FC2ブログ

このシギさんはだ~れ?

お隣群馬県の多々良沼でこんなシギチに出会いました。
遠くのほうの水の引いた砂地で5~6羽
さかんに餌探しをしています。
相変わらずシギチには疎くて、ましてやこの時期冬羽に換羽してるこの子たちが
いったい誰なのかわかりません。
見慣れたハマシギとも違うようだし。。
どなたか教えてください~m(__)m










スポンサーサイト



今期初撮りのシロハラ

冬鳥が次々やって来てくれています。
今季初物といえる鳥たちを順番に撮り進めていけると嬉しいですね。
今日の今季初はシロハラ。。
それもたったこの1枚のみ。。
憎っくきはヒヨドリ。。せっかくの良い場所のシロハラを
あっという間に追っぱらってしまいました。
紅いピラカンサにシロハラなんてめったに撮れる場面ではないだけに
悔しいやら残念やら。。
ピンアマですが初物なので載せちゃいます。




草薮のホオジロ。

アリスイのいた近くの草薮では、ホオジロも元気な姿を見せてくれました。
これから冬枯れの川原などで見かける事が多い鳥ですね。
ホオアカは高原に行かないと逢えないけど、ホオジロはどこでも逢える
身近な鳥なので、逢ってもあまり有り難味がなくてカメラもめったに向けなくて
ホオジロには申し訳ない。
この日は、他に撮るのがなくて。。。









葉隠れの術のアリスイ。

今日は早朝からある鳥にあいに出かけていったのですが。。
それは鳥の事。。こちらの期待通りに待っていてくれるものではありません。
でもそこにいると判っただけで、いつかチャンスがあるかもと期待できて
ちょっと嬉しいでしょう→(かなり前向き)(笑)
で、今日の成果はというと、これも今期初撮りのアリスイ。
今期はかなり早くから来ているという話でしたが、撮れるとは思っていなかったので
これもラッキーな出会いでした。
でも、とってもシャイなアリスイさん。。
葉っぱの陰に隠れて全身を見せてくれません。。チラッとこっちを見るつぶらな瞳が
可愛くて地味だけど好きなんです。
次回はもう少ししっかり撮りたい~。。
ボケ画像だけど笑わないでね。








久しぶりのキセキレイ。

チチッ!っと声がして振り向いたらキセキレイがヒョイっとジャンプして
近くに飛び移りました。。
ちょっと薄暗い場所でしたが、黄色い色が鮮やかでとっても綺麗。
夏の間少し姿を見なかったキセキレイ。
平地の公園に戻ってきてくれました。








林の元気者、コゲラ

ジョウビタキやシメの姿が見られるようになって、
平地の林も賑やかになりました。
そんな雑木林で元気なギーッといういつもの声と、コンコン響くドラミング音。
コゲラは相変わらず林の元気者です。

ちょこっと巣穴から顔を出した姿が可愛くて、出てくるところを撮ろうと待ち構えていたら
一瞬顔を出し、さっと飛び出してあっという間に見えなくなってしまい
飛び出しの瞬間は撮れませんでした。。
こんな時、一眼だったら撮れたかも。。なんて無い物ねだり。。

丸い穴からちょこっと顔を出しました。







今季初物のジョビ他。

冬鳥達が少しずつ増えてきました。。
冬の代表のようなジョウビタキも今年は少し早いようで
何度か見かけてはいるのですが、なかなかちゃんと撮らせてもらえません
今日も、1ッショットだけ。。
でも今期の初撮りの記念写真として。。




そして、雑木林にはこちらも今季初撮りのシメさん。
まだゆっくり撮らせてもらえないけど、もう少しすると
あちこちで強面の顔を見せてくれるようになるでしょう。








秋っぽいカワセミ

いつもの公園のカワセミも、背景がちょっぴり秋っぽくなってきたので、
相変わらずの変わり映えしない場所ですが、少しは季節感が出たかな?
上のほうが気になるようで、さかんに上を見上げていました。









