FC2ブログ

川原のノスリ再び

いつものノスリさん。
今日は電柱ではなくて、岸辺の木に止まったり、土手の標識に止まったり、
やっぱり人工物より自然の木止まりがいいですね。
でもちょっとでも近づくとすぐに飛んでしまって、
また定位置の電柱に戻ってしまいます。









飛んだところを何とか撮ろうとしたのですが、背景の葦と同系色
見事に保護色でどこにいるのか判りますか?(苦笑)
(高倍率デジカメの手持ち)



スポンサーサイト



可愛いヤマガラ

頭上からニイ!ニイ!と甘えるような可愛らしい声が聞こえてくると
思わず立ち止まって、その姿を探してしまいます。
もうエゴの実も熟して落ちてしまったので
今は、何か違う実を突いてるのでしょうね。
両足で器用に実を押さえてコツコツと突く姿はとっても可愛いですね。
いつ見ても表情が可愛らしくて、大好きな鳥さんです。








ビンズイ、再登場。

今期もう2度目の登場のビンズイ。
林に行っても、定番のカシラダカやビンズイにしかあえないので。。
とりあえず目の前にいたらシャッター押す。。
で!ビンズイの画像がたまっていました(苦笑)










秋色に染まったダイサギ。

サギも少なくなりました。
今の時期でも見られるのはコサギ、ダイサギ、アオサギくらい。
このダイサギは、水に紅葉が映り込んだので、華やかになりました。
撮る場所によってはシンプルに水の色だったり、
紅葉に助けられたダイサギさんの撮影でした。








林のカシラダカ

いいお天気になりました。
外を歩いていると、暑いくらい。
11月も後半だというのにちょっと暖かすぎるくらい。
そのせいか、冬鳥があんまり増えないような。。
それとも、こっちがちょっと焦りすぎてるのかな~。
葉の落ちた林の中で目立つのはカシラダカくらい。。
早く綺麗な青い子や赤い子にいっぱい逢いたいのにねぇ










メジロと山茶花

公園の山茶花の花が綺麗に咲いています。
近づくと、チィ!チィ!と可愛らしい声が聞こえ
山茶花の枝の中からメジロが顔を出しました。。
でも花被り、枝被り。。
何度シャッター押しても尾羽だけとか羽一部だけとかばかり。。
ようやく一瞬外にでて一番上の枝に止まり、隣のハゼの木に飛び移ってしまいました。

珍しく縦構図。。と言いたい所ですが、左が大きく開いて右に片寄ってしまったので
トリミングでごまかして(苦笑)


こちらは何とか真ん中に納まってくれました。




黄葉と冬桜

今日は穏やかに晴れました。
買い物がてら、公園を一回り。
この公園には冬桜の花が10月頃から春まで長い事咲いて楽しませてくれます。
ちょうど今の時期は、イチョウの葉が黄色くなり、
隣りあわせで桜と黄葉を楽しむ事ができるお得ポイントになっています。
紅葉や、他の木々もいい色になって、初冬の公園は気持ちいいですね。





近所のジョウビタキ

渡ってきたばかりの頃は、警戒心も強く、縄張り争いで追いかけっこをしていたジョビ君、
すっかり落ち着いたようで、どっしり落ち着いた様子を見られるようになりました。
これからは、身近な場所で見られるので、あまり熱心にはカメラ向けなくなってしまいそうですが。








ジョビ子ちゃんも可愛らしい姿を見せてくれました。
見返りジョビ子もお馴染みですね。





チョットコイ~!と呼ばれて。。コジュケイ

低山や林を歩いていると、突然大きな声が響き渡り驚かされます。
「チョットコイ~!チョットコイ~!」っと呼ばれて
声のほうに近づくと、ガサがサっと藪の中に消えてしまい
なかなか姿を現してくれません。
このコジュケイは、2羽。。ここには写っていませんが、
さかんに何かを啄ばんでいました。
枯れ草や落ち葉の中にいると見事な保護色なんですね。








