FC2ブログ

今年はエナガもいっぱい

水場にはカラ類が混群でやってきます。
最初に可愛らしいエナガの声とともに、ヒガラやシジュウカラメジロなどが
次々に水場に降り、水浴びをしたり、近くの木で羽繕いしたり
動きが早くて、まるで嵐のように通り過ぎていくのを夢中で追いかけても、
追いつけずボケ画像量産するばかりです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
スポンサーサイト



水場にて、シロハラ

今年も水場にいろいろな鳥がやってくるようになり、
座って待ってる、ものぐさ鳥見が始まりました。
今年はカラ類の混群が多く、ヒガラやエナガ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラなどなど。。
なんと今日、先に来ていた鳥仲間さんによると、ゴジュウカラまで混ざっていたとか。。
今日はその水場の一番奥薄暗い場所に水を飲みにやってくるシロハラです。
落ち葉をひっくり返したり、とにかく薄暗い場所での出会いが多い鳥さんですね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

2羽だけコハクチョウ

昨日のホオジロガモのいた荒川には
毎年コハクチョウがやってきます。
でも、数年前の鳥インフルエンザの時以来、餌付けを止めてしまったため
コハクチョウは、それまでの場所より広い範囲に散らばっています。
川原に降りていけば見られるという状況ではなくなりました。
この日も、遠くのほうに2羽のんびり藻などを食べている姿が見られただけでしたが
川原に続く歩道も、手入れをしなくなったため、途中倒木が通せんぼしています。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

今年もホオジロガモ

毎年ハクチョウがやってくるころになると、ホオジロガモが来ていた川。
コハクチョウの姿は、餌付けをやめてしまってからはすっかり少なくなり
今日も、たった2羽が川の中ほどにいただけです。
ホオジロガモは潜水型の鴨のため、そんなことも関係なく
今年も、♂2羽♀6~7羽の群れを見ることができました。
メタリックなグリーンの頭に白丸ほっぺの♂
茶色い被り物みたいな頭の可愛い♀
川原の風は冷たいけど、今年も会えてうれしかったよ~(^^♪
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

今期もルリビタキ

いろいろな冬鳥がやってきました。
冬鳥の代表格の美しい瑠璃色のルリビタキのオスにも
さっそく会うことができました。
毎年この水場で会うことができるので、昨年と同じ個体かな?
美しい♂成鳥に早々会えるとは嬉しいシーズンになりそうな予感。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
ドアップで!
イメージ 4

ニュウナイスズメ

山地で夏を過ごしたニュウナイスズメも平地に降りてきました。
群れで移動するのですが、初めは草薮にいたのが
散歩の犬を連れた人が通ったため近くの電線に移動してしまい
電線止まりになってしまいました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7

河畔林のホオジロ

冬になるとホオジロ科の鳥たちが増えます。
昨日のカシラダカやミヤマホオジロ、オオジュリンなどみんなお仲間です。
そのご本家ともいえるホオジロ、いつもは近くの川土手などでみられるのですが
今年は異常なほど綺麗に刈り取られて草がないので、姿も見えません。
少し離れた、河畔林には、草薮や葦原が広がってるので、
ホオジロの元気な姿が見られました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

河畔林のカシラダカ

ウソのメスが1羽しかいなかった河畔林ですが
カシラダカも遠くのほうに1羽だけみられました。
これがミヤマホオジロだったらな
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 

ウソ♀水浴び中

ウソは♀1羽しかだったのですが、すぐそばの川辺で
水浴びをしてくれました。
あまり水しぶきを上げることもなく少し水を浴び
すぐに飛んでいきました。
同じ様なポーズばっかりだけど
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

赤くないウソ。

河畔林にそろそろ何かいないかと出かけてみました。
予想に反して、まだ、冬景色には程遠い草が茂った秋の風景。
それだけに、鳥の影も薄く、いるのは最近増えたツグミやヒヨドリばかり
諦めて帰りかけた頃飛んできた1羽の鳥。
メタボ体系でおちょぼ口のウソです。
残念ながら喉元に赤みはなく、地味なメスです。しかもたった1羽だけ
カナムグラの実をほおばっていました。
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 5

