FC2ブログ

レンジャク最終章

連日あちこちのフィールドを賑わしてくれたレンジャクたち。
地元にやってきてくれて、何度も足を運びましたが
いよいよここも移動のようです。
今日31日は大きな群れは見られず、河畔林に2~3羽がリュウノヒゲやヤブランを
食べる姿を見ただけで、とうとう水場にはお昼過ぎまでいたのですが
一度もやってきませんでした。

昨日は1羽、枝被りのキレンジャクを撮ったのですが今日は全部ヒレンジャク。
ヒレンジャクで始まりヒレンジャクで終わった今期のレンジャクだった気がします。

レンジャク最終章として今期の締めくくりをヒレンジャクのドアップで飾らせて頂きます。
これは昨日の水場に降りたヒレンジャク。






枝被りのキレンジャク



こちらは今日のヒレンジャク。








スポンサーサイト



川原の公園でカワセミ。

荒川の河畔林に今レンジャクがしばらく滞在しています。
ここでは、ヒレンジャク、キレンジャクの両方が見られるので
日曜日などは、結構カメラマンも多かったようです。
私は地元なので、なるべく人の少ない平日狙いで出かけます。

レンジャクもいたのですが、かなり近くにカワセミも来てくれました。
コバルトブルーの背中も鮮やかでとても綺麗なオスの固体です。
水場に水を飲みにやってくるレンジャク待ちの間も
こんな子が相手をしてくれるので退屈しませんね。









コチドリがやって来た

近くの川にコチドリがやって着ました。
散歩の途中で、ブログ仲間のクロネコさんに出会ってしばらく立ち話してたら
コチドリや、キセキレイ、カワセミまでやって来ます。。
カメラを持ってこなかったのでその時は見るだけだったのですが、
クロネコさんと別れてからやっぱりカメラもって
もう一度戻ってみると、まだコチドリさんいてくれました。

2羽仲良く餌探し。。川の干潟のような場所でしばらくモデルになってくれました。











カイツブリ奮闘中

菜の花が綺麗な川の土手を散歩してたら、
以前元気なカイツブリさんのいた場所辺りで
また面白いカイツブリさんを見つけました。

大きなドジョウを捕まえたカイツブリさん
得意そうに近くのカルガモに見せびらかしてるのかと思ったら、
なんだか様子が。。
大きすぎて飲み込めないらしく、何度もチャレンジ。。
でも、ドジョウ銜えたまま、走ったり、潜ったり、大奮闘がしばらく続き
格闘が続いていましたが、なかなか飲み込めず。。
しばらくこんな光景が続いていましたが、決して諦めない姿勢は大事ですよね~(笑)











たまには野山の花も

ここ数日の花冷えで桜の開花も足踏み状態のようです。
鳥見の林も緑が目立つようになり、色々な花も見られるようになりました。
毎年、レンジャクを見に行く頃に目に付くウグイスカグラのピンクの可愛らしい花。
今年も咲いてました。



その傍には黄色いアブラチャンの花が満開。
昔、樹皮や実から灯火用の油を採った事から名付けられたとか。。



足元にはクサボケ(シドミ)の花が可憐に咲いてました。



タチツボスミレも満開。。。
鳥を探して上ばかり見てますけど、たまには足元も見てみると色々見つけられますね。



と、色々言ってますが結局の所、出会えた鳥がこのモズ君だけだったという話なんですけどね。


エナガ、羽繕い中。

水場に色々な鳥がやって来て水を飲んだり、水を浴びたり。。
小鳥達は水浴びが好きですね。
エナガも水浴びにやってきました。
そしてその上の木の枝に止まって、羽繕いを始めました。
丁寧に嘴で羽を整えて、水に濡れた羽が乾くとまた羽を広げ
飛び去っていきました。

それはほんの短い時間。。
辺りは何事もなかったように静かな水場と木々だけ。








麦畑のキジ

緑が日毎に濃くなって、今まで茶褐色だった川原や野原も
色とりどり。。空気まで爽やかに感じます。

こちらは冬の間に裏作として麦をつくるので、
急に伸び始めた麦の緑が特に目に付くようになりました。
そんな麦畑のなかからひょっこり顔を出してるキジのオスの華やかな顔。
そろそろ繁殖期に入り大きな声や派手なほろうちなどを見せてくれるので
見つけやすくなります。

