FC2ブログ

マヒワ、再び。

今期は多いという声を聞くマヒワに、またあってきました。
数羽の群でサーッと目の前の木に降りて、暫くすると
また次々飛び去っていきました。
この鳥の黄色は、柔らかな色合いで綺麗ですね。
 

 
 

 
 

 
 

スポンサーサイト



シギチは苦手。

何度みてもこの子は?って聞いてしまうほど苦手なシギチ。
ヨーロッパトウネン?それともオジロトウネン?
近くで撮っている人がオジロトウネンだって言ってましたが
泥の中で一心に餌を探すこの子はいったい誰??
 
おもさんに同定して頂きました。
この子はオジロトウネンということです。ありがとうございました。
 
 

 
 

 
 

 
 

ノスリ、2箇所で。

そろそろベニマシコでも、、と川原に行ってみましたがまったく声もなし。
まだセイタカアワダチソウの花が黄色いうちは無理でしょうね。
そんな時に遠くの黄色く色づいた木に止まったノスリ発見。
背景の色に引っ張られて、MFではまったくピンが合わずボケ画像ばかり。
車から降りて1ショットと思ったとたんに飛ばれちゃいました。
 

 
 

 
こちらは空抜けの電柱どまり

 
やっぱり1ショットで飛ばれました

ヨシガモも換羽完了。

カモの頭の緑色のメタリックな輝きはとても綺麗ですね。
昨日のホオジロガモの深い緑のオムスビ型の頭も個性的ですが
このヨシガモのメタリックなナポレオンハットもまた個性的です。
マガモのオスもまた綺麗な緑色ですが、それぞれ微妙に違った色合いです。
少し前までまだエクリプスで、綺麗なナポレオンハットとはいえなかったヨシガモも
今日行ってみたらすっかり綺麗に換羽してメタリックグリーンの輝く姿になっていました。
 
後ろのコガモのオスもしっかり冬羽。

 
メスと一緒ですがメスはかなりシックですね。

 
 

 
 
マガモのオスの緑と比べると色合いかなり違うのですね

 
 
こちらはオカヨシガモのペア
オカとつくだけで、かなり地味目。でもこの品のよさが好きという人も多いんですよね。

ホオジロガモがやって来た。

毎年、この時期になるとコハクチョウの飛来する荒川に
ホオジロガモもやってきます。
今期も20羽くらいの一団がやってきていました。
いつも流れの中ほどで岸近くには来てくれないので、かなり遠い。
潜水型のカモなので、ピョコンと潜ってしまい撮るタイミングが難しいです。
白い丸いホッペのオス。被り物をしてるみたいなメスも可愛らしくちょっとユーモラスなカモですね。
 

 
 

 
 

 
水面を蹴るように走って飛び立ちます。

 
 

秋色背景でヤマガラ

すっかり木々の紅葉が進んで、いい色になってきました。
先日は、あまり綺麗とはいえない水場のヤマガラでしたが
今日は秋色に染まった背景のヤマガラを撮ることができました。
木の実を銜えたり、足で押さえてコンコンと突く姿は可愛らしいですね。
 

 
 

 
 

水場のカワセミ

カワセミもやってくる水場ですが、他の鳥たちと同じく
細かい枝の多い場所に止まるので、背景がスッキリしません。
こんな濁った水の中でも小魚はいるようです。
 

 
 

水場のメジロ。

水場にやってくる混群の中でも小さなメジロ。
小さな体の割には気が強くて、意外と物怖じしない元気もの。
春のウメジロ、サクラメジロもいいけど
秋なら、柿やモミジがらみで撮りたかった。。
 

 
 

 
 

 
 

水場のヤマガラ

水場には鳥たちが水を飲んだり、水浴びしたりしにやってきます。
それぞれ、鳥の性格が出るのか、見ていると面白いものですね。
エナガは、チョコチョコ動き回って、落ち着きません。
シジュウカラは少しユッタリ。一番のんびり屋はヤマガラかな。
水面に届きそうな枝に止まって、逆さになって水を飲む姿が今年もまた見られました。
でも今期は、細い枝数が多くて枝被りばかり。。
それに水もたまり水なので濁って汚れていて、
こんな水のんでも大丈夫かな?って心配になるくらい。。
 

