FC2ブログ

いつものセッカ

昨日はお友達が来て、久しぶりのおしゃべりを楽しみました。
今日は、朝から、姉の菜園の一角を借りて育てたジャガイモの収穫。。
今年は、植える時期が少し遅れたため、育ちは今ひとつかと思ったら
以外に大きなのが採れて満足~♪
                        
 
午後からは
 という訳で、先日ヒバリを撮った時の撮り置きから
いつも川原で元気なセッカさん。
 

 
決して腹黒い訳じゃないんだけど
口の中は真っ黒

 
 

スポンサーサイト



ツミの♀

毎年ツミの営巣が見られる場所が何箇所かあるのですが
昨日のオナガを写した場所では、今年は営巣してくれませんでした。
でも、やっぱりツミに逢いた~い
と思って、別のポイントへ。。。
いてくれましたよ~
ツミ♀、小さいけど鷹らしいカッコ良さ感じますよね。
 

 
 

 
 

 
 

公園のオナガ。

毎年、この時期になるとツミの巣立ちが見られた公園に
今年は、ツミが来てくれません。
巣を作っていた、木の枝が切られて、昨年の巣も落ちてしまったので
諦めてしまったのでしょうか。。とっても残念
 
それでも、ツミの営巣場所には付もののオナガは変らずいてくれてます。
キレイな姿に似合わぬ濁声はやはりカラスの仲間らしい特徴ですね。

 
黒い頭の鳥は目が出ない

 
 

 
芝生を闊歩。

 
 
餌の虫をパクリ!

 
 

青葉の季節のアオバズク。

今日は朝のうち曇ってたので迷ってたのですが
思い切って出かけたら、晴れてきて、しっかり暑くなってしまいました。
それでも木々の下はうっそうとして、薄暗く、その中に佇むアオバズクは枝かぶりだったり。。
位置を変えて、被りのない場所を選んで撮る事ができました。
幸い今回は意外と下のほうに止まってくれたので、
大きくしっかり見ることができました。
雛はまだ洞の中。。これから巣立ちが楽しみです。    
 

 
 

 
 

 
 

 
 

草はらのヒバリ。

梅雨、真っ只中。
その割には、暑い。。雨もシトシト雨じゃなくて、スコールみたい。
雨の合間の晴れ間には、近場を一回りしてみるのですが
被写体がいない~
草地にヒバリが見えました。
ミドリの草地ならヒバリだって立派な被写体。。。かも
 
 

 
 

 
 

 
 
正面から見ると変な顔

今日のカワ若ちゃん。

カワセミの若ちゃん。
初めは数羽一緒に行動してたのが、
だんだん日が経つにつれ一人行動が目立つようになります。
ちょっとずつ逞しさも増してきてるようですね
 

 

 
羽伸ばしだってほら!
一人前でしょう 

 
 

遠くて小さいチョウゲンボウ。

チョウゲンボウは猛禽類の中でも、ハヤブサの仲間に分類されます。
ちょっと小型の猛禽ですが、以外に気の強い所があり、
カラスにも猛烈に反撃したりする姿を見かけます。
それが子育ての時期ともなるとなおさら。。
今はやはり子育て真っ最中のようで、せっせと餌運び中。
 
河の橋梁に止まって様子を窺っていますが、足元にはしっかり獲物が。。
 

 
キョロキョロと様子を窺っています。

 
あまりにも遠くて小さいので大きくトリミングしてみます。
画面が嵐のように大荒れですがお許しのほど

まだいるの?キンクロハジロ

昨年もこの時期に帰らないキンクロちゃんがいたのですが、
また今年も♂♀1羽ずつのキンクロハジロが近くの川で過ごしています。
最近、夏になっても居座る鳥が増えているのか時々こういう子を見かけますね。
でも日本一暑いことで知られる熊谷の夏をここで過ごして大丈夫なのかなぁ
 
当人達はいたってのんびり。。羽繕いなどして優雅に過ごしてるようです。
 

 

 
 

 
 

 
 

 

 
 
 
 
  鳥のGIFアニメはケンゾウファクトリー様のサイトより
フリー素材をお借りいたしました。
 
 

わが家のランの花

たまには花もUPしなくちゃ。。
と思いつつ、撮影だけはしているのですがなかなか出さずにいたので
久しぶりに今年咲いたランを
今年はガラスフレームのヒーターが故障してかなりの数が傷んでしまったのが残念
 
 
パフィオペディルム(ヤチヨベビー)   シンビジューム(エイコウ)

  
 
 
 
カトレア(ルンディ)

   
 
 
セロジネ(インターメディア)

   
 
カトレア(ワルケりアナインターアルバ)    デンドロ(アカズキン)

   
シンビジューム       紫ラン

   
 
 
 

子だくさんのカルガモ一家

昨日はカワセミの親子でした。
今日はカルガモの一家。
この時期は巣立った可愛らしい雛達を見られるチャンスですね。
お母さんガモに見守られ、後をついて泳ぐ雛たちは11羽 
可愛らしい姿が、この後も減る事無く大きく育って欲しいものですね。




 

 
 

 
 

 

 
 

 
 
 

カワセミ若ちゃん登場

そろそろかな~?と思いながら何度か出かけていましたが
ついにオチビちゃん登場です。
今日見られたカワセミは全部で5羽。親鳥と体の黒い子達3羽です。
でも一箇所に固まっていてくれないので、全部一画面には入りません。
 
体が黒っぽいチビちゃん。

 
 
 

 
 
真ん中がカワセミパパ。
両脇のチビちゃんが盛んに餌をねだります。

 
 
ほら、美味しいお魚
だよ~!
早くおいで~

 
わ~っ!大きなお魚。。
早くちょうだい!ちょうだい!