この日も緑背景に鮮やかな姿を見せてくれたのですが、
カメラ向けたらスタコラ後ろ向きに歩き出して。。
あっという間に遠ざかって、枯れた葦の草薮に逃げ込んでしまいました。









日差しのなかのカワセミ。

カワセミも繁殖期に入り2羽で追いかけっこをする姿を見かけます
いつも見られる場所から見られなくなったり。。
逆に、いつも見たことない場所で見かけたり
この時期は見られる場所が特定できにくくなります。

このカワセミも、何回も行った事のある場所なのに見たのはこの時が初めて。。
日差しが強くて、目で見てるにはものすごく鮮やかなブルーの背中が
ホントにキラキラして美しかったのですが、
画像になったら、コントラストが強すぎて、アンダー気味にしても厳しい。
少し曇りぐらいのほうが、鳥撮りは楽ですね。













菜の花と一緒

連休最終日は曇りから小雨が降り始めてしまいました。
昨日はちょっと風があったけどいいお天気でしたし。。
皆さん、レンジャク見たり早咲きの桜見たり、お彼岸のお参りしたり
有意義にお過ごしになられたでしょうね。

川原や土手は今黄色い菜の花が一面に咲いてとっても綺麗です。
そんな川原で見かけた菜の花と鳥のシーンを何枚か撮ってみました

これは鳥はいませんけどこんな風景の見える利根川の土手。
綺麗な形の山は日光男体山です。



ノスリかと思ったらチュウヒでした。



こちらはノスリ。



そしてカワウもちょっとオシャレにポーズ。



川に写った土手の菜の花で黄色い水面を泳ぐカモたち



ごま塩頭のオオジュリン。

鳥たちの動きが盛んになってきました。
移動途中に立ち寄る意外な鳥に出会えたり、、
夏羽に換羽して美しく着飾ったり。。。

これから夏に向かい、このオオジュリンや今期たくさん見られたアトリなどは
オスの頭部が真っ黒に換羽します。
でもオオジュリンはたいてい真っ黒になる頃は移動してしまうので
熊谷辺りではせいぜい見られてもこのごま塩頭くらいに換羽した姿。
一度でいいから、黒頭巾を被ったようなオオジュリンを見たいと思うのですが
この子達もこれで見納めでしょう。。
ごま塩頭さん、また来期の到着を待ってますよ。

背景のブルーは空抜けではなくて、川の水の青です。








早くもツバメ

今日は春分の日です。
そしてお彼岸の中日と言う事で、これから実家にお参りに行ってきます。
その前に、昨日我が家の周りを飛び回るツバメを見つけました。
後ろの電線に止まったのですが、裏のお宅のおばあちゃんに怪訝な顔をされそうなので
こっそりカメラで撮影なので、飛翔はさすがに難しいですが止まり物もこれしか。。
でも一応今季初物のツバメということで。。
それにしても、もうツバメがやってくる季節になったんですねぇ。。

腰の部分が白く見えるのですが、たぶん普通のツバメの白化固体かな?




地元にやって来たレンジャクの群れ。

少し前にお隣群馬県まで小遠征して撮ったヒレンジャクでしたが
ようやく地元熊谷の公園にも、ヒ、キ取り混ぜた群れがやってきました。
ある人の話では、60羽くらいが飛来したとか。。

今日私が見たのは30羽くらいの群れでしたが
ヤブランの実を食べ、時々水場に水を飲みにやってきます。

先日群馬で見損ねたキレンジャクにも出会えたし。。
これでやっと一段落です(笑)
やっぱり地元で見られるのが一番嬉しいですね。


ようやくあえたキレンジャク。
翼の先に赤いろう質の塊が付きこれをワックスウイングと言うのですが
この鳥の名前の由来になった特徴です。
(翼の白い部分の先に見える赤い部分です)
でも同じ仲間でもヒレンジャクにはこれが無いんです。不思議な事ですね。










