FC2ブログ

いつものカワセミ

近所を一回りしても、な~んにも撮れません。
こんな時はいつものカワセミ君。
定番の止まり木で、ずっと飛び込む様子もなく
変化のない画像ばかりです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
スポンサーサイト



鳥見おまけ。。

地元での鳥見は、何も収穫なし。。
出すものもなく、途切れがちな更新ですが、何とか在庫をあさって
先日の残り物を見つけました。
種類の判らないムシクイの仲間の画像1枚だけ。。
それも、かなりボケボケ。。
イメージ 1
 
それと、渓流や山地でしか見られない蝶
あまりちゃんと撮れてないのですが一応キベリタテハ。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

鳥撮り番外編、日本カモシカ。

コマドリを撮りに行った山道で、日本カモシカに会いました。
特別天然記念物というけど、ひょっこり姿を見せ、こちらを恐れる風もなく
出始めの木の芽などを食べて、のんびりしています。
鳥撮りの山で、シカには時々出会いますが
日本カモシカは初めての出会いでした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

もう1度コマドリ。

せっかく遠くのほうまで行って撮ってきたのでもう1回コマドリ。
何固体かいたのですが、今日の子は胸の色に黒さがなく
全体的に優しげなのでもしかしたら♀?
私は、コマドリの♂♀の区別はわからなのですが
もしかして、そうかな~?って思ったんですけど
ご存知に方、教えてください~m(__)m
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
この子は胸元の黒がちょっと薄い。
イメージ 4

初撮りのコマドリ。

この時期になるとあちこちのブログなどで
綺麗なオレンジ色のコマドリを見せてもらいます。
そのどれも、苔のある倒木や綺麗なお立ち台。
心は惹かれても、なかなか出かける気になれずにいたところ
鳥撮り仲間さんからお誘いを受け出かけてきました。
美しいオレンジ色の体に、これまた美しい囀りをたくさん聞かせてもらいました。
 
イメージ 5
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

スズメの雛。

庭の柿の木で、可愛い声が響いています。
巣立ったばかりのスズメの雛が3~4羽
まだ嘴が黄色くて、フワフワの毛玉みたい。
時々親鳥が餌を持ってやってくると雛たちは大騒ぎ。
餌の受け渡しシーンを狙ったのですが、葉や枝に隠れてしまい没。。
スズメは身近すぎてカメラ向けないけど、こんな可愛い子は別。
どの子も元気に育って欲しいですね。
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

流れの中で、キアシシギ

そろそろコアジサシの颯爽とした姿を見たくて
河原に行ってきました。
水量がかなり多くて、流れも速く、残念ながらコアジサシの姿はなし。。
その時チチッ!と2羽のシギが飛んできました。
キアシシギとイソシギです。
流れが綺麗なので、その流れが映りこむようにシャッター押しました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

高原の鳥、これでおしまい。

しばらく見ていただいた高原の鳥ですが、
いよいよ没画像を残すのみになりました。
あまりにもひどいので、出すのをためらったのですが、地元では撮るものがないので
1回でも稼がなくちゃ!ってことで。。
証拠写真ですが、ニュウナイスズメとキビタキらしき
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 3

高原のアオジ

冬の間に地元の公園や雑木林で見かけたアオジも
高原の避暑地に到着したようですね。
地元で見るときは地面を歩き回ってたり、藪の中だったりのアオジも
高原で見るとまた印象が変わります。
でも、いつも思うのは、これがアオジっじゃなくて、ノジコだったらな~!!
 
イメージ 3
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 

巣材探し中、ヒガラ

高原でも鳥達の子育てが始まっています。
ヒガラは、巣材探しに大忙し。
柔らかな獣の毛を見つけたようで、咥えてはどこかに飛んでいきます。
いっぱい咥えていかなくちゃ!って頑張ってますね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

高原の鳥 ゴジュウカラ

ゴジュウカラに出会ったのはかなり久しぶりです。
この鳥は、高原や山にいかないと会えませんからね。
ブルーグレーの羽。幹にへばりつくように動く独特のポーズ
見ていて楽しいですね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 

戦場ヶ原のオオジシギ

毎年この時期に戦場ヶ原に出かけていく理由のひとつが
オオジシギを見たい撮りたいという願いからです。
なかなかいい具合に撮れるチャンスに恵まれず、
以前は草の間にいるのを見ただけだったりしたのですが
今回は、なんと高い木の上で、声を張り上げている姿に遭遇できました。
独特の大きな声は、遠くからでもはっきり聞き取れます。
姿だけでは、タシギやチュウジシギとの区別は私にはつかないのですが
今回は戦場ヶ原という場所柄といい、声といい、間違いなくオオジシギ。
華やかなディスプレイフライトは残念ながら見られませんでしたが
木の天辺のオオジシギ撮れただけでも満足でした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6