鴨も増えました。

渡りの鳥たちが通過していくにつれ、近所の川の鴨の数も種類も増えました。
これから暫くここに滞在することになるのでしょうが、
ここは来月15日からの鴨猟の解禁と共にいなくなってしまいます。。
残念ですが、留まって犠牲になるよりは早く安全な場所に逃げて欲しいと願ってしまいます。


キンクロハジロ


ハシビロガモ


マガモ


ヒドリガモ


ホシハジロ


渡り途中のノビタキ

渡りの途中に立ち寄ってくれる鳥は、ノゴマのように大勢のカメラマンに
取り囲まれる珍鳥ばかりではありません。
ノビタキも可愛らしい姿で、土手や稲穂の上を飛び回り
まだまだ充分楽しませてくれています。
もう少し滞在してくれそうな間は、お相手してもらいましょう。















渡り途中のノゴマ

埼玉の荒川沿いに渡り途中の鳥が立ち寄ってくれます。
北の大地で繁殖してまた南に帰って行く途中に通過していくので
あまり長くは滞在してくれません。。
でもまた今年も、赤い喉元の美しいノゴマが来たとブログ仲間さんから教えていただき
午前中に行って来ました。
遠くからでも土手の上にずらっと並んだカメラの列が見渡せ、
場所はすぐに判りました。
すでに5~60人のカメラマンが同じ方向を狙っています。

着くとすぐに、赤い喉のオス成鳥がお立ち台に上がって暫く相手をしてくれ
次は少し離れたほうに、少し喉の薄い若らしいのが出てのんびり寛ぎ始めました。
動くたびに、シャッター音が響き渡り、さながら大スターのよう。

サービスよく何度も出てくれたので、昼には帰途に着きました。













秋の森、その他の鳥

秋の戸隠森林植物園。。
たくさんの鳥に出会えましたが、いずれも絵にならずボケ画像量産でした。
目的の旅の途中の子もまだ早すぎたし。。

恥ずかしながらの画像ばかりですが一応まとめて。。

木の洞を覗き込むヒガラ。


こちらは佐久の宿泊先の庭で。


真っ赤な実がいっぱい。シジュウカラがやってきます。



コゲラも森の中を飛び回ってます



これは植物園のイチイの木の見事な実にヤマガラ。
他にゴジュウカラ、コガラなどがやってきます。



ボヤっとした画像ですが、ミソサザイもこの森ではお馴染みです。





秋の森でコガラ。

秋の森の中はカラ類の声が響いて賑やかです。
一番大きな声で数も多かったのが昨日のゴジュウカラ。
二番目は今日のコガラかな。。
頭に黒いベレー帽を被ってるような小さくて可愛いカラ類の仲間です。
遊歩道の周辺を飛び回って、じっとしてるとすぐ近くまで来てくれますが
カラ類は動きが早いことったら。。

カラ類の中では一番小柄なコガラ。
アザミの綿毛を盛んに突いてました。













一番多く見かけたゴジュウカラ。

秋の渡りの時期は次々に平地に鳥が降りてくるので
高地には少ないのかな。。と思っていたら、それなりに森は賑やかでした。
留鳥たちも葉が少なくなった分、多少見やすくなったし、
木々の実が赤、青、黄色と熟して鳥たちはご馳走を求めて飛び回っています。
でも自然の鳥は元気で動きが活発です。
早朝の森は冷え込んで温度差のためレンズは曇るし。。
と言い訳しつつ。。。
一番たくさん見かけたゴジュウカラです。







紅葉の鏡池。

帰ってきました。またよろしくです。
今回は鳥撮り主体で出かけたのではなく、妹の会員制リゾートの別荘に
3姉妹夫婦で遊びに行ったので、鳥はあまりありません。

でもとっても綺麗な紅葉は楽しめました。
場所は佐久を基点に、その周辺をということで。

いいお天気に恵まれたのですが、ちょうどここを撮影中雲ってしまって
残念でしたが、鏡のように澄み渡った湖面に写る紅葉がとっても綺麗でした。

さてここで問題です。。
この場所はどこでしょうか。。後ろの山で判るかな~。















ただいま~♪

ただいま~♪
お留守にしていましたが、昨日かえって来ました。
疲れてたので、何もしないで寝てしまったので報告遅くなりました。。
お土産代わりの画像はこれ。
新鮮なシャキシャキの歯ざわりのリンゴです~(^^♪