ニュウナイスズメその2

昨日に続きニュウナイスズメです。
今日はメスの画像と、ドアップではなく背景に春の気配を感じられるものを
選んでみました。
背景の黄色のボケは菜の花です。
また今回も画像多くてスミマセンが。。

こちらはニュウナイスズメのメス。オスとはかなり色合いも雰囲気も違います。









背景を入れてこんな雰囲気の場所で柳を啄ばんでいます。








思いがけず、ニュウナイスズメ。

カモもそろそろ少なくなってきたし。。菜の花背景で撮っておきたいな。。
と思って出かけて見たら、川の柳にニュウナイスズメの一群がやって来ていました。
落ち着き無くチョコチョコと柳の枝から枝へ。。。
でもこんな所で出会えるなんてツイテマス~♪
よく動くけど、わりあいに近づけたので大きく撮る事も出来ました。
頭が赤茶色のがオス。白い眉班があり、まるで違う鳥みたいなメス。。
共に20羽くらいの群れでしょうか。。
今回もたくさん撮れたのでいっぱいUPさせて頂きます。

こちらはオスのニュウナイスズメ。
普通のスズメと違ってほっぺの黒い丸がありません。
今回はオスのドアップですが近すぎて、リサイズのみでもこの大きさ。











こちらはメスのニュウナイスズメ。
白い眉班にグレーっぽい体、オスとはかなり違いますね。



こんな感じで群れで柳の芽を啄ばんでいます。


灌漑用池にオシドリメス。

そろそろ渡りの季節を迎えたのは、ジョビちゃんばかりではあません。
カモや白鳥達もそろそろ移動を始めます。
今まで見られた川や沼のカモが1羽もいなくなっちゃってたり。。
逆に、移動途中にちょっと立ち寄って一休み。。なんてカモもいます。
だからこの時期は、いつもの場所でも珍しいお客さんに出会えるチャンスもあるんですね。

この灌漑用に作られたため池はかなり広いのですが、昨年はトモエガモにも会えた
ちょっと穴場ポイントなんです。
普段はカイツブリやカルガモ、マガモくらいしかなのですが、
今日はその中になんとオシドリのメスが、マガモたちと一緒に泳いでいました。

最初は葦の草薮の繁みでまったり寛いで昼寝していたのですが、物音に驚いてカルガモたちが
一斉に飛び立つと一緒に飛び立って湖面で泳ぎはじめました。
マガモの群れに混ざってると、遠くからではちょっと気付きません。
でもとっても可愛い表情で、オスの華やかな羽色とはまた違った魅力がありますね。
残念ながら今回はメスのみが入ったようでオスには逢えませんでしたが、
あの臆病なオシドリを間近で見られてほんとに嬉しい出会いでした。

嬉しくていっぱい貼らせてもらいます。。画像多くてゴメンナサイ。












草の被りの前ボケが入っちゃいましたけど表情が可愛いので。






そろそろお別れ、ジョウビタキ♂

レンジャクのいた場所に、ジョウビタキのオスがやってきました。
でも注意はレンジャクのほうに向いてしまって、ほとんど無視されてる状態。。
時期によっては、撮りたくて懸命に追いかけた時期もあったのに。。

ヒレンジャクとのツーショットになるような近くに来てくれないかと待ったのですが
こちらの思惑通りにはいきませんね。
でもそろそろジョビちゃんともお別れの時期が来ました。
これが今期の撮り納めかも。。。素敵なポーズと顔を見せてくれてありがとう。
また来期元気な姿で戻ってきてくださいね。









ツーショットのヒレンジャク。

昨日に続きヒレンジャクにお付き合い下さい。
せっかく小遠征して撮ってきたのでお蔵入りももったいなくて。。

今日のヒレンジャクさんは何かと一緒のツーショット画像を集めてみました。
最初は定番のヒレンジャク2羽のツーショット。



まだ花が1つしかですが黄色い水仙と



そして次はシメさんと一緒。



スズメさんを囲んで仲良くお食事。



これはかなり無理がありますけど。。
左下にヒレンジャク。生垣にジョビのオス。


ヒレンジャクⅡ

毎日風が強い日ばかりでなかなか出かけられずにいました。
近場を車でまわるだけでは見られる鳥も限られてしまいます。
今日は薄曇りながらも、風がないのでまたレンジャクに逢いに行ってきました。
前回ヒレンジャクばかりだったので、今回は黄色もと期待をしていったのですが
残念ながらやはりヒレンジャクにしか会えませんでした。

