FC2ブログ

今年もよろしくm(__)m

 
 2012年 今年もよろしく 
 
イメージ 1
 
 
 
スポンサーサイト



河原のクサシギ

いよいよ暮れも押し詰まってきて30日。
明日は大晦日だと言うのにまだ鳥見してるお気楽主婦ってどうよ!!
一応今日はさすがに鳥撮りはお休み。。
昨日のホオジロガモのついでに撮ってきたクサシギです。
対岸に近い浅瀬にいたので遠くて遠くて、遠目ではシギとは判ったけど
クサシギかどうかまでは判らず、とりあえずシャッター押して帰ってみたらクサシギでした。
久しぶりのシギ。。寒い冬でも元気に餌探ししてました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

荒川のホオジロガモ

毎年冬になるとこの場所にはたくさんのコハクチョウが飛来していました。
でも数年前の鳥インフルエンザ騒ぎ以来、餌付けを止めたせいか
めっきりコハクチョウも少なくなり、分散してしまい、少ししか見られません。
それでも、潜水型の鴨であるホオジロガモは餌付けは関係ないので
毎年、やってきてくれます。
かなり広い川なので、流れの真ん中より対岸寄りなので小さくしか撮れません
ほっぺの白丸とメタリックグリーンの被り物のような頭、金色の目がチャーミング。
20羽前後のメスに囲まれてオス1羽のハーレム状態。
特徴が判りやすいように切り出してみました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
20羽前後のメスに囲まれてオス1羽のハーレム状態。
イメージ 4

ルリビタキ♀

冬の定番の鳥の中で、この水場で最初に見られたのがルリビタキの♂。
青い綺麗なルリビタキの♂にいきなり会えたので、今期は順調かな!
と期待していたのですが、あとがあまり続かず、
メスにはなかなか会えずにいましたが、ようやく昨日会うことができました。
オスの華やかさはないけど、まん丸お目々の可愛い子です。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 1
 
 
 
この下の2枚はオスの若かな?
イメージ 4
 
 
イメージ 5

シロハラは増えました。

ここの水場でもシロハラの数はここ数日でだいぶ増えました。
それでも昨年よりは少ないかな。。
昨日UPしたアカハラとシロハラのツーショットも見られたし、
シロハラ同士のツーショットも見られたし。。まずまずの成果。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 3

やっと地元でアカハラ。

クリスマス寒波の影響か、かなり寒い日々のおかげで
冬鳥の数が地元にもだいぶ増えてくれました。
いつもの河川敷の野鳥公園の水場には
ルリビタキ、シロハラ、に次いで、アカハラの姿も見られました。
ここで期待はあと、トラツグミかな。。
 
やっぱり地元のいつものフィールドって言うのが何より嬉しいですね。
待ってれば、何か来てくれそうと、期待させてくれる水場なんですが
難点は背景がごちゃごちゃして綺麗じゃないこと
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

篭脱けだけど。(カオジロガビチョウ)

野鳥ブログにはあまり載ることはないかもしれない篭脱けの鳥ですが、
この鳥にしてみれば、何もすき好んで篭脱けになったわけじゃナイ!
って逆に文句言われちゃいそうですよね。
そんなわけで、今日の鳥はカオジロガビチョウ。
ガビチョウは最近結構広い範囲にまで生息域を広げて
いろいろ問題視されているようですが、
このカオジロガビチョウはまだ群馬県や埼玉北部の一部くらいで
あまり知られていないようです。
声はガビチョウより少し優しそうでやはり結構綺麗な声で鳴きます。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

今期2度目のルリビタキ♂

今夜はクリスマスイブですね。
我が家は小さい子供がいないのでほとんどいつもと変わりなしです。
一応,小さなケーキとフライドチキンだけは用意しましたけど。。
 
せっかくのクリスマスイブ、どうせなら綺麗な子に登場してもらいたいものですね。
それで今日は、ルリビタキの♂。この子のブルーはやっぱりいつ見ても綺麗で
会えるだけでもうれしくなる存在ですね。
冬鳥少ないといわれるなかで、2度目の対面はかなり良いほうかも。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

ベニマシコ メス。

昨日の♂もあまり色が濃い赤ではなかったけど
一応今期初撮りだったので、それはそれとして。。
今日の子はメスだと思うのだけど、もしかしてオスの若かな?
と思う個体もいたのですが、一応メスという事で♂♀Get
こちらも♂同様ピン甘ですが。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
背景がうるさすぎてどこにいるのか判りにくい
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ようやくベニマシコ。