明日から出かけます。

3連休というわけではないのですが、明日から出かけます。。
ブログは帰るまでお休みになりますのでよろしくお願いいたします。
今回は鳥見主体ではないのでお土産はないかも(^_^






畦道散歩で。

ノビタキが近くの田圃やネギ畑なので
その周辺を一回りすると畦に動く影が。
ひょっこり姿を現した子達をいくつか。。

まず初めは、じっと動かないタシギ。。



そしてバンの若鳥



2羽仲良く並んだのはヒバリ



最後はキジ。。



みんな草の中にじっと身を潜めて隠れています。
ゆっくり探すと色々いるものですね。

ネギ畑のノビタキ

台風一過の青空が広がっています。
でも昨日からの強風がなかなか止みません。
せっかく今日こそ出かけようと思ってたのに。。
こんなに風が強くては、せっかく見つけた鳥も揺れ過ぎて撮れそうもないし。。
そう思いながら、近場を車で一回り。
近所のネギ畑に5~6羽のノビタキが来ていました。
埼玉北部は根深ネギの産地。。お隣深谷市の深谷ネギはかなり有名なんですよ。
絵的には綺麗じゃないけど、ノビタキがこんな所にやってきてるという風景として。

近づいて撮ろうとするとすぐに飛んでしまいます。
風が強かったせいか、稲田の畦に下りてじっとしている姿が見られました。
やっぱり風を避けてるのかな。。










ヘリアンサス、ゴールデンピラミッド。

台風が列島縦断していきました。
皆様方の方面は被害どうだったでしょう。。無事で被害が少ないといいのですが。
こちら熊谷は、特に大きな被害もなく通過してくれました。
まだちょっと風強いですが。。

ヘリアンサス、ゴールデンピラミッド。。別名ヤナギバヒマワリ
菊科 ヘリアンサスと言うのはヒマワリ属の総称です。
黄色い花をピラミッドのように穂状に咲かせるのでこの名前があります。
黄色い花は鮮やかで目立ちます。。
背丈が1メートルくらいになるので、この強風で倒れてしまいました。
でも花は綺麗に咲いてます。(画像は台風が来る前に撮ったものです)






キジの若様

大型の台風が上陸しそうな気配です。
すでに暴風域に入った地方の方、これから接近する方面。。くれぐれもお気をつけ下さい。

埼玉、熊谷ではどんより曇り空で気温も低く肌寒いです。
車で一回りしてみましたが、いつもの場所にキジの一家がのんびり草を啄ばんでいました。
台風接近も我関せずといった光景。。
ここで育ったと思われるまだ幼げな子が2羽。。草薮から出てくれず撮れません。
少し大きいお兄ちゃんは、見通しのいい場所に出てくれました。
すでに換羽し始め、もう少しで立派なオスのキジの羽が生え揃うでしょう。
若いメスも見える所でポーズ。。
1画面には入ってくれませんでしたが、全部で5羽のキジがいたようです。










台風一過



朝から台風一過の青空が広がっています。
でも昨日からの強風がまだ続いて、、
今日も西からの冷たい風が吹いています。

せっかく鳥撮り久しぶりに出かけようと思ってた出鼻をくじかれてしまいました。
今日はどうしようかな。。。この風では枝が揺れて撮れそうもないし。。
近場にちょっとだけ出かけてみましょうか。。







イラストは
フリー素材「風と樹と空と」さんより

川原のホオジロ。

川原はススキが揺れ、セイタカアワダチソウの黄色い花が目立つようになり
すっかり秋の風情が漂っています。
こんな所にノビタキは似合いますが、この日は見られず。。
変わりにホオジロが黄色い花の上でポーズを決めてくれました。
デジスコらしくたまには大きいのも。。