今日もカワセミ

そろそろ梅雨入りのようですね。
今日は曇り。。湿った風が吹いて午後からは予報では雨。
遠出ばかりしていられない時はありがたいいつものカワセミ。
同じ場所で同じようなポーズばかりです。
 

 
 

 
 

 
 
上の方が気になるのか、背伸びしてます。

電線止まりのキセキレイ。

またまた残念な画像で申し訳ありません
昨日のサンコウチョウ待ちの間、近くに来てくれたキセキレイ
でも空抜けの電線止まり。
胸の黄色がキレイだっただけに残念で。。
なかなかいい所にきてくれません。

 
嘴に何か銜えてます。もしかして子育て中

 
 

 
 

 
こちらは 喉元が黒くて黄色と黒がクッキリしてますね。

 
 

残念なサンコウチョウ。

毎年来てくれるだけでも嬉しいサンコウチョウなんですけど
ちゃんとキレイに撮らせてもらえたらもっと嬉しいのに
なんどチャレンジしても残念な結果ばかり。。

薄暗い杉林、しかも今年の子はシャイなのかとっても無口で
急に一声二声鳴いたかと思うとヒラリと姿見せて
あっという間に飛び去ってしまい。。
と言い訳ばかりの残念な結果です。
 
尾羽が短い

 
 

 
こちらは♂長い尾羽がヒラヒラ。。キレイです。

 
完全に顔が隠れて尾羽しか見えません

高原ならモズだって。

高原で見ると、モズだって、カッコよく見えちゃうから不思議。
身近な存在なので、見つけてもそれほど注目はされないけど
一応飛ぶものは何でもシャッター押しておきます。
 

 
ヤマガラさんは水浴び中。

 
 

高原のカッコウ~♪

高原で聞くカッコー!カッコー!の声は爽やかでいいですね。
静かな湖畔の森の影から~ 
 って思わず歌いだしたくなります。
トケン類は見分けが難しいけど、これくらい鳴いてくれたら間違いなし
 

 
ほとんど同じポーズだけど、顔の向きが微妙に違うので 

 
空抜け~
でも喉を膨らませ懸命に鳴いてるんです。

 
 

 
ちょっと一休み。

高原のホオアカ

ノビタキと同じくらい、ここではポピュラーな鳥といったらホオアカ
ワタスゲの草原の少し伸びた低木に止まったり草むらに下りたり。
急な雨に見舞われた時で2ショットだけしか撮れませんでした。
 

 
 

高原の定番、ノビタキ。

この時期の高原といったらノビタキは外せませんね。
平野を通過する時にしか地元では会えませんが
高原では、しっかり夏羽の黒頭巾ちゃん。
胸のオレンジが残念ながら写ってない~
 

 
 

 
 

 
 

 
この子はノビタキ♀。
カラマツの緑が瑞々しいですね。

高原の賢者(フクロウ)

 さて!ここで問題です
後姿の私は誰でしょう
 
 

 
 
くるりと振り向いたら、もうお判りですね。
正解はフクロウです
 
フクロウというと、森の賢者とか、知恵や学問の守り神などと呼ばれますよね。
どっしりとした風貌、くるくる回る首。
独特の雰囲気を持った鳥です。
猛禽なので、鋭い爪や嘴を持っていますが、獰猛なイメージはあまり感じません。
 

 
右を向いたり左を向いたり、何度か地面に降りたり、
かなり遠かったけど、素敵な姿を見せてくれました。

 
 

 
 

 
 
奥日光、戦場ヶ原に今年も遠征してきました。
突然の雨
に、早めに退散してしまったのですが、駐車場に戻ったら雨は止み晴れ間

が。
家に帰ったら熊谷は晴れ
お天気が変りやすいですね。
草原はまだ緑もあまり濃くなくて、ズミの花もまだ咲いていません。
でも初夏の高原は清々しくて気持ちがいいですよ。 
 
 
 

いつものカワセミ。

いつもの公園はこの時期、ガビチョウの声が響くくらい。
カワセミの様子を見に行ったのですが、まだ雛は見られません。
それどころか、よく見たら嘴に土汚れが。。
という事はまだ巣作り中で土を掘ってる最中なのかしら?
この♂のカワセミ君、まだまだ頑張ってる最中のようです。

 
 

 
お腹がすいては巣作りもはかどりません。
ちょっと腹ごしらえして。。カワエビGet

 
 

 
 

公園で、ガビチョウ。

早いものでもう6月。今年も半分過ぎてしまったんですね。
これからの季節は、地元ではなかなか鳥達には会えなくなります。
でも山や森に行っても緑が濃くなって鳥を見つけるのも撮るのも難しくなります。
近くの公園に、そろそろカワセミの巣立ち雛でも。。と思い行ってみたのですが
聞こえるのは賑やかなガビチョウの声ばかり。
篭脱けなので、野鳥ではありませんが、これしか撮れなったので