秋色の公園で、ヒガラ

土、日曜日の2日間開催された市の産業祭の手伝いのため
鳥見も更新もお休み。。今日からまた再開させていただきます。
 
日差しがなく寒い公園でしたが、いつの間にかすっかり紅葉も進んで秋色に染まっています。
ここでは、この時期だけ、黄色く色づいたイチョウ背景に、冬桜を見ることができます。
春の桜ほど華やかじゃないけど、薄ピンクと黄色いコントラストが魅力です。
 
イメージ 1
 
 
公園にはカラ類の混群が元気に飛び回っていました。
ツッパリ頭のヒガラは例年なら公園では見られないのに今期は珍しく何度も見かけます。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

タゲリ到着

11月15日から埼玉県では狩猟が解禁されます。
それに伴い、我が家の近所の川土手にもハンターの姿。
鴨は1羽もいなくなってしまいました。
そして、利根川の川原や中洲でもハンターが入るため
タゲリは農耕地のほうに避難してきます。
草地や、ネギを掘り採ったばかりの畑にタゲリの10羽くらいの群れが来ていました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

シメもいました~♪

昨日のツグミのいた河畔林にはシメも数羽で飛び回っていました。
今季のシメは少し前に枝かぶりで一度撮りましたが
ちゃんと撮れたのは今回が初。
地面にできた水たまりに時々水を飲みに降りてきます。
でも警戒心が強くこちらを見つけると、二度と降りてくれませんでした。
水たまりの上の木の枝ではリラックスして羽繕いしています。
 
イメージ 4
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 

今期初ツグミ。

アトリ科の鳥はあちこちたくさん飛来してるようですが
意外に、ツグミ科の鳥の飛来が遅いような気がしていました。
久しぶりに河畔林に行ってみたら、賑やかな鳥たちの声が聞こえてきました。
聞きなれたヒヨドリの甲高い声に混ざり、ツグミやシメ、カワラヒワなどの声
時々、アカゲラのキョ!キョ!という声やコゲラのギーッという声
シジュウカラ、ジョウビタキ、メジロなどなど。。
ツグミも今なればこそ。。で、今日の成果UP.
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 

秋色ノスリ。

今日もノスリにお付き合いください。
今日のは、ちょっと秋っぽい雰囲気で撮れたかな?
平地なので、紅葉といえるほどではないですが
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
昨日の1本の枯れ木。。こんな感じなんですよ。
今日もノスリが1羽止まってます。
イメージ 6

ノスリ2羽

昼近くなってようやく青空が見え始め農耕地にも
小鳥が飛び交い始めました。
すっかり刈り取られてしまった葦原は、小動物やバッタが見やすくなったのか
ノスリやチョウゲンボウの姿が見えます。
いつも通る場所に、1本の枯れ木があり、ここに猛禽が止まってくれたら
と思っていたら、止まってたんです。しかも2羽も。。
警戒心が強く近づくと飛んでしまいますが、車なので何とか数枚撮れました
 
イメージ 1
 
 
イメージ 5
  
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ジョウビタキ、増えました。

今年は冬鳥の飛来が早いとか多いとか聞きますが
こちらでは、なかなか、シメやアトリ、マヒワに出会えません
そんな中、ジョウビタキは、あちこちで見かけることが多くなり
時々自宅の庭にもやって来てくれます。(すぐに飛んでしまうのでなかなか撮れませんが)
何かいないかと車で巡回中にも数個体見かけますが
、追いかけっこしてたり、落ち着いてくれません。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

風の中。チョウゲンボウだけ。

今日は1日中強風。
いつもの耕地を一回りしても、鳥影は何もなし。。
電線に1羽のチョウゲンボウを見つけるも、後ろから車が来て
少し前進したら飛ばれちゃって(^_^;)
そのチョウゲンボウ、また戻って来たときは、カラスに追われながら
カラスはしつこく追い回して、チョウゲンボウ風にあおられながら応戦していました。
 