ミヤマガラスがいっぱい。

カラスなんていつでも身近にイヤというほどいるし、カメラなんて向けないんですが。
このカラスは別。。
ミヤマガラスとコクマルカラスを撮りに先日出かけてきました。
狙いはコクマルの白色タイプ。。
たくさんの群は見られたのですが、別名パンダガラスと言われる
コクマルカラスの白色タイプは見つけられません。
ミヤマガラスより一回り小さいのを、懸命に探しましたが
この群の中から見つけるのは難しくて。。

民家の柿の木に群がってる中に、羽の中に白が入ってるのがいるので
もしかしたら~!なんて期待してみたのですが。。
実際は、ミヤマとコクマルの違いもこの中では判らず。。。
勉強しなおして出直します~(ーー









川土手のノスリ

昨日のヨシガモを撮った川にはよくノスリが姿を見せます。
この日も、カモを撮ってると、いつの間にか電柱の天辺に止まって
下を見下ろしていました。
その後、近くにいたカワウを威嚇して追っ払って、またもとの電柱に。。
このノスリの縄張りなんでしょうね。










そしておまけのチョウゲンボウ。。
ちょっと遠くでホバしていました。



ナポレオン帽子のヨシガモ。

今年もヨシガモがやって着ました。
15日の鴨猟解禁と共に、近くの川のカモはすっかり姿を消してしまいました。
きっと少し離れた場所に無事移動してくれたと思いたいですね。
この場所は、その下流域にあたる場所で、禁猟区なのでカモも安心していられるので
たくさんの数がのんびり川面に浮かんでいます。
綺麗なメタリックグリーンの頭はナポレオンハットとも呼ばれ親しまれています。
光の当たり具合で色々に変化して見えとても綺麗なカモですね。

コガモも換羽して冬羽です。





前にいるのは♀、地味だけど可愛い。





まだ換羽途中のこんな子も見られました。


紅葉と一緒なら。。カワセミ。

いつものカワセミも、背景が変わるといいですね。
それが季節感のある紅葉なら希望通り。。
ほんとは、もみじの枝に止まって欲しかったのですが
カワセミの都合もあることだし(笑)

ちょっとだけだけど、モミジとカワセミが撮れました。





お馴染みのシジュウカラ

スズメやカラス以外の身近な鳥と言ったらこのシジュウカラの名前が
最初に浮かぶくらい、身近な鳥さんですよね。
その割には見た目の羽色も綺麗だし、鳴き声も可愛いし。。
この時期、草薮のやっかいもの。。コセンダングサの実はあちこちくっつくので
こまりものです。
でもシジュウカラには虫でもいるのか、お気に入りの様子。
突いたりしていました。








久しぶりのビンズイ。

夏の間、姿を見せなかったビンズイも低山の林に戻ってきました。
地面に降りている事が多く、歩いていくと急に近くの枝に飛び移るので
ビンズイの存在に気付く事が多いですね。
ちょっとオリーブグリーンがかった背中の羽色。。
いつも尾羽を動かしてる所など、セキレイの仲間の特徴ですね。





枝の中のベニマシコ。

ベニマシコが来ているということで久しぶりに北本へ。。
いるにはいるのですが、遠くて細かい枝の中。。
約10羽くらいが柳の枝や草薮で採餌中
なかなかスッキリした場所に出てくれないうちに
一斉に飛んでどこかに行ってしまい、暫く待ってももう戻ってくれず、
今回は枝被りの物しか撮れませんでした。

ここのベニマシコ、以前はセイタカアワダチソウの綿毛をパクパク。
近くでじっくり撮らせてもらえたのに、最近は遠くの枝ばかり。。
まだ時期が早いのもあるのですが、今年は近くで撮らせてもらえるよう期待したいです。







