FC2ブログ

ジョウビタキもやってきました。

荒川の河畔林で。。。
毎年同じような場所でジョウビタキに出会えます。
今期もまたやって来てくれました。そして縄張りを主張するように
梢の上や草薮の枝で、あの懐かしい、ヒッ!ヒッ!ヒッ!カッ!カッ!っという声を
響かせてくれています。

♂の綺麗な固体です。今季初撮り。会えたのはとても嬉しい事です。











スポンサーサイト



ミヤマホオジロとカシラダカ改めアオジ。。

昨日のコハクチョウのいた荒川。
コハクチョウのいる河原に行くまでには、河畔林の雑木林をしばらく歩きます。
その雑木林にも、小鳥達の声が響き、色々な鳥に出会えます。

まず迎えてくれたのがジョウビタキの♂。。去年と同じ場所で、ヒッ!ヒッ!ヒッ!っと
鳴きながら、枝から枝へ飛び回って縄張り主張しています。
そしてシジュウカラやコゲラの声、一際大きく林中に響き渡るのは、ガビチョウ。
すぐ上をオオタカが飛び去り、モズが遠くの高い梢で高鳴きしています。

護岸工事は相変わらず続き、ネットが張られ、重機の音が響いていましたが
そのネットの内側から聞こえる、小さなチッ!チッ!っと言う声。
アオジ?それともカシラダカ?
と思ったらなんと、ミヤマホオジロさん。あの懐かしい黄色いツッパリヘアーも健在です。
ただ、藪の中、色が出なくて、証拠写真しか撮れませんでした。









そのミヤマホオジロさんによく似たカシラダカ。
早くも冬羽になり姿を見せてくれました。こちらも枝被り画像ですが今季初撮りです~♪

フィールドで見たときにカシラダカだと思い込んでたけど、アオジ?かな~?
キンタさんの指摘で、もしかしてアオジかと。。自信ありません。胸の縦縞、黄色実を帯びた体
やっぱりアオジのようです。 








コハクチョウがやってきました。

昨日は日曜日で朝から絶好の鳥見日和となり、
あちこちの鳥見ポイントは大勢の鳥見人で賑わったようですね。

私はお隣深谷市の荒川にあるコハクチョウの飛来地として知られた川本の河原です。
その前の日の雨の影響で川の水量も多く、濁っていましたがまだ飛来したばかりの
コハクチョウが20数羽、餌をあげるおじさんのもとによって行き、
長旅の疲れを癒しているようでした。

今期もまた元気な姿を見せてくれ、これから飛来数も順次増えていくことでしょうが、
埼玉の真上を通過した台風以来、すっかり川の流れや岸辺の様相が変わってしまい
ハクチョウもどのあたりに居つくのかちょっと気がかりですね。











雨に濡れて。。カワラヒワ。

良いお天気になりました。
昨日の雨がウソのような台風一過の晴れです。でも鳥見には風がちょっと強いかな。。
今日は待ちかねたバーダーさん、一斉に飛び出してるでしょうね(笑)

この時間の更新という事はもちろん今日の画像ではありません。
昨日の雨の中のカワラヒワさんです。
我が家の柿の木に10羽前後のカワラヒワが雨宿りにやってきました。
中には木の天辺で雨に濡れても平気な元気なコもいました。
スズメと縄張りを取り合い、ちょっと小競り合いしたり。。。
でもガラス越しの撮影ではクリアな画像にならないので、何枚か撮った後そっとカラスを開けると
あっという間に飛び立たれてしまいました。
ほんとに警戒心強いですね。













鴨達も増えました。

季節外れの台風の影響とかで週末雨です。
週末バーダーにとってはなんとも残念な雨、貴重な休日の悪天候は
かなりがっかりな状況ですよね。
昨日も雨でしたが、知り合いのところで開催されてる古布を使った人形展を
ブログ仲間のクロネコさんと見に行ってきました。
とても雰囲気のある素敵な人形に、歴史の重みのある絹の布。。楽しい時間過してきました。

その前日近くの川では、鴨の数がグンっと増えていました。
今までカルガモやコガモが多かったのが、ホシハジロやキンクロハジロなども混じり
かなり賑やかに感じられます。
特に今期は、オオバンの多さが気になりました。これから狩猟解禁の11月15日まで
しばらく見られます。でもその後が気がかりですけどねぇ。。(ーー


マガモも換羽が終わり綺麗なメタリックグリーンのオスが目立ちます。



可愛らしい表情のヒドリガモ。まだ換羽中のエクリプスかな?



赤いお目目のホシハジロもやってきました。
後ろはコガモのメス。



キンクロハジロは頭の後ろのちょんまげもしっかり確認できますね。



ハシビロガモ♂は換羽中。目つきがちょっと怖い!