川辺のオオタカ。

最近、家の近くを歩くようになりました。。
なるべくたくさん歩くようにと、カメラ持たずに歩くのですが
そんな時に限って鳥を見つける事が多いものです。
タシギやクイナもそんな時に見つけて大急ぎで家にカメラを取りに帰って撮ったのですが
昨日も夕方に、綺麗に草刈された土手を歩いていたら、オオタカさん発見。
白い羽がたくさん散らばる所でじっと佇んでいます。
対岸なのでかなり距離はあるのですが、気付かれないように通り過ぎ
大急ぎでカメラを持って今度は車で駆けつけると、まだ同じ所にいてくれました。

今回の犠牲者はシラサギのようです。。
充分食べた後なのか、ゆっくり休憩していたようです。
車から降りると飛び立たれてしまうので、窓から2~3回シャッター押して、もう少し前にと
車を動かしたら、あっという間に飛び立たれてしまいました。
同じポーズばかりなのですが、オオタカの食事場所。






近場のノビタキ。

日曜日の午前中はスーパーに買出しに行く日です。
この日はポイントが5倍になるから(笑)
車の助手席には必ず高倍率デジカメをを積んでいきます。
家から出て数分、右手のフェンスにノビタキがとまっていました。
近すぎてバックしたら、ちょっと離れた場所に止まりましたが何しろ人工物。。
でも、自宅近くというのは嬉しいですね。
もう少し先に止まってくれたらコスモスノビだったのに~。。
でも雑草でも秋らしい雰囲気は少し感じてもらえたかな。。








今日の1枚(フジバカマ)

秋の七草の一つとしてお馴染みですね。
蕾の時は濃い赤紫から、細長い花が覗くと白っぽく、薄いピンクになります。
菊科 ヒヨドリバナ属の多年草。
野生種のヒヨドリバナや、サワヒヨドリと花はよく似ていますが
葉っぱや茎の色の違いなどで区別できるそうです。

とても丈夫でよく増え、背丈も1メートルほどになるので、狭い我が家ではもてあまし気味。
かなり抜いて、数を制限して育てています。





久しぶりのカワセミ。

困った時のカワセミさんという事で、
ここに登場する時はいつも他にUPするものがない時。
カワセミさんには申し訳ないですけど。。。
コサメやエゾ、キビタキなど渡りの鳥たちのおかげでしばらく登場の機会がなかったのが
またここ数日、他にないので、という状況で登場してもらいます。

最近ここの公園もすっかり有名になりメジャーになったのか、
今まで地元の方ばかりだったのが、初めて見かけるカメラマンさんが増えました。
昨日は、いつも別のフィールドで出会う方がいらしてビックリ。
有名になると同時に、狭い通路に3脚立てられて通行できないと
、散歩の方からクレームが寄せられたとかトラブルも増えてくるのは困りますね。
皆さんマナーを守って、散歩の方も野鳥撮影の方も気持ちよく過ごせるように心がけたいものですね。













カモの群に混ざってオシドリ

久しぶりの晴れ間が覗いたので、川原にノビタキでも
と思って行って見たら何もいません。
まだ早いのかなぁ。。でも風景はもう充分いてもいい雰囲気なんですけど。。

川原から少し水辺に近づいたら、カモの群が一斉に飛び立って少し先に着水しました。
じっと目を凝らしてみると、なにやら雰囲気の違うのが。。。
双眼鏡うっかり車の中に置いてきてしまったので、手持ちのカメラでとりあえずシャター押して
モニターで見てみたら、カルガモに混ざってなんとオシドリ。。
換羽途中のオスと、地味だけど可愛いメスのカップルかな。。

どんどん遠ざかって、そのうちに飛び立ってしまってこのワンチャンスだけ。。
オシドリと判る程度の画像ですが、近くの川で見られただけでも嬉しくて
UPしちゃいます。
きっと移動の途中にちょっとだけ立ち寄ったんでしょう。
こんな偶然もあるのですね。

判るように大きめトリミングしていますので画像荒れてますが。