イメージ 1
 
強風の中ボケボケだけど、一応ホバ。
イメージ 2
 
画面の端っこにかろうじて入ってました。
イメージ 3
 
これは数日前、別の場所で、足元に獲物の小鳥が
イメージ 4
 
 
イメージ 5

オオタカ成鳥は川土手。

昨日のオオタカ若のおそらく親と思われるオオタカ♀の成鳥
この周辺で、若を連れて狩りの練習をしてるのを何度か見かけました。
初夏に若2羽が巣立ちましたが、その子育て上手なお母さんオオタカのようです。
この成鳥が、川の鴨を狙って、土手で待機しているのをたびたび見かけます
時々カラスに邪魔されながらも、辛抱強く待っています。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

空抜けだけどオオタカ若

昨日の雨が上がり、晴れたいいお天気になりました、
車でいつもの耕地を一回りしていると、時々カモがやってくる
小さなため池を見下ろす電線に、1羽の猛禽が止まっています。
いつもチョウゲンボウがいる場所ですが、今日はオオタカの若様
まだ羽色も茶色で、若々しい雰囲気です。
あまり警戒しないのも若なればこそ。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3

公園のカワセミ

昨日のアオジを撮ったいつもの公園では、カラ類の混群が
賑やかに飛び回っていました。
もしかしてアトリやマヒワも混ざってないか探したけど
この公園ではいつも見られるカワセミですが、
その周辺はいつも暇な散歩の人がたむろしているのでめったに近づきません。
昨日は、ちょうど昼時だったため、誰もいなかったので、
カワセミも安心して岩の上でくつろいでいたようです。
久しぶりにカワセミをパシャリ!
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

アオジも今なら。

冬の鳥たちが増えてきました。
アオジももう少しすると、足元近くでちょろちょろしてても
なんだ!アオジか~!ってスルーしちゃうようになりますが
今ならまだ、今季初撮り~なんてカメラ向けます。
季節ものは早くしないと賞味期限切れちゃうから。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

秋モズ。

ブログ仲間さんの所で、山から下りてきたホオアカを見せていただきました。
そういえば、こちらでもそろそろ見られるかな~!
と思って行ってみると、なんと広い葦原は刈られて何もなし。。
いつもの住人のキジやタヌキも棲み処を追われてしまったようです。
ガッカリして、別の川原によって、見つけたのがモズ。
秋らしい草の中でのモズ君でした。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 1

アカゲラ、アオゲラ

カケスを撮りに行った場所ではアカゲラ、アオゲラも見られます
先日はアカゲラ、メスだけしか撮れなかったのですが
今回は後頭部の赤いオスもちょっとだけだけど撮れました
 
 
アカゲラ♀
イメージ 1
 
アカゲラ♂
イメージ 2
 
アオゲラもちょっとだけ撮れました。
イメージ 3
 
 
イメージ 4

カケス、撮るのは難しい!

先日、枝かぶりで1枚しか撮れなかったカケス、
何とかもう少しましに撮りたくて再度出かけてみました。
声はあちこちで聞こえるし、ふわりふわりと木々の間を飛び交う姿は
見えているのですがこれを撮ろうと思うのは一苦労。
なかなか全身を枝かぶりなしで撮らせてもらえません。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 1
 
 
イメージ 4

カモが増えました。

昨日のオオタカの狙いがこのカモたち。
数も種類もかなり増えました。
まだエクリプスで色合いも綺麗じゃないのも多いけど
換羽が済んだ子もいたり。この時期の鴨はいろいろです。
他にコガモ、マガモ、ヨシガモ、などなど。。。
 
キンクロハジロ
イメージ 1
 
ホシハジロ
イメージ 2
 
ハシビロガモ
イメージ 3
 
オカヨシガモ
イメージ 4