イメージ 5
 
ピピッ!ッと鳴いて一斉に飛び立って。。
イメージ 6
 
 

ヒバリシギ改めウズラシギ、アメリカウズラシギ

台風の接近により、朝から雨、肌寒く感じます
稲刈りも進んで、休耕田の水が無くなり
シギのいられる場所が、狭まって私の知る場所では
もうこの一か所だけになってしまいました。
浅い水たまりのような場所ですが、ヒバリシギが
何羽かやって来てくれました。
以前ヒバリシギと間違ってトウネンを出してしまいましたが
今回は間違いなし、正真正銘のヒバリシギ。。です。
 
追記
シギチに詳しい方からご指摘いただきました
これらはヒバリシギではなくウズラシギの小群とのことです
1枚目 、 4枚目右から2番目 共にアメリカウズラシギ
 
詳しい解説ありがとうございました<m(__)m>
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

ススキとノビタキ

昨日のセッカを撮る前に撮っていたのがノビタキ
ブログ仲間さんのように、コスモスや花がらみならいいのですが
ススキにノビタキでは当たり前すぎる今どきの光景ですね
それでも、コスノビは撮れないし、ススキノビで我慢です。
 
まだ夏の顔の黒さが残っている♂
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
こっちは女の子
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ススキとセッカ

葦原のススキの穂が銀色に輝きとても綺麗です。
ノビタキがそんなススキの中を飛び回っているのを見ていたら
ひょいと目の前にセッカが飛んできました。
ススキの穂の中に入って、まるでススキの衣装をまとったような
秋のセッカは、初夏に賑やかに鳴くセッカとは印象が違って
なんだかおしゃれな雰囲気でした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

タシギが増えました

毎年稲刈りが進む頃になると、田のあぜや
休耕田でタシギの姿を見かけることが多くなります
今日も、数羽のタシギが採餌する姿が見られました
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5