FC2ブログ

良いお年を

2013年も今日、明日を残すだけになりました。
今年は鳥の飛来が少ないとあちこちで言っていますが
新年は、どんな鳥に出会えるでしょう。。
 
1年間お付き合いいただきありがとうございました。
年末年始は少しブログお休みいたします
新しい年が皆様にとって良いお年でありますように、、
 
イメージ 1
スポンサーサイト



地鳴きのウグイス

久しぶりに地元の公園を歩いてみましたが
鳥の声も影もありません。。
いつも足元をうろうろしている、アオジもシメも
まったく姿なし。。今年は少ないとよく言うけど
これほど少ないとは。。。
そんな中、藪から一瞬だけ顔を出したウグイス
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

コハクチョウ

ホオジロガモ、イカルチドリと続いた川原ですが
いちばん目立つ存在はやはりコハクチョウ。
数年前に餌付け中止してからは数も少なくなり
場所も数羽ずつバラバラですが、それでも毎年
こうしてコハクチョウがやってきます。
人間の気まぐれに付き合わされた鳥たちに
申し訳ない気持ちですが、自然界の餌をちゃんと食べて
元気に過ごしてくれるといいですね。
 
お天気が良くて白飛びしてしまいました
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

川原にて、イカルチドリ

先日のホオジロガモを撮りに行った川原で
水辺に降りて行こうとした先にシギチが
コチドリとイソシギだ~!と思いながら撮ったけど
PCで見たらくちばしちょっと長めだし
アイリングも黄色くない、全体に大きめで足も長い
と言うことで、久しぶりのイカルチドリ。。です
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

カモ続きです。ヨシガモ

今日もカモつながりです。
緑色の頭と言ったら、このヨシガモも外せませんよね。
この時期はオスのすっかり綺麗な繁殖羽を
優雅に揺らしながら美しい姿を披露してくれました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
メスは地味だけどとっても可愛い~
イメージ 6

ホオジロガモ♂♀到着

少し前にホオジロガモ、そろそろかな?と思って行ってみたら
♀が1羽だけ。。その後もメスばかりしか見られずにいましたが
ブログ仲間さんから、オスも来てるよ~!と教えて頂き
さっそく行ってきました。
私が見ていた場所よりだいぶ下流のほうで、
♂♀合わせて10数羽、波間にぷかぷか浮いたり潜ったりを
盛んに繰り返していました。コハクチョウも数羽ですが
ノンビリ流れの中で羽繕いしたり休憩したり
のどかな風景です。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

コチョウゲン、色々なポーズで。

昨日の続きのコチョウゲンの♂です
かなりゆっくり寛いでくれたので
いろんなポーズを見せてくれました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
ジャンケン グー
イメージ 5
 
ジャンケン パー
イメージ 6
 
と思ったら、痒~いの。
イメージ 2

コチョウゲンボウの♂

チョウゲンボウはいつでも行けば顔を見せてくれる
可愛い存在ですが、コチョウゲンにはなかなか会えません。
そのコチョウゲンボウ、メスには何とかあえていたのが
今日はやっと♂のコチョウゲンボウにも会うことができました。
残念ながら、やっぱり電線の人工物止まり
でも背中の青灰色、胸のオレンジがかった綺麗な♂の成鳥です。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

チョウゲンボウ メス

ようやく晴れました。
久しぶりのフィールドで迎えてくれたのは
やっぱりお馴染みのチョウゲンボウ
でも今日の子は女の子。
いつもお馴染みのオスの場所とは少し離れた場所が
このメスの縄張りのようで、それぞれ住分けてるようです
やっぱり電柱止まりだけど。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ジョビの水浴び

シロハラのいた森の水場には、
他の鳥たちも水飲みや水浴びにやってきます
ジョウビタキの♂も気持ちよさそうに
水を浴びて一休みしていきました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

やっとシロハラ

もう何回言った事かと思いつつ、また言ってしまいますが
今年はほんとに鳥が少ないし到着も遅い
それでも、そろそろ何か!と思いつつ森の水場を覗きに出かけます
例年なら今頃はもう、なんだシロハラか~!と言って
カメラ構えないシロハラが、やっと姿を見せてくれました
とはいっても、ごちゃごちゃ背景の枝かぶりばかり。
今季初撮りなので証拠写真
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 

 チョウゲン君 飛出し!

いつもまるで私の行くのを待っていてくれるかのように
同じ場所で迎えてくれるチョウゲンボウ君
見た通りの可愛さ、かなりのイケメンアイドルみたいでしょ!
この日は,今から飛ぶから撮って!とでも言いたげにポーズをとって
飛び出していきました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7

畑のタゲリ

タゲリを撮るつもりで出かけて、先日傷ついたケリを見つけ
後回しになっていたタゲリです。
やはりこの鳥は日差しの中で撮るのがいいですね。
少しづつ、こちらを見ながら遠ざかっていき
気が付くと、かなり離れて行ってしまってました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

森の水場のクロジ

寒さが増して、森の木々は葉を落とし
薄暗かった森の水場にも光が届くようになってきました。
それでも、池を囲むように生えた木々の枝が繁ってるので
枝かぶりの多いのが難点な水場です
この日は、まるでスポットライトのように光の当たった場所に
クロジが水飲みにやってきました。
遠くから見たらアオジかと思いながら撮っていたのですが
PCで見たらクロジだったのでラッキー
サービス良く水浴びまで見せてくれました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

