FC2ブログ

花の咲く川原で。セッカ。

梅雨の合間の利根川川原。
夏草が背高く繁り、葦の緑が色濃く一面に広がっています。
そして黄色いハルシャギクのお花がその間を黄色く染め、
白いハルジオンやチガヤの穂が風に揺れるさまは、自然の美しさに
思わず感嘆の声を上げてしまいます。

あの黄色いハルシャギクにセッカが止まってくれないかな~!
なんて思いながら見ていても、止まってくれるのはギシギシやヨモギばかり。
でも黄色い背景のセッカさん何とか撮れました。















こんな風景が広がっています。




スポンサーサイト



巣立ちのツバメ。。川原で。

雨の日曜日。朝から大粒の雨が降っています。
昨日は草取りをして、ヒマワリとコスモスの種をまいたので、
この雨でうまく芽がでてくれるかな?
でも週末バーダーさんには残念な天気になってしまいましたね。

キジとカルガモの雛たちの次はツバメです。
民家の軒下で巣立った幼鳥たち。。少し大きくなり川にたくさん来ていました。
土手の背の高いギシギシの穂に止まったり、水面スレスレに飛んで餌の虫を捕ったり。
嘴の横はまだ黄色味が残り、あどけない顔ですが、他のツバメ達に混じって
元気に飛び回っていました。
こんな風に、草に止まる姿を見ると、普段人工物のところが多いツバメもやっぱり
野鳥なんだな~!と再認識させられます。











カルガモ親子。

雨が降ったり、晴れたり、めまぐるしく変わる天候や気温。
なれない体には厳しく体調崩さないようにお気をつけ下さいね。

こんな時は鳥見も難しく、それでも一回り近所を車で回って見ると
昨日掲載のキジや、このカルガモの親子などに出会うことができるのが嬉しいですね。

前に掲載したカルガモとは別の親子だと思われる一家。。
ここの川では何組もの親子の姿が見られます。
母親らしい親の後を6羽がくっついて泳ぎ、その一家を見守るように
もう1羽の成鳥がそばを泳いでいます。
2羽の親鳥に見守られ6羽の雛がス~イスイ♪

お父さん鳥とお母さん鳥かな?
のどかな川辺のシーンを見ていただけるように、少し引きの画像で撮ってみました。











キジの親子。

外は小雨模様。霧のような雨が降っていますが、近所を車で一回り。
キジが何羽も見られました。
ある場所ではオスとメスが一緒に。。別の所ではオスが1羽だけ、そして可愛い雛を連れたメスも。。

小さな子は3羽、一緒に固まって蹲っています。
メスは警戒心が強く、辺りを見回し、常に気遣いをしています。
どの親も、懸命に子育て中。いい場面ですね(^^♪









アマサギ到着。

埼玉北部は、麦刈りが終わり、田圃にようやく水が張られ、田植えも始まりました。
待ちかねていたアマサギが、そんな田圃にようやく姿を現してくれました。
白い体にオレンジの頭から胸にかけての華やかな色合いは、一目でアマサギ!と判ります。
その中に特に目先から赤い婚姻色に化粧した美しい固体も混ざっていて、
やはり待ちかねていただけに嬉しい出会いです。

自宅のすぐ近くの田圃なのですが、警戒心が強いので車の中からの撮影です。













田植え後の畦で(イソシギ)

埼玉北部の私の周辺でも、麦刈りが終わり、そろそろ田植えが始まりました。
お隣行田市のほうはもう終わってるかも。。
そして青田になった水田と言えば気になるのがアマサギ。。
そろそろ来ていないかと見に行ってみましたが、残念ながらまだ姿も見えません。

あぜ道にいたのは1羽のイソシギ。。
アマサギには振られましたが、イソシギはこのあと回ってみた利根大堰でも
お相手してくれました。

そろそろサギ類も田圃にやってきてくれそうなんだけど。。。
待ってるから早くおいで~(笑)











もう独りでできるもん!(カワセミ幼鳥)

巣立ったカワセミの様子をまた昨日も見に行ってきました。
薄暗い沼でじっとしていた幼鳥、どうしてるかな~?と思ったら、
なんともう公園の一番東の端のほうまで散らばって活動を開始していました。
この日は沼の柵の偽木に2羽。。少し間を置いて止まっていました。
この沼の主のような合鴨とツーショット。。