それも、ほとんどのヤドリギの実は食べつくされ枝に実はありません。
と思ったら、ここ数日の強風で実が地面に落ちてしまったようです。
そこに降りて数羽のレンジャクが実を啄ばんでいます。
しばらくすると枝に戻ったり、降りたりを繰り返し。。
かなり近い位置でたっぷり楽しませてもらえました。













オシャレをしたサギ。

鳥たちの繁殖の季節がやってきました。
巣作りの材料集めに忙しい鳥たちの姿を見かけます。
そして、お相手探しのために綺麗に着飾る鳥達もいますね。
サギはレースのように美しい飾り羽を風に揺らし、優雅に佇んでメスの気を引くために
オシャレを始めました。
もう少しすると、ダイサギのオスは目先にも美しい緑のお化粧をし、
コサギはピンクのお化粧をします。

まだ今はレースの飾り羽だけですが、緑を増した麦畑に佇むダイサギさん
なかなかポーズ決まってると思いませんか。







こちらはコサギさん。。やはりレースの飾りが見られますね。




しつこいカラス、ノスリの受難。

風が強い日が続きますね。
暖かな日差しの下土手の菜の花が咲き川辺は春いっぱいです。



そんな川辺のノスリさん、電線に止まっている所にカラスがやって着ました。
そしてさっそくちょっかいを出しはじめました。





たまらなくなったノスリさん、退散。。菜の花の土手に一旦着地。
やれやれ。。ひどいめにあった。。カラスはしつこいな~。。






公園のイカル。

カワセミを撮った公園では他の鳥達も見られます。
でも特に今期特別長い期間見られるのがこのイカルさん。
同じお仲間でも、アオジやシメは毎年見られて特に珍しくはなかったのですが
今期はイカルまでやって来て、しかもかなり長い期間滞在し、
最近では当たり前のように道路や園路に落ちている木の実を啄ばんでいます。
シメの群れと一緒に行動してるようで、この分ではシメが帰るまでいそうです。

春めいてきた公園で、スズメともすっかり仲良しになったようですね。











夏羽のカイツブリ

カモたちは繁殖期に入りオスの羽は鮮やかさを増した気がします。
近くの川のカイツブリさんはすでに夏羽に換羽していました。
フワフワの冬のカイツブリから、赤茶色の頭に衣替え。
スッキリした姿になりました。

1羽が羽繕いや羽ばたきなどの色々なポーズをして見せてくれました。
そばにいたコガモさん、少々呆れ顔。

ダッシュダ~!!行くぞ~!!
ヨーイドン。











まだやってるの~。。元気いいねぇ。。



冬羽のカイツブリさん。12月に撮った物を参考までにUPしておきますね。
夏羽と比べるとかなりフワフワ。


公園のカワセミ

晴れのいいお天気が続きません。
今日は日曜日なので私は買い物の日です。
なぜなら、今日12時までに買い物するとポイントが5倍だから(笑)
で、帰りにいつもの公園に寄ってちょっとだけ鳥見です。

いつもの場所に、イカル、シメ、川沿いにはジョビ子ちゃんといういつものメンバーです。
そして沼沿いの枯れ草にカワセミさん。何度か場所を移動しながら何ポーズかをとってくれました。
警戒心が強くて少し近づくと飛んでしまうので小さくしか撮れませんでした。
高倍率デジカメの手持ち撮影。