あちこち見てまわっていてもなかなか出会えなかったベニマシコに
ようやく逢うことが出来ました。
今期は冬鳥の飛来が少なくて、いつもの場所では見つからず
ちょっと遠出のお隣群馬県のフィールドまで行っての撮影です。
イチゴミルク色もあまり鮮やかではなく、ピン甘な画像ばかりですが
今期初撮りということで。
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ニュウナイスズメ。メス

ニュウナイスズメ、♂は普通のスズメより明るい茶色で
ほっぺの黒丸がないのですっきり見えますね。
メスは全体にグレーっぽい色合いで、
オスと一緒にいないと、別の鳥かと思ってしまいそう。。
白い眉斑がくっきり目立ちます。
今日はそのニュウナイスズメのメスです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ニュウナイスズメも戻ってた。

初夏には奥日光などの高地で見かけるニュウナイスズメが
冬は平地に降りてきます。毎年柳の芽が芽吹く頃に撮っていたのですが
今期は、来てるのなら、早めに撮っておこうと出かけて見ました。
数羽の群れで川岸の草むらに降りたり、柳の枝に止まったり。
今日は♂のニュウナイスズメをUP。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 4

木の上のノスリ。

週末は用事が多くて、昨日は更新できませんでした。
今日も午後から出かけるので今のうちにUPしておきましょう。
コチョウゲンの次なので猛禽つながりで、今日はノスリ。
最近よく田んぼなどで見かけますが、このときは珍しく木の天辺。
ふわりと降り立って、周辺をゆっくり見渡す姿が見られました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
猛禽つながりといえるかナ?
一応小さな猛禽といわれるモズ
イメージ 3

初見初撮りのコチョウゲンボウ

犬も歩けば何とやら。。
で!かすみも車で走ればコチョウゲンにあたっちゃいました。
いつもは左に曲がるのにその少し先の田んぼに
チョウゲンボウらしい鳥が降りているのを見つけそのまま田んぼの間の砂利道を直進。
一回シャッター押しては車をちょっと前進。。を何度か繰り返して
数ショット撮ったところで、カラスがモビングにやってきて飛び立ってしまいました。
チョウゲンボウかと思った猛禽はなんと初見、初撮りのコチョウゲンボウ。
飛び立つ瞬間や飛翔は私の腕と機材では難しすぎて×
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

ふっくらジョビ君

今期は冬鳥の飛来が少ないという話をよく耳にしますが
定番のジョビさえまだ時々しか出会えない状況です。
ここ数日は寒さと共にだいぶ増えた印象はありますが、
まだ例年並とはいかないようですね。
水場にジョウビタキがやってきました。
水面に垂れ下がった小枝はいろいろな鳥の人気の場所
ふっくら丸まったジョビ君がとっても可愛く見えました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
 
 

小さなキツツキ(コゲラ)

河畔林にはアカゲラのような大きなキツツキばかりでなく
身近な場所でも見かけることの多いコゲラもたくさん居ます。
この日は、シジュウカラやメジロ、エナガなどの混群と一緒に
元気に木々の間を飛び回っていました。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

アカゲラ久しぶり。

河畔林を歩いていたら、久しぶりのアカゲラを見つけました。
少し先の木に止まりましたが、どんどん上に移動。
光の具合で真っ黒のシルエットだったり
細かい枝被りだったり、幹の向こう側に回っちゃったり
と!言い訳しつつの今日のアカゲラです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3

冬鳥増えましたね。

昨日に続いて今季初見の冬の常連さん2種。
ようやくこの子達も姿を現してくれました。
これでほぼ今期の鳥さんたち出揃った感じで一安心。
まずは、ブログ仲間さんのところで見て羨ましく思ってたシロハラ。
薄暗い水場で同じようなシーンばかりなのでやっと1枚だけ
でも今期初撮りなのでご報告まで。。
 
イメージ 1
 
こちらも同じようなポーズしか撮れなかったけど
一応今季初撮りのシメ。
イメージ 2
 
 
イメージ 3

やっと到着の冬鳥2種。

いつもの年ならもうたくさん着ていて、今頃の時期には
姿を見ても素通りしてしまうような冬鳥が
ようやく少しずつ見られるようになりカメラを向けました。
今期はツグミさえまともに見ていないという声の多いツグミ。。
河畔林を歩くと、例年いやというほど聞こえる声も今期は姿もまばらです。
しかも到着したばかりなのか警戒心が強く、少し歩くとどんどん先に飛び去ってしまい
ツグミさえまともに撮れない状況って
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
カシラダカもツグミと同じような状況で今季初撮り
イメージ 3
 

今期初、ルリビタキ。

昨日は東京でも初雪が観測されたようですね。
熊谷も降ったようですが、私は気づきませんでした。
でもいつも見える浅間山はすっかり雪化粧した冬らしい景色に変身。
いよいよ冬本番ですね。
そして、周辺の林にも冬の気配が広がり鳥の声も賑やかになりました。
今日はそんな冬鳥の代表のような、ルリビタキに会えました。
今期初ルリビタキ。綺麗なブルーの♂との嬉しい出会いです。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 