セグロセキレイ(利根川河原で)

ノビタキがたくさん飛び交っていた利根川の河原。。
今年は何時までいるのだろうと心配してましたが、土手の草がすっかり刈り取られ
今まで飛び交っていたセイタカアワダチソウもススキもなくなってしまったとたん
姿が見られなくなりました。
相変わらず水辺を、チチッ!チチッ!ッと飛び回ってるのはセキレイさん。。
セグロセキレイが見られました。
大きなトンボを捕まえたようですよ。







秋の実、みのりの季節。

鳥見をしていて低山の林や公園でも、今年はたくさんのドングリが足元を覆い尽くすほど
今年の木の実の恵みは豊かなようです。
その影響か、去年は早々と見られた鳥達も今年はなかなか現れません。
生き物にとっては喜ばしい事なのかもしれませんが、鳥見人にとっては少々辛い状況(苦笑)
でも秋の味覚の豊作は嬉しい事ですね。

秋の味覚の代表的な柿も、今年は狭い庭でもたくさん甘い実を付けました。
そして、JAの直売所では宝石のような実を付けたザクロを見つけ思わず買ってしまいました。

極めつけは、ミツバアケビの実。ブログ仲間のクロネコさんが私が食べた事がないと言った所
食べてみて!っと持ってきてくれました。紫の美しい皮がぱっくり割れ、中から白っぽい実が見えます。
これは食べる前にぜひ描かねば!!
俄然描く気満々で一気に仕上げてしまいました。
秋の自然の恵みがいっぱいのこんな1枚に仕上がりました。




ノビタキさん まだいたの~?

良いお天気が続きます。
利根川河原もとても気持ちの良い風が吹き、のんびり河原のお散歩に良い季節です。
今年はノビタキがたくさん河原で見られましたが、まだいるんですねぇ
もういないだろうと思っていたら、まだ中州と河原を行ったり来たり。。
早く行かないと寒くなっちゃうよ~!!っと少々気がかりではありますが
姿を見られるのは嬉しい事で、矛盾してますね(^_^









中州の浅瀬では気持ち良さそうに水浴びしています。




広い川を眺めながらの露天風呂は気持ちがいいなァ~♪






綺麗になったし、長旅の準備整ったからそろそろ旅立とうかな~!!


鳥のいる風景

今日は朝から上空がちょっと騒がしいです。
爆音と共に5~6機の自衛隊機の編隊飛行が何度も通過したり、
ヘリの爆音が響いたり。。
そのうち何処かで航空祭でもあってその訓練飛行なのかな~?
一応これも飛び物ということでUP...







ところで、最近は白鷺の数もめっきり減り、見かけるのはコサギとアオサギくらいになりました。
アオサギは相変わらず、いつでも、見られますが、こんな風景の中に佇む姿はちょっと良い感じ。
今日は鳥のいる風景を楽しんでいただけたらと思います。





コゲラの次はアオゲラ。。

暗い林の撮影は辛いです。
混群が入って賑やかな林も、まだ落葉樹の葉もしっかり繁り、木漏れ日はあるものの
かなり薄暗くてSSはまったく上がりません。当然のごとく手持ちのコンデジ、テレコン付きでは
ブレまくりで、見られる画像はまったくといって良いほど撮れません。
かろうじてデジスコで何とか。。と思うのですが、動きの早い混群にはこれまた苦戦の連続。

それでも鳥の姿を認めるとレンズを向けたくなるのが鳥撮りの性というものでしょうかねぇ。。
ボケ画像と言い訳しつつの、昨日に続きキツツキを。。。
コゲラよりはかなり大きく、動きもゆったりのアオゲラさんです。







お久しぶりのコゲラさん

平地の低山にもようやくカラ類の混群がやって来て、賑やかな声が聞こえるようになりました。
一番多いのはやっぱりシジュウカラですね。そこにメジロやエナガ、ヤマガラが混ざり、
今回特に感じたのはコゲラの多さです。
アララ!あっちにもこっちにも。。遠目で木の幹をササッと移動するので
もしかしてゴジュウカラ?っと思うと、コゲラでがっかり(苦笑)

こんなにいるのだから、オスの赤いリボン撮りたいな~!と思っても
それはまた難しくて、チラッとも見えませんでした。
でもたくさんの小鳥の声に包まれ嬉しい1日でした。














利根川のカワセミ。

冬鳥達の話題が次第に増えてきました。
河原もススキが一面に広がり、秋の川面には小魚がハネ、
それをじっと狙うカワセミの姿が見うけられます。

でも大自然の中、広い河原では動きも飛翔距離もものすごくて
狙うのは一苦労。公園のカワセミとは一味違います。
心なしか、色も濃く元気に見えました。
ピューンと目の前を飛び去る姿は、コバルトブルーが水面に映え、眼を見張るほどの鮮やかさです。







待ってたのよ~♪ヤマガラさん!