久しぶりのチョウゲンボウ。

お天気が定まりません。昨日は1日雨。
今日は青空が広がりましたが、風と花粉の量がとても多いと天気予報で言ってました。
そうなると出かけるのも躊躇してしまいます。

2日ほど前にジャガイモを植えに実家に行ってきました。
姉の家庭菜園に我が家の分のジャガイモも植えてもらうため昨年から一緒に植え付け作業を手伝うようになり、今年2度目です。やり方はまったくの素人なので、姉に教わりながらですが
肝心の難しい所は姉任せです。男爵、メイクイーン、キタアカリの3種類を植えました。
どれだけ採れるか、収穫が楽しみです。

その行き帰りにいつも出会うチョウゲンボウがいます。
いつも同じ電柱に止まってるのですが、この日は2羽。。。
いつもの子がいる先にもう1羽がやって着ました。
1羽が近づくともう1羽は離れた位置に移動しますがそれほど遠くには行きません。
何度か追いかけっこのような事をしていましたが、片方を撮ってる時に
もう片方が飛んでいってしまい、確認できませんでしたが
お相手を探してるメスだったのかな~?
チョウゲンボウも繁殖期なんでしょうね。









桜メジロ。

桜の開花情報が話題に上る時期になると気になるのが桜がらみの鳥たちです。
先日桜○○の最初にと、河津桜とのツーショットで登場のヒヨドリでしたが
今日は本命の桜メジロに出会うことができました。
近くのお寺の境内にある河津桜に運良くメジロが来てくれていました。

先日のヒヨの時より花が咲き進んで、花はとても綺麗なのですが
陰に隠れてなかなか姿が見えません。動きも早くて、追うのが精一杯。
うめじろより花が多い分桜メジロは撮り難いですね(^_^

でも桜はまだまだこれからが本番。
ソメイヨシノまでには腕を磨いて備えましょうか。。












水場のヒレンジャク

昨日のヒレンジャクの続きです。
ヤドリギの実をたっぷり食べたあとは、喉が渇くのでしょうか。。
時々少し離れた池の浅瀬にやって来て水を飲んではまたヤドリギに戻っていきます。
ヤドリギと水辺を行ったりきたり。







水を飲むだけでなくこんな水浴びシーンも見せてくれました。
メジロに続きまたアニメにしてみました。



ヒレンジャクがやって来た。

柳の木の芽が芽吹き始めるとレンジャク情報が聞こえ始めます。
昨年はまったく見ることができなかったレンジャクですが
今期はすでに数人のブログで紹介され、久しぶりの出会いが期待されますね。
一昨年は北本の柳の芽を食べる姿を撮りましたが、ほとんどの人は
ヤドリギの実を食べに来るのを撮るのが多いようです。

今期は、私もヤドリギに来るレンジャクを狙いにお隣群馬県までミニ遠征してきました。
ここではヒレンジャクのほうが多く、キレンジャクは昨日は1羽だけ、今日は1羽も見えないと
地元の方らしきバーダーさんが仰ってました。

午後から雨か雪になるという予報ですが午前中は風は冷たく曇り空
ほとんど色がでず、空抜けの悪条件のなかの証拠写真ですが一応今季初撮りのヒレンジャクということで。











早咲きの桜と。

今日も窓の外の庭では、ヒ~ヨ!ヒ~ヨ!と叫ぶ声が聞こえます。
メジロを蹴散らし我が物顔のヒヨは、どちらかと言うと招かざる鳥。
でもこんな早咲きの桜と一緒なら、思わずカメラを向けてしまいます。

埼玉では河津桜は本場より少し遅く今開花が始まったばかりですが
そこにメジロでも来てくれないかと近くの公園に行って見たらいたのはヒヨドリばかり。
それでも桜○○の最初の鳥として、記念に納まってもらいました。







川原のノスリ。

カモのいる川の土手沿いや岸辺に枝を伸ばした柳などの大木は
猛禽を見ることのできるポイントです。
ここの川でも、ヨシガモやハシビロガモなどを見ることができるのですが
やはりいました。。今日の猛禽さんはノスリ。

じっと下の川のカモを狙っているのでしょう。。
少し近づいたら飛び立ってしまいました。狩の邪魔をしてしまったかな?
ノスリさんゴメンナサイm(__)m
苦手な飛翔。。高倍率デジカメの手持ちでかろうじてフレームに入りました(^_^