庭にオオタカ。

どんよりと曇って今にも雨が降り出しそう。
お昼食べて、のんびりテレビ見てたら、窓際をちょっと大きな鳥が横切り
庭のプラムの木にふわりと止まりました。
ヒヨドリにしては大きかったし。。鳩よりスピード感あったな~!!
と思いそっと覗いてみると、オオタカ~!!
でも、ペアガラスの窓に網戸越しでボケボケ。。
でも我が家の庭にやってきたという大ニュースなので。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2

秋色カワセミ

私が子供の頃は、紅葉といったら秋、10月末から11月頃と思っていたのが
最近では関東の平地では12月にならないと綺麗な色が見られません
やっぱり地球全体が温暖化してる影響なんでしょうか
そんなわけで、本来なら師走、冬のイメージなのに今頃紅葉がらみ
紅葉背景の秋色のカワセミです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 4
 
 
逆光のカワセミ
イメージ 2
 
 
イメージ 3

チョウゲンボウもやってくる畑。

タゲリやケリの居る畑には時々猛禽がやってきます。
チョウゲンボウだったり、鳶だったり、ノスリだったり。。
そのたびに、タゲリの群れは一斉に飛び立って上空をぐるりと回り
また元の場所の周辺に降り立ちます。
この時はチョウゲンボウが近くの電線にきたあと、地面に降りました。
一瞬飛び立ったタゲリは、でもまた元の場所に降り、平然と餌探ししたり
あまり緊迫感はなさそうでしたが、チョウゲンボウにはタゲリは大きすぎるのかな。。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 

タゲリもたくさんいます。

ケリが1羽だけ混ざってるタゲリの群れに今日も会いに行ってきました。
風が強くなってきたので、畑の畝の影でじっと蹲っている群れが
突然飛び立ちました。時々猛禽が近づいたり、軽トラックが通ったりで
群れも落ちつかないようすです。
でも車を脇に止めじっとしてると、だんだん近づいてきて来るので
車の窓からなら、かなり近くから撮ることが出来ました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
飛び立ったタゲリの群れ
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

ケリが1羽だけ。

鳥の飛来には地域差がありますね。
こちらではタゲリはたくさん見られるのですが
ケリはなかなか観られません。
そのケリが、タゲリの群れに1羽だけ混ざって行動しています。
タゲリより足が長くちょっとだけ大きく感じます。
神奈川や静岡方面ではたくさん見られるようで、昨日のユリカモメのように
特に珍しくもなく、カメラも向けない地域の方も多いらしいですが
私にとっては珍鳥の部類。。いっぱいシャッター押しちゃいました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

沼のユリカモメ

せっかくの週末なのに朝から雨でガッカリされた方多かったでしょうね。
明日は晴れの予報なので明日に期待ですね。
先日からのクロツラヘラサギ撮影の続きで、 
ヘラサギ以外こんな鳥さんも見られました。
熊谷は内陸なので、めったに見られないユリカモメ。
都内、不忍池や皇居のお堀などでも見られますが
やっぱり内陸では見られないのでカメラ向けちゃいました。
すっかり冬羽で、すっきり綺麗ですね。
 
海近くに住んでる方には珍しくもないでしょうけどユリカモメ。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
そしてやっぱりクロツラヘラサギも(いっぱい撮ったもので
横から見るとこんな感じ。
イメージ 4
 
正面から見ると、靴べらみたい
イメージ 5
 

クロツラヘラサギツーショット。

せっかくの貴重な鳥を見ることが出来たのでたくさんシャッター押しました。
今日もクロツラヘラサギですが、他の鳥とのツーショットシーンを。
ダイサギ、アオサギ、コガモなど、沼にいる鳥達と一緒のシーンです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4

今日から再開いたします。

ついにカレンダーも最後の1枚。。あっという間の師走突入です。
先月は、忙しくてブログお休みしておりましたが
ようやく一段落し、またブログ再開させていただきます。
留守中にも、覗きに来て下さり、コメントまでしていただいたり
いつも有難く感謝しております。
拙いブログですが、またお付き合いくださいますようよろしくお願いいたします。
 
ということで、復帰第一弾は、昨日ちょい遠征の成果のクロツラヘラサギ
生息数が少ない貴重種との事で、埼玉に飛来はとても珍しいらしく
新聞にまで載ってしまったため、カメラマンさんが200人近く。。
初めはかなり遠くて、小さくしか撮れませんでしたが、徐々に近づいてくれて
それでも、まだ遠い!! なので、トリミングあり画像ですが。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5