川原のホオジロ

川原のススキや草も枯れて、初冬の雰囲気が広がってきました。
そんな川原の草にホオジロが止まっていました。。
ちょっといい雰囲気だったのでパチリ。。









オスとメスと仲良く飛び回ってました。





こちらは優しい表情のホオジロメス。



オオタカ若。狩成功。

土手を歩いていると、岸近くに妙にシロっぽいゴミが散らばってる。。
こんな時はきっとアレ! と思いゆっくり近づくと。。。
やっぱりオオタカの食痕。。
というより、今まさにお食事中。
今回はオオタカの若です。背中も色も全体に茶色っぽいですね。
若の狩は成功率が低いのですが、この若は見事に獲物を仕留めたようで
今まさに、ゆっくり食事中のようです。
でも、私が近づいたため、警戒してじっとこちらを見ています。
体勢は変わらず、私が少しずつ歩いたため位置が少し違っただけで
何枚撮ってもほとんど変わらない画像ばかり。。
夕方でしかもお天気悪いなか。。と言い訳ばかりです。

獲物は特定できませんが、ちょっと刺激的なシーンの苦手な方は
画面クリックして大きな画像にしないようご注意下さい。










アオジも増えました

お天気が悪いですね。
どんより雲っていつ降ってくるかという感じなので、
今日は撮り置きから。。
色々な冬鳥が増えた中で、身近なアオジもぐんと見かける頻度が増えました。
草薮で、公園の植え込みの下で、チッ!チッ!という声と共に姿を現します。
これは♂の成鳥。。頭が暗緑色の濃い色合い。
草の実を啄ばんでいました。










それからこれは以前戸隠で撮った1枚。。
クロジを撮り損ねた後に現れたこの子はアオジだと思って放っておいたのですが
他の方のブログで見せていただいたクロジのメスとよく似ていて。。
未だに判断のつかない1枚です。



里山のカケス。

冬鳥が増えてきました。
低山の山や林にカケスの濁声が聞こえてきます。
ヒラリ!ヒラリ!と木々の間を飛び回り、薄暗い林の中で
ブルーの羽が鮮やかに見えます。
カラスの仲間なので声は決して綺麗とは言い難いけど
物真似上手で、とても頭のいいところはやっぱりカラスの仲間ですね。





頭かくして。。。


ミヤマホオジロ♀

今日は朝から大雨。
雨に煙ってあたりもぼんやり霞んでいます。
こんな日、鳥たちはどうしてるんでしょう。。。

私は鳥見にはいけないので、昨日の続きのミヤマホオジロ。
今日は♀。。色も薄く、黄色と黒のくっきりした特長はありません。
カシラダカと間違ってしまいそうな色合いですが、やっぱり♀は可愛らしいですね。

草と同化してしまいそうな背景で見難い画像になってしまいました。






こちらはメスと思って撮ってたのですがもしかしてオスの若かなぁ?
まだ黒い色がちゃんとついていなく黄色も薄い♂若の可能性アリかも。。
自信ありません~。








ミヤマホオジロ。♂

毎年冬にやってくる鳥たちは色々いますが、
その中でも楽しみなのがミヤマホオジロ。
黄色と黒のコントラストの♂はなかなか個性的で魅力的です。
ブログ仲間さんからもう来ているよ。。との話で
さっそく行って見ました。
まだ数は少ないけれど、地面でさかんに採餌したり、
元気な姿を見ることができました。










冬の定番ジョウビタキ。

立冬もすぎ、暦の上ではもう冬なんだそうです。
そうなると鳥達も本格的な冬鳥の季節。
やはり冬鳥と言うと、この鳥を抜きには語れませんね。
ヒッ!ヒッ!ヒッ!カッ!カッ!っと独特の声が民家近くでも
聞こえてくるようになりました。

いつもの公園の定番の看板の上に今年も陣取ったのはジョビ子ちゃん。
水浴びでもしてきたばかりなのか、胸元が濡れてるように見えました
可愛らしい目元は何度見ても嬉しいものですね。









そしてこちらは、ジョビオ君
未だに縄張りが決まらないのか、オス2羽が追いかけっこをして
飛び回っていました。








1チャンスのみのベニマシコ

昨日、いつも行く公園の近くの草薮で、
フィ!フィ!っという優しげな声が聞こえてきました。
ジョビ??と思って見ると、懐かしいベニマシコ。。
2羽いましたが、慌ててシャッター押したらすぐに飛んでしまい
見逃してしまったのでこの1チャンスのみ。。
それでも今期初物と言う事で、見苦しい画像のほうは御容赦のほど。。