そしてなんともう独りで上手に小魚をとっています。
何度もダイビングしては魚を銜えてきます。すっかり上手になった姿に思わずお見事~!!
と拍手したくなっちゃいました。
餌の小魚も豊富なようで、これなら大丈夫!とほっと安心。





能護寺のアジサイ

わが熊谷市にはアジサイで有名なお寺があります。テレビなどでも紹介されたためか
たくさんの見物客で、短い開花時期は大変な賑わいです。
境内いっぱいにたくさんのアジサイが植えられ、その種類の多さには驚かされます。
狭い境内なので一周はあっという間ですが、ちょうど見頃に咲き誇る姿はとても綺麗でした。

先日16日に行ったのですが、その日は晴れて暑くてアジサイも少しぐったり。
やっぱりアジサイには梅雨の雨が似合いますね。

拝観料300円、駐車場は別料金のようです。

鐘つきの鐘楼を見上げるここがビューポイント



前の歩道にはこんなオシャレなタイルもはめ込まれ、雰囲気を盛り上げています。











カワセミ幼鳥

昨日のカワセミ母さんが育ててる今年巣立ちしたばかりの一番子です。
この日は、全部で4羽がいましたが、一箇所にかたまっていないので、一緒の所
撮れなかったのが残念です。
まだあまり警戒心もなく、あまり遠くない場所から撮影していてもじっとしています。
クロっぽい体にまだ足も黒いし、表情も幼げですね。

これから自分で上手に餌の小魚もとれるようになると、本格的に独り立ち。
この公園の周辺に、それぞれ散らばっていくことでしょう。
ここはオオタカや大きな青大将などのヘビやのら猫などの外敵も多い場所。
無事大きくなるのもなかなか大変なことでしょう。頑張って生き抜いて
美しいコバルトブルーの姿を見せて欲しいものですね。
















カワセミのお母さん。。

雛の巣立ちの季節、懸命に子育てをするのはツミばかりではありません。
昨日のツミに次いで、今日はカワセミのお母さん。。
ここの沼では4羽のチビちゃんが育ったようです。そのチビちゃんのために餌をとったり
いろいろ独り立ちのために教えたり、お母さんはやはり大忙しですね。

小魚をこれから雛にあげなくちゃ。。アア忙しい~。。



飛び込んだばかりでまだ水滴が体についてます。。





木陰でちょっと一休み。。少し休憩させて。。。



雛を見守るツミ母。

ツミの巣立ちが進んでします。
すこしずつ、巣から離れた木に移動し、やがて独りで飛び立っていく日も遠くなさそうです。
そんな雛たちを、少し離れた位置からいつも見守っている母鳥の姿。
時には自分より大きなカラスにも猛烈な攻撃をし、うろうろする人間からも常に注意をそらさず、
母鳥の心配は尽きないようです。

昨日の巣だった雛を見つめる母鳥からも、警戒を怠らない緊張感をひしひしと感じました。
雛がモミジの小枝に降りたとたんに、母鳥が少しはなれた位置の私達の頭上の木に飛んできました。
まるで、注意を自分のほうに引き付けて、雛から関心を自分に向けさせるように、羽ばたいたり、
枝から枝へ飛び移ったり。。。
自らを囮にする親鳥の擬態行為はチドリなどでも知られていますが、どの親も、雛を守る必死な気持に
変わりはないのですね。 お邪魔してごめんなさいね。もう帰りますから安心してね。






巣の上の枝で警戒中。



オスの運んできた餌を受け取り、巣に運びます。


ツミの巣立ち。。

昨日のカワセミの幼鳥に次いで、いよいよあのツミも巣立ちです。
全部で4羽の雛が居ますが、1羽はすでに巣から少し離れた枝に佇んでいます。
その後、オスが運んできた餌をメスが受け取り、巣に運び与える姿も見られましたが
その直後、まるでメスに促されるように、少しはなれたモミジの木に飛び移りました。

ちょうどお昼休みになり、巣やモミジの真下でゲームをする人たちも居ましたが
雛はそのままじっとしています。
メスは、それを少し離れた木から見守っています。
大きく翼を広げたり、飛ぶしぐさをしたり、この子が一番最初に巣立った子のようです。
