気がかりなケリ

晴れた日に撮りたい鳥と言ったら
メタリックカラーの美しいタゲリやヨシガモ
今日はタゲリを撮ろうと思って車で走っていると
タゲリと一緒にケリが1羽一緒に行動しているのに出会いました
こちらでは、タゲリは多く見られるけどケリはたまに
こうしてタゲリに混ざってるのを見るくらい。。
タゲリはさておき、この際ケリにカメラを向けます。
 
イメージ 1
 
ところが何か違和感を感じよく見ると
片方の足の関節から少し下がありません。
 
イメージ 2
 
移動の時は、バランスを崩しやすく羽を広げて体勢を整えます。
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
それにしても、釣り糸でも絡まって切断してしまったのか
事故でもあったのでしょうか。。
人間が原因だとしたらケリに申し訳なく、情けないです。。
こんな痛々しい画像を。。と言うご意見もあるかもしれませんが
人々への警鐘を兼ねてあえて掲載させていただきます。
 
これから無事生きていけることを願わずにはいられません。
 
イメージ 5
 
 
 

畦道のモズ君

車で農耕地を回っているとよく見かけるモズ
この時は、すぐ近くでまるで撮ってくれと言うように
じっと止まっていたのでカメラ向けたら
すぐに飛び立てしまいました(^_^;)
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

今日はキジ♀

昨日のキジの続きです。
初め♂に気づいて撮っていたら突然♂の後ろから♀が飛出し
少し離れた草の中に隠れました。。
そのままオスを撮っていたら、少しずつ姿を現し♂に近づいてきましたが、
なかなか1画面に入るほどは近付いてくれません。
枯れた草の中にいるとメスの色合いは背景と同じようで
ほんとに保護色なんですね~(^^♪
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 5
 
イメージ 4

草薮のキジ♂

午前中は雨、昼ごろに日差しが出ましたが風が強く
気温も上がらず寒い1日です。
雨が上がったので少しだけ車で回ってみたら
すっかり刈り取られた葦原の脇に少しだけ残った草薮に
キジのカップルがが潜んでいました。
今日はまずオスの画像を選んで掲載してみましょう。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ため池のタシギ

葦原に囲まれた小さなため池のような水場で
クイナの声が聞えたのでしばらく待っていました。
クイナは姿を現さず、声も聞こえなくなりましたが
代わりにタシギが飛んできてちょっと複雑な背景の所に降りました。
じっとして動かないので同じような画像ばっかり。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

毎度おなじみのチョウゲン君

今まで何かいないかと一回りしていた葦原が
すっかり刈られて見通しがよくなり、
ホオジロもオオジュリンも、何もいなくなってしまいました。
もう車で回っても撮れるのはお馴染みのチョウゲン君くらいしか。
この日もバッタを捕まえお食事中でした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

水辺で。。キセキレイ

ハクセキレイはどこででもたくさん見かけますが
キセキレイは水辺で見ることが多いですね。
冬のキセキレイは特に柔らかい黄色で綺麗に感じます。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 

久しぶりのイソシギ

水辺で久しぶりにイソシギを見かけました
シギ類を見たのは久しぶりのような気がします
撮るものが少ないので、このさいなんでも撮ります。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ミサゴお食事中

昨日の続きのミサゴです。
ミサゴと言えば、大きな魚を掴んで飛ぶシーンを
思い浮かべる方が多いでしょうが、
この時は、気付いたら川の中のゴミのような場所に降りて
魚を食べていました。
ドボンと飛び込んで魚を掴んで運ぶシーン撮りたかったな~
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ミサゴ。

冬になると猛禽類が見られる機会が多くなります
田園地帯では、オオタカやチョウゲンボウ、ノスリなど
大きな河川や沼などでは主に魚を捕えるミサゴが見られます
大きな翼で悠然と飛翔する姿は美しいですね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

紅くないけど。。ベニマシコ♀

もうしばらくベニマシコを撮りたくて
川原などの葦原を探しているのですが
声はすれども、生い茂った葦に阻まれなかなか撮れません
今日は、車の轍の窪みにたまった小さな水たまりに
水を飲みに降りてきました。。。
でも赤い♂成鳥ではなく♀か♀タイプの♂若。。
やっぱり葦原背景で♂の紅いのを撮りたいです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
 

ようやくシメ。

林の木々が黄色く染まり、歩道には落ち葉がびっしり積もって
すっかり初冬の趣のフィールドになりました。
そろそろ雰囲気的には冬の鳥たちが勢ぞろいしてもよさそうなのに
今日も会えたのは少しだけ。。
賑やかにやって来ては去っていくカラ類の混群の先に
どっしりと座り込んでるようなシメの姿が見えました。
今期初撮りのシメ、口いっぱいに何かの実を詰め込んで
相変わらずの大食いっぷり。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

ホオジロつながり?で鴨

葦原のホオジロの仲間が続きましたが
今日はホオジロつながり。。と言っても鴨ですが。。
毎年冬になるとやってくるホオジロガモ
まだこの日は1羽しか見つけられませんでした
それも、メスかエクリプスなのでほっぺの白い丸がありません。
これではホオジロガモと言われても。。。と言いたくなりますね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3