 
 

 
 

1ショットだけのエナガ。

混群がワ~っとやって来ても、あたふた、キョロキョロ、
慌てふためいて、どの子に合わせたらいいのかわからずにいるうちに
サッと遠ざかってしまって、撮れたのはエナガ1ショットだけ。
いっぱい来てくれるのは嬉しいけど、できれば順番に来て欲しい
 

 
 

 
 
おまけのウグイスも1ショットだけ

小さなキツツキ コゲラ。

先日、アカゲラをUPしましたが、今日はもう少し身近な小さいキツツキのコゲラ。
白黒の縞模様。ギーギーっと鳴きながら幹をくるくる回りながら上に上がって
ヒョイと別の木に飛び移り、またちょこまかと動き回る、可愛い存在です。
紅葉した葉っぱがらみなら季節感も出たのでしょうが。。
 

 
 

 
 

 
 

アトリもやって来た。

小さな小鳥の声が賑やかに聞こえ、混群がやって着ました。
エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、メジロなど
チイチィと賑やかな事。。
あっちにもこっちにも、気が散ってなかなか上手く撮れずにいると
サッと波が引くようにあの賑やかさが遠ざかり、ヤレヤレと一息ついていると
まだ何か残っている子が。。
今期初見のアトリです。枝の向こう側、思いっきり枝かぶりだけど
アトリ一応今期も撮れました。
 

 
 

 
 

今期は当たり年?マヒワ。

鳥の飛来はその年によって、色々ですね。
今期は、あちこちからマヒワの数が多いという声を聞きます。
それならこちらでも期待できるかな?と待っていたら
期待どおり、20羽くらいの群が上空を旋回した後、近くの木に降りてきました。
曇り空で光が入らず、マヒワの綺麗な黄色が出ません。
何とかリベンジをと思い、今日は朝からいいお天気なので出かけていったら
何とか撮る事ができました。
でも、込み入った枝の中、枝被りばかりで、スッキリと撮るのは難しい。
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

アカゲラ久しぶり。

もう少し葉が落ちれば見やすくなるのですが。。
キョ!キョ!という声に見上げると、高い木でコツコツ。。
久しぶりに見るアカゲラです。
どんどん上に上がってしまったり、反対側に回ってしまったり。
上を見続けて首が痛くなりました
 

 
 

 
 

 
 

カモのいた川。

近所の川にはたくさんのカモがやってきます。
猛禽のオオタかもそのカモを狙ってやってきます。
そして、11月15日になると、狩猟解禁。
カモを狙ってハンターがやってきます。
 
数日前の川の様子。
流れが穏やかなのでカモはゆったり寛いでいます。

 
 
夕焼けに染まる川面にシルエットのカモ

 
そのカモを狙うオオタカ。
この後、飛び出しましたが、狩りは失敗。

 
 
 川面に突き出した木の枝に止まって下のカモの群を狙います。

 
ようやく獲物Get。足元にしっかり押さえています。
この後、獲物を足で掴んで飛び去りました。

 
カモは解禁日の15日は1日中銃声が聞こえていたので
飛び立ってもまた戻っていたようですが
2日目の今日はさすがに朝のうち1~2回銃声がしただけで
カモもいなくなったのか、ハンターも帰ったようです。
 
オオタかもカモがいなくなってしまったので、狩りの場所を変更しなくてはいけませんね。
こんなシーンは、狩猟期の終わる2月15日以後まで見られなくなります。

水場のカケス。

冬になり、木の葉が落ちると鳥達も見やすくなります。
まだ今の時期は、少し色づき始めたものの、葉が残ってるので、
水場もうっそうと薄暗く、枝かぶりばかりで今期はちょっと見るのも厳しい感じです。
それでも、待ってる間に、賑やかな小鳥の声が聞こえ
定番の、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、シロハラなどが次々やってきます。
待ってれば来てくれる楽ちん鳥撮り。。
カケスが、ヒョイと降りてきて水を飲み、またヒョイと飛び去っていきました。
水場では、鳥もリラックスしてるのかも。。
 