巣にはまだもう少し小さな雛があと3羽。。
巣の写真はほんとは控えたいのですが、参考のため1枚だけ。。



カワセミのチビちゃん初お目見え。。

先日掲載のカワセミメスの子供でしょうか。。
今期初のカワセミのチビちゃんの登場です。
1羽だけがほんの一瞬で2カットしか撮れませんでしたが、
ようやく巣立って独りでこうして餌をとりに来られるようになったようです。
まだ黒い体。。カワセミ特有のあの鮮やかなブルーには程遠いですが
今期もまた登場してくれた幼いカワセミに嬉しさ倍増~♪





コゲラ、ちょっぴり赤いリボン~♪

公園はすっかり緑が濃くなり、鳥影はほとんど見られず閑散としています。
これからはしばらく鳥見は厳しくなります。

でも小さな流れに沿って植えられたアジサイにカワセミが止まってくれたら。。
と思って出かけてみたら、なんとほんとに止まってくれたのです。
でも!でも!散歩の人がひっきりなしで、あっという間に飛んでしまうので撮影は諦めました。

そんな時、近くでコツコツ!! コゲラです。
ちょっと古い巣穴を覗くようにして、虫でも探しているようです。
その後頭部にちょっぴり赤いものが。。。
ちょっと見えずらいですが、期待の赤いリボンつけたオスのコゲラさんでした。
もうちょっとしっかり撮れればよかったのですが。。残念!!




ちょっぴりですが赤いの見えますよね~♪


中を覗いて。。


上を警戒して。。


体半分、すっぽり。。






ツミのメス。

公園に営巣したツミの様子をまた見に行ってみました。
雛はそろそろ巣立ちかな~?
と思いながら行ってみたのですが、オス、メス共に見られず。。
いつも見張りをしている枝にも姿がありません。

近くを散歩していた赤ちゃん連れの若いママさんとしばらくお話していたら
メスがやってきました。
いつもオスが止まる枝にしばらくいましたが、建物の近くにカラスがやってきた途端に
飛び出し、カラスを追っ払って、建物の上のテレビのアンテナからじっと見回して
そこからずっと動きません。
高い位置から、雛を見守っているのでしょうか。。
あまりお邪魔しても。。。と思い帰ってきました。












サンコウチョウ再び。。

そろそろサンコウチョウも番が決まり、いよいよ巣作り。。
先日行った時には、まったく声もなく、突然目の前に飛んできて、その後も
声は無しで、姿を現す状態だったので、今期はもう声は聞けないのかと思っていたのですが、

昨日もう1度行ってみた所、聞こえてきました。。ホイホイホイ!の声と共に
あの優雅な長い尾をなびかせたサンコウチョウの姿。。
先日鳴かなかったのとは別固体なのかどうかはわかりませんが、まだまだ相手探しのようで
鳴きながら飛び回っています。
メスがまだ撮れないので、リベンジとおもって出かけたのですが、やっぱりメスは撮れず。。
まだまだ未熟です(^_^












カルガモのご一行様

雛の巣立ちの季節ですね。
まだあどけない鳥たちが、おぼつかなげな様子で木々の間で羽ばたく真似をしたり、
親鳥の来るのを待ち、じっとうずくまってたり。。
そんな姿を見かけると、思わずガンバレ~!!と応援したくなります。

近所の川でもカルガモの雛が親鳥の後をぞろぞろと泳ぐ姿が見られました。
カルガモ様ご一行のお通りだよ~♪
ほらほら!お母さん向こうのほうに行っちゃうよ。。付いていかないと。。
なんて、見てると楽しくてつい時間を忘れそう。

突然鷹の声が響きました。。慌てて雛を岸に上げじっと様子を見る親鳥。。
しばらくして、また水に戻っていきましたが、全部で9羽の雛たち
果たして全部が無事成長できるのか。。神のみぞ知る、自然の摂理ですが
子育て中のタカも応援したいし、カルガモも育って欲しいし。。複雑ですねぇ。。











カワセミも久しぶりに。。

ヤマセミ、ときたら、やっぱり同じお仲間のカワセミにも登場してもらわなくては。。
いつもの公園のカワセミ。。久しぶりですが、最近子育て中なのか、
あまり姿を見かけません。時々食事にやってくるのは、薄暗い沼のような所。。
でもここには小魚が群れを作っているので、食事場所としてはよさそうです。

