FC2ブログ

ツミも大きくなりました。

昨日のチョウゲンボウや今日のツミのような小型の猛禽は
若たちも独り立ちが早くてもう立派になりました。
親は一緒にいなくても、一人で小鳥を追っかけたり狩りもしているようです。
でもやっぱり小鳥を捕まえるのはなかなか難しく、セミなどの昆虫を撮る事が多いようです。
きりっと凛々しいツミの若。。カッコイイですね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
スポンサーサイト



若いチョウゲンボウ

車で農道を一回り。。今日はチョウゲンボウを見つけました。
今年生まれのまだ若い個体のおようで、近い場所に3羽。。
以前、撮った今年生まれの若のようですが、その頃よりかなり逞しくなり
警戒心も強くなったようで、カメラ向けたらすぐに飛んで行ってしまいました。
 
イメージ 3
 
 
イメージ 2
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 

草むらのキジ

田園地帯を車で回っていると、草むらからキジが顔を出しました。
あまりに近くて、カメラ構えても後ろに下がれず、あたふたしていると
どんどん草の中に入ってすぐに見えなくなってしまいました。
久しぶりに見たキジは色鮮やかで綺麗でした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

カイツブリの親子

子育て中の鳥はオオタカばかりではありません
沼では、カイツブリの親子が見られました。
シマシマ模様のウリボウみたいなカイツブリの雛
ちょこんと親の背中に乗ったおんぶカイツブリはほんとに可愛いですね。
この子のほかにはまだ姿が見えませんが、親鳥は巣に座っているので
まだこれから孵る卵を温めているようです。
雛は親の背中から降りたりして、外の世界が気になるようです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

オオタカのお母さん

昨日のオオタカの若の親のオオタカ母さん
こんなに大きくなった子供でも、まだ狩りはできないので
せっせと餌を運んで大声で呼んでいます。
餌渡しの瞬間が撮れるかと、期待して狙っていたのだけど
一向に子供がやってきません。大声で呼ぶ親の声に答えるように声はするのですが
とうとう、やってきませんでした。
親は諦めたのか、そのうち自分で食べ始め、すっかり食べてしまいました
オオタカ子供、今お腹すいてないからいらない~!!って言ったのかな?
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

オオタカ若登場。

オオタカ、今年は子育てダメだったかと思っていたのですが
ようやく、1羽だけですが、元気な姿を見ることができました。
大きな声で鳴きながら、親を呼んだり、カラスに追いかけられたり。。
もうかなりしっかりして、飛び回っています。
たった1羽なので、親の愛情独り占めだったのでしょうか。。
1羽だけでも、今年もしっかり子育てしたオオタカ母さん、立派です。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

アマサギその2

今日もアマサギにお付き合いください。
仕入れが難しいので、何度も登場します(^_^;)
ちょっとだけ飛んだところが偶然撮れてました。ボケ画像だけど
アマサギが見られたのは1日だけ。翌日行ってみるともう、影も形もありませんでした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ようやくアマサギ

田圃の稲が青々としてくると、サギ類の姿が見られるようになります。
ようやく見られたアマサギですが、この時期になると
アマサギのトレードマークのオレンジ色はかなり色褪せ申し訳程度です
それでも、普通のシラサギと比べると一目でアマサギとわかります
6~7羽のアマサギの小さな群れですが、今年も見られてよかった~(^^♪
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

コチドリ、リラックス編

まだ懲りずにコチドリ引っ張ります。。
今日はのんびり寛ぐコチドリたち。。なぜか1羽が羽繕い始めると
他のコチドリたちも同じように羽繕い始めました。
みんなでリラックスタイム。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

コチドリのご馳走

今日は少ししのぎやすい温度で、風があるので窓際は気持ちのいい場所です。
昨日やっと撮れたコチドリ、何とか数日持たせないと後が続かないので。。
今日は、そのコチドリが餌を食べてるシーン。
なんだか透き通った小さなエビみたいに見えますが、カワエビかヌマエビかな?
ちょっと大きめに切りだしてみますがなんだか判るかな~??
種類はともかくとして、新鮮なエビのおどり食い、なかなかのグルメですね(^^♪
 
イメージ 1
  
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

休耕田にコチドリ

毎日暑い日が続きます。今年は館林や甲府などで今年最高気温を記録
熊谷はその日の最高気温ではないと言っても、
最高よりほんの少し低いくらいでさほど変わらず
相変わらず暑い熊谷です。
そんなわけで、更新、久しぶりで、かなり滞っていましたが
この暑さの中、出かける気力もなく引きこもりの毎日なの仕方ありません。
今日は、朝のうちに久しぶりに車で田園地帯を一回りしてみました。
日差しは強いけど、稲田を渡る風は心地よくさわやかです。
数か所の休耕田を見て回ったところ、コチドリの10羽くらいの群れが飛来していました
若い個体も混ざって、久しぶりのコチドリです。
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
 

アオサギもたまには。

今年は水田に水が入ったのに、いつまでたってもサギの姿が見えません。
そろそろアマサギやチュウサギが見られる頃なのに。。
一年中見られるアオサギだけは田んぼのあちこちで見られるので
いつももは撮る気にもなりませんが、この時は特別。。
こんなお花畑に居てくれたら、アオサギでもカメラ向けてしまいます。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ツミの親鳥

巣立ったばかりのツミの幼鳥のすぐ近くに、じっと見守る親の姿があります
初めこの親しか見つからなかったのですが、その視線の先をたどっていくと
雛たちの姿を見つけられました。巣から離れても、こうして見守っているのですね。
地面に降りて一休み。砂浴びをしていました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
  
イメージ 6
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5