 
 

 
 

 
 

シメも今なら。。

冬鳥の顔ぶれが一通りそろってきました。
今日も、今ならシリーズの続きのシメ。
ちょっと強面、ガッシリした丈夫そうな嘴にちょっと目つき悪そうな鳥さんですが
この子も、冬の落ち葉の積もる歩道などで、木の実や草の実を啄ばむ姿を
これから見かける機会が増えてきますね。
 

 
 

 
こちらは、昨日掲載のシロハラとツーショット。

シロハラも今なら。。

今期もやってきた、定番の冬鳥達。
またまた今ならシリーズの鳥のシロハラ
この種の鳥たちは、早くUPしないと新鮮味がなくなります。
それで急いで登場のシロハラ。。。
アカハラやマミチャ、トラだったら、、なんて贅沢いえません
 

 
 

 
 

 
 

猛禽3種。

川に鴨が増えてくると、猛禽類の姿を見かける機会も多くなります。
川の鴨を狙うオオタカ、土手の草も刈られ見やすくなったのか
チョウゲンボウやハヤブサもやってきます。
初冬から冬の河川敷や農耕地は猛禽の狩場です。
昨日は近くの川を1時間ほど歩くうち、3種の猛禽に出会えました。
 
チョウゲンボウ 

 
 

 
 オオタカ

 
 

 
ハヤブサと判るよう、トリミングしたので
画像荒れてますが(^_^;)

 
 

 
おまけのシルエットの猛禽はこの3種のどれでしょうか?

 
 徒歩散歩中、高倍率デジカメFZ10 手持ちでの撮影です。

タゲリお天気の日にリベンジ。

先日、今季初撮りという事で掲載したタゲリ。。
陽のあたり具合や撮る場所の都合で満足とは言えず。
それでも今季初に甘えて出してしまいました。
もっと綺麗な鳥なんだよ。。羽の色はもっと綺麗なんだよ。。
という思いから、リベンジに行ってきました。
今度は、同じく畑ですが、背景に少し緑が入ったし、順光側から撮れたので
何とかリベンジと言ってもいいかな。。
 

 
 

 
 

 
 

 
ツグミとツーショット。

アオジも今なら。。

昨日に続いて今ならシリーズみたいになっちゃいましたが。。
昨日の公園で出会えたアオジ。。。
この子も、鶫と同じく今なら撮る気にさせてくれます。
そのうち、公園の遊歩道の足元近くを歩いていてもまったく逃げないくらい
警戒心も薄く、また注目もされなくなっちゃいますけど。。
今なら今期の初撮りなのでいっぱいシャッター押してきましたよ。
 

 
 

 
 

 
 

ツグミも今なら。。

冬鳥の種類が増えました。
いつもやってくる常連さんたちの顔ぶれもほぼ出揃ってきたようです。
それでも、まだシメやツグミは声はすれども、なかなかいい感じの場所に出てくれず。。
といいつつ、近場を一回りしたら、畑や公園の木にいる鶫を見つけました。
ツグミも今なら充分被写体です。
あと数日もすれば見向きもされなくなるんですけど
 

 
 

 
 

藍染工房訪問。

今日は、叔母の知り合いの藍染工房のイベントがあるということで行ってきました。
チャンスなので、あちこち見せて頂きました。
この工房は、埼玉県の無形文化財にも指定されているかなり有名所。
天保7年埼玉県羽生市に設立以来160年の伝統ある技術を受け継ぐ
4代目当主中島安夫氏は80歳を超えてもなお精力的に活動を続け
米国カリフォルニア芸術工芸大学の客員教授として、年2~3ヶ月は
アメリカに滞在し、活動されているそうです。
 

     
 
資料館は入場無料で見学できます。

   
 
昔は左のような大きな瓶に染料を入れていました。今は右のような形になっています。

   
これが藍染に使われる植物のアイ。              展示館の中の昔の機織機など

   
 