ただし、薄暗すぎて撮影するほうにとっては難関。。
SS稼げず、ぶれぶれ。。ボケ画像量産の厳しい場所でした。
久しぶりのメスのカワセミさんです。










ダム湖のヤマセミ

梅雨の合間の晴れが今週末は何とか続きそうです。
昨日は早朝は雨でしたが、その後は晴れ、、暑い日ざしが戻ってきました。

まだ雨交じりのなか天気予報を信じてチョイ遠征の山のダム湖。
ついた頃はすっかり雨も上がり、期待のヤマセミも何度も姿を見せてくれ
今回の小遠征大成功でした。

でもこのヤマセミさんはお気に入りの止まり木がなぜか人工物ばかり。
ダムの防護柵や街路灯など。。。おかげで枝被りは無いのですが。。。(苦笑)

でも見られるだけでも嬉しい鳥さんなので贅沢は言えません。
ダムの管理の建物の所では2羽。。。
ほんとにもっと背景がよかったらとつくづく残念!!

画像多くてすみません。せっかく撮れたのでついいっぱい。。
トリミングあり。。。



















巣立ちの季節(スズメ)

鳥たちの子育ての季節です。。
早い鳥たちの中にはすでに雛が巣立って、可愛い姿を見せてくれている画像なども
あちこちのブログで見かけますね。

我が家の軒先でもスズメが巣を作り、雛が巣立ったようです。
庭の柿の木にまだ嘴の黄色い子達が、チュン!チュン!賑やかです。
しばらく兄弟がかたまっていましたが、次第に行動範囲が広がり、
木の枝から枝へ 飛び回り始めました。

でも、雛は可愛いんですけど、実際には我が家にとっては困り者。。
二階の届かない所に巣を作るのですが、その巣の材料が樋に詰まってしまい、
雨が降るとうまく流れず、樋の途中からあふれて落ちてくるのです。。
一度建築業者さんに、掃除してもらって樋にネットを張ったのですが、効果なし。。

いい方法ないでしょうかねぇ。。(ーー










ツミのご夫妻。

いよいよ関東も梅雨入りだそうです。
今日は台風の影響もあり朝から雨。これからはこんな雨模様の日が多くなりますね。

ツミ、前にオスをUPしましたが、昨日はご夫妻で子育てする様子を見られ、
メスも撮ることが出来ました。
ここでは卵を5個産み、今は4羽の雛がそろそろ孵ったかも。。と言うことです。
残念ながら1個はカラスに襲われ、卵を奪われてしまったそうです。

今日も、その巣を守るべく、メスは巣の見える高い梢で待機、オスが時々餌を運んできて
メスに渡し、メスはそれを巣に運びます。
オスはその間、少し離れた場所でその様子を見守っています。

一瞬メスの鋭い声が響き勢いよく飛び立ちました。カラスが近づいてきたのです。
その声に呼応してオスもスクランブル発進。。
すごい勢いでカラスを追いたてます。さすがのカラスも、ツミの両親2羽の勢いに押され逃げ回ります。
逃げる時に慌てていたのか木に激突。。ふらふらになり落下しながらほうほうの態で逃げ出しました。
雛を守るために、協力して立ち向かい、自分より大きなカラスをも撃退するツミの親鳥。。
人間も見習って欲しいと思うような事件が昨今多い中、この様子を見ていてつくづく考えさせられました

その後、また定位置の枝に止まり、見張りを続けるメス。。オスはまた狩に飛び立っていきました。
これから数日で、雛たちも巣立ちの時期を迎えることでしょう。。
無事、元気に育ち巣立っていって欲しいものですね。 頑張れ!ツミ一家!!

ところでその迫力あるツミとカラスの攻防戦。。唖然と見守るだけで、カメラ構える余裕もありませんでした(^_^


ツミのメス。 虹彩が黄色。オスより一回り大きく、胸の茶褐色の班が特徴です。









ツミ、オス。 虹彩は赤褐色。胸は白く両脇がオレンジかかった色が特徴。






キジのカップル。。

ようやく雨が止み、朝からいいお天気になりました。。
さて今日はどこに行こう。。と張り切って皆様出かけられたでしょうねぇ。。

出かける前に、先日車で移動中に出会ったキジのカップルをUP。。
キジっていつも、車移動の時に出会うことの多い鳥さんです。
この時は珍しくオス、メス、一緒のカップル。
遠くて証拠写真程度ですが、久しぶりのメスなのでちょっと嬉しかったです。