高原のノビタキ ♀

昨日の続きです。昨日はノビタキの♂の黒頭巾
今日は、ノビタキの♀。オスと比べると地味で枯れた草地ではほとんど目立ちません。
もう少しすると子育てで、忙しくなりそうですね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 2

高原のノビタキ

久しぶりの好天の日曜日になりましたね。
恒例の高原遠征、奥日光戦場ヶ原今年もそろそろ夏鳥も到着した頃かとでかけてみました。
現地はまだ冬景色。湿原もまだ枯葉色で、芽吹きはもう少し先になりそう。
早朝の木道は霜が白く光ってましたが、日が出るに従い
気温も上がり、爽やかな高原の空気に包まれました。
渡り途中に地元に立ち寄ってくれたノビタキの♂
無事到着して、しっかり黒頭巾姿を見せてくれました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

ツミの側にはオナガ。

ツミの営巣場所に行くと、いつもオナガの姿が見られます。
その訳はカラスが、オナガの卵や雛を狙ってくるから。。
ツミは自分の巣を守るため、カラスを猛攻するので
ツミの巣の近くに営巣する事で、カラスの攻撃を回避できるという事のようです。
とはいえ、リスクも無い訳ではありません。
餌が獲れないツミが、オナガの巣を襲う事もたまにはあるらしいのです。
いずれにしても、野生の生存競争はかなり厳しいですね。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

ツミ、若いオス

昨日のツミ。。メスに続き今日はオスです。
と言っても、この固体はまだかなり若いオスのようで
♂成鳥の特徴の胸のオレンジはなく、まだ縞模様のほうがクッキリ。
背の青灰色もまばらで、昨年生まれの若いオスのようですね。
それでも、目はしっかり暗赤色のオスの虹彩です。
先日居たオスではなく、この日はこのオスが居ましたが
ここのツミは果たしてどちらとカップルになるのか。。
繁殖できるのかちょっと気がかりです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3

ツミの♀

先日のツミの様子、その後どうかと行ってみましたが
あまり進展はなさそう。。
巣にはまだ入っていず、メスはカラスを威嚇して追いかけっこ。。
オスは先日のは居なくて、もっと若いオスが来てました。
あまり頻繁に行かないのでその後どうなったか。。不明です。
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

キジのカップル

日に日に緑が濃くなり、すでに渡り途中の鳥達は山に到着したようで、
地元で見られるのは定番の鳥さんだけになってしまいました。
相変わらずオオヨシキリとセッカの声は賑やかに響き渡っていますが
その声を掻き消すようなケーン!というキジの声が聞こえてきました。
草の間から顔を出したキジはメスと一緒のカップル。
常にメスのほうが数歩先を歩き、このカップル女性上位かな?(笑)
黄色いお花や緑の中のキジは綺麗でした。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
メスはなかなか全身を見せてくれません。
イメージ 7

草原のセッカ。

5月5日、今日は子供の日にふさわしいいいお天気になりました。
日差しが強くて暑いくらい。
赤い大口でギョシ!ギョシ!のオオヨシキリの声が響き渡るなか
負けじと響くのがセッカのヒッ!ヒッ!ヒッ!の声。
声はすれどもなかなか姿を見つけられず苦戦しながら
遠いセッカを何枚か撮ってきました。
 
これぞセッカどまりの大股開き、口の中は真っ黒。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

オオヨシキリ、リベンジ。

GWなか日は大雨で各地に被害が出てしまったようです。
後半4日、ようやく今日は午後から晴れ間も見え回復に向かいそう。。
オオヨシキリの赤い口を撮るべく、リベンジに向かいたくても
2日間の雨で足止めされて、ようやく今日午後に出かけられました。
それでも、なかなか正面を向いてくれません
背景の緑は雨の後でみずみずしく綺麗でした。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
おまけのヒバリ。
この子も元気に囀ってます。
イメージ 5

今期は早め。オオヨシキリ。

GW前半は好天に恵まれました。
今日は、曇りのち小雨。
でも午前中は曇ってたので、先日から声だけ聞いていて
気になっていたギョシ!ギョシ!の声の主を探しに出かけてみました
声はするのですが、なかなか葦の中から出てくれず。。
やっと出てくれたと思ったら、一言も鳴かず。。
トレードマークの赤い大口はついに見せてくれませんでした。
やっぱりオオヨシキリは、あの騒々しい声と赤い口を撮らないとダメですね。
今回は一応初物という事で。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4