モミジと一緒にアトリ。

いよいよ冬の鳥たちがたくさんやって着ました。
今季初ものが続くのは嬉しい事ですね。
この時期ならではの紅葉がらみならなおさら。。
まだちょっとしか色づいてなくて、緑のほうが多いモミジですが
少しだけ雰囲気を感じられる場所に今季初物のアトリが止まってくれました。
ちょっと優しげな表情のこの子は♀かな。。

昨日、今日は暖かですが、その前に寒い日があったために
慌てて渡ってきたのか、このところ、いろんな子に出会えます。
今日はいつもの近くの公園で早くもベニマシコにもあえました。










河畔林のカシラダカ

河畔林の木々の葉がだいぶ落ちて、見通しがよくなりました。
コハクチョウのいた川原の林に、冬鳥達も色々来ています。
一番聞こえたのはやっぱりヒヨドリの声だけど、
カワラヒワやモズ、ジョウビタキに混ざってイカルの綺麗な声や
アカゲラの声も聞こえてきます。

なかなか姿を見ても撮るには至らず。。
何とか木々の枝被りながら撮れたのはカシラダカ。
これがミヤマホオジロだったらなんて思いながらファインダー覗いていました。












ネギ畑のタゲリ。

今年もタゲリがやって着ました。
ネギ畑に30羽近くがそれぞれのスタイルで寛いでいます。
眠ってるのや、羽繕い、のんびり散歩
近くの道路に車を停めて、窓から撮っているので、まったく警戒心なし。
外にでたら、ちょっと警戒したのか、ミュー、ミューっと優しい声で鳴きながら
少し顔を上げたり、歩き出したり。。

そのうち、大型のトラックが通ったらその轟音と振動に驚いたように
一斉に飛び立ってしまいました。

曇っていたので、メタリックグリーンの輝くような色はでませんでしたが
今年もまたやって来てくれたタゲリ。。今季初撮りできました。





丹念に羽繕い中。


これは車の中から手持ちで。。


川本のコハクチョウ。

毎年この時期になると飛来していたコハクチョウ。
昨年の鳥インフルエンザの影響から、十数年続けていた餌付けを止めてしまったため、
昨年は飛来数がぐっと減って、しかもばらばらに散らばってしまったようです。
そんな事があったので、今年は飛来してくるのか。。
それとも、もうやってこないのか。。気にかかっていたので行ってみました。
一昨年は綺麗に整備され、歩きやすかった通路も岸辺も、
草が伸び、流れのそばまで草が繁って、白鳥の姿は見えません。。
川原に下りて見ると、少し上流の遠くのほうに2羽だけ
間に支流の流れがあるため近くにはいけません。

もう餌をやる人もいないので、やってくる数も年々減っていくのでしょうね。
人間の勝手な都合に翻弄される鳥たちに申し訳ないですね。






近場のオオタカ。

いつものオオタカさん。
最近元気な声がよく聞こえるようになりました。
鴨がたくさんやってきたので、その岸辺の木の枝でじっと狙う姿も
時々見かけるようになりました。
オオタカにとってはご馳走がいっぱい いい狩場なのでしょうね。
鴨にとっては逆にちょっと緊張の一瞬です。


鉄塔の上で




川の岸辺の木に止まって


いつもの定位置の木で。


カイツブリ、お食事中

鴨がかなり増えた川で、カイツブリも水に潜ったり
泳ぎ回ったり、、鴨より小さな体でですが
元気に活動しています。。
チョンと潜ったかと思ったら、何か銜えて水面に出てきました。
カイツブリにはちょっと大きなエビのようなもの。。
ザリガニのちいさいのかカワエビかな~?
ちょっと食べるのに苦労しています。。
何度も潜ったり、首を振ったりして何とか飲み込もうと懸命。
カイツブリもエビも必死です。