作品が展示されてます。  庭ではイベントで和太鼓の演奏や柳家一門による落語会など盛りだくさん

   
 
体験学習なども事前に申し込んでおけばできるそうです。
生徒さんたちの作品の即売会やバザー。。
具沢山の美味しい豚汁とつきたてのからみ餅は無料のサービス。
目もお腹もいっぱいの楽しい1日でした。
 
 

ジョウビタキ♂

昨日の可愛いプックリジョビ子ちゃんと比べると、
あんまり可愛く撮れなかったジョビオ君。
メスと同じくこの子も人工物止まり
 

 
 

kこちらは少しづつ色づいたサクラの枝に止まったり
ススキ背景に止まったりしてくれたので、
少しだけ季節感が出たでしょうか。。
 

 
 

ジョウビタキ♀。

ここ数日で、ジョウビタキの見られる場所もめっきり増えたようです。
いつも同じ場所にやってくるジョビ子ちゃん。
今年も定位置の看板で到着報告のようにポーズとってくれました。
もうちょっと綺麗な看板ならいいのですが、
でもここが彼女のお気に入りなので仕方ないですね。
 

 
 

 
 

 
 

 
 

畑のタゲリ

また今年もタゲリの季節がやってきました。
田圃に居るケリでタゲリというのかな~??と思ったら
こちらでは毎年畑にやってくるんですよ。
ノビタキもネギ畑だったけど、このタゲリもネギ畑。。
こちらはネギを堀り取った後の、柔らかな土の中のミミズなどが狙いのようです。
まだ若い固体が多く、羽色のメタリックな感じが鮮やかではない個体が多く、
光の具合も上手くいかなくて、目が出なくて残念でしたが、
今季初撮りという事で。。
 

 
 

 
 

 
羽伸ばしなどしてリラックスモード

 

 
こんな風に寛いでいます。
ここには9羽写ってますが、全部で20羽ほどの群でした。

 
 
 

公園のキセキレイ

カワセミを撮った日、沼の葦や水草が刈られ綺麗に見通しのよくなった場所で
キセキレイが飛び回り、餌を探していました。
夏の間、渓流などにいたキセキレイも平地に降りてきたようです。
胸の鮮やかな黄色が綺麗になっています。
 

 
 

 
 

 
 

地区文化祭出品。

今日は11月3日、文化の日で祝日。お休みの方も多いでしょうね。
私は、先月30日から今日3日まで地区の文化祭です。
私達の教室のある公民館の定期利用団体や個人参加の方々の作品が展示されます。
昨日は午後から、ブログ仲間でもあるクロネコさんとお当番。
今日は最終日で作品の引き取り。ようやく終わりホッと一息です。
 
 
パッチワークキルトの作品。
15名30点の作品展示です。

 

 
 

 
これは私の今回の出品作品。
絹の着物地のはぎれを集めて4月に誕生した孫娘のためのお昼寝掛け布団。
 

 
ベージュ系の麻の混じった木綿のバッグ。

いつものカワセミ

急に寒さも増して、冬鳥の飛来が期待されるようになり、
近所の公園に行ってみました。
シメの声が高い梢でしていたけど、声のみで姿は見えず、
ツグミも一瞬だけ見えたのですが撮る事はできませんでした。
それでも、確実に、冬の鳥たちがきてる様子を知る事ができ嬉しくなります。
 
結局撮れたのは、変わり栄えのしないいつものカワセミ。
背景に紅葉でも入れば季節感も盛り込めるのですが
いつも同じ常緑樹では、いつ撮っても同じシーンばかりです。
 

 
 

 
 

  

 
 
 

近所のカモ。

ようやく、青空が広がり太陽が顔を出しました。
近くの川は、連日の雨で水量も多く濁った水が流れています。
それでも、また新顔のカモさん一団がやって着ました。
今日は、ホシハジロの団体さん。
すでに、換羽も進み綺麗な冬羽になっている固体が多いですね。
 

 
 
 

 
ハシビロガモさんも、換羽が進んできました。

 
 

 
こちらはハシビロガモの♀