去年は早い時期からたくさんのヤマガラが公園のエゴの実を食べに来て、
もう飽きるほど撮れたのに、今期はなかなか姿を見せてくれません。
何時になったら来てくれるのかな~?っと待ちくたびれていましたが
ようやく、マイフィールドの低山の林にやって来てくれました。

まだ公園のほうは声も聞きませんが、ここまできてくれれば一安心。
いままで、藪蚊の多さに閉口して行かなかったのですが、ようやくやぶ蚊の数も減り
鳥の数もぐんと増えました。

コゲラやメジロシ、ジュウカラの混群にあの懐かしいヤマガラさんも混じっていました。
薄暗い林の中、SS稼げずブレ画像ばかりですが、証拠写真ということでお許し下さい。











林の中、足元には大小さまざまなドングリがいっぱい。。
今年は山の食べ物が豊富なようですね。なかなか降りてこないはずです。

嬉しい出会い。。アオアシシギ。。

シギチには縁が薄いと諦めていたのが、先日タカブシギに会えてから
ラッキーが続きました。今度の出会いは利根川。。そしてアオアシシギです。

春と秋の渡りのほんの数日しか出会えないシギさんに出会えるなんて
ほんとに嬉しい限りです。
利根川の支流の浅瀬でじっと佇んで動きません。
しばし疲れを癒し、また旅立っていくのでしょう。元気な姿春にもまた見せてくださいね。







コチドリ若?かイカルチドリ?

先日の、タカブシギの場所でこんな子にも会いました。
湿地の上をチョコチョコと歩き回る姿は見慣れたコチドリ。。
でもアイリングがハッキリしません。それにいつもの覆面ではないし。。
コチドリ若? それとも時期的にはちょっと早いけどイカルチドリ?
イカルチドリなら嘴や足が少し長めなのかな~?

やっぱりシギチの同定は難しくて、苦手です。
遠くて、しっかり撮れなかったのも残念ですが。。。








そして水の少し多めの場所に、一羽だけキンクロハジロが。。
まだ夏羽で、胸が茶色っぽいですね。それにちょんまげが目だたないのでエクリプスか♀かな。。







初見、初撮りのタカブシギ。。

シギチの渡りのピークは過ぎたようですが、まだ少しだけ見られると
ブログ仲間さんから教えていただき荒川沿いの鴻巣まで行ってきました。

広い河原の一角の水溜りのような池に、数羽のシギがいました。
私はシギチは詳しくないのですが、お仲間の話ではタカブシギとのこと。。
初見、初撮りの嬉しい出会いになりました。
初めはかなり遠くて、草かぶりでしたが、少しずつ、近くに来てくれ
1度に2羽1フレームに入るなど、嬉しい撮影が出来ました。














今期は諦めていたシギチとの出会いのチャンスを下さった
ブログ仲間さんに深く感謝いたします。ありがとうございましたm(__)m

河原で。。オオタカさん

川の土手を歩いていたら、突然鴨がいっせいに飛び立ちこちらに飛んできます。
あれっ!っと思っていたら、白っぽい鳥が急旋回。
オオタカの狩です。 
でも残念ながら失敗に終わったようで、護岸ブロックの上でしばし休憩か。。
失敗を私に目撃され照れ隠しか。。
何事もなかったように、ゆっくり水を飲み始めました。
そしてゆっくり飛び去っていきました。

命拾いしたコガモの群は、少し上流でまたのんびり泳いでいました。












久しぶりに、庭の花。秋の花々です。

この辺りでは兼業農家が多く週末は会社の休日を利用して農作業の家がほとんどです。
そのため週末はあちこちで稲刈りのコンバインが活動しています。
今まで田圃にいたノビタキも、それで河原に多くなったのかな~?なんて気もします。

あたりの風景が秋から晩秋に変わりつつある中、久しぶりに庭に目をやると
手入れもしていないのに、しっかり秋の花々が花を咲かせてくれていました。
鳥ばかりに目を向けていて申し訳ない思いで、今日は庭に花々を。。。

ヘリアンサス(ゴールデンピラミッド)  鮮やかな黄色が目を引きます。



フジバカマ(まだ蕾。。)



ホトトギス(花の斑紋が鳥のホトトギスの胸の模様に似ているのでこの名が付きました)



金木犀(良い香りがします~♪)



プレクトランサス(しそ科 とても丈夫。下垂して咲きます)



シュウメイギク(キクと名がつきますが、キク科ではなく、キンポウゲ科)



タマスダレ(ゼフィランサスーカンディダ)


利根川河原のノビタキさん

今年はヤマガラや秋の渡りの鳥が少なくて、待ち焦がれている中で
なぜかノビタキだけはたくさんやって来て、あちこちで可愛い姿を見せてくれます。

少し前まで我が家の近くで見られたのが、数が少なくなったと思っていたら
今度は利根川の河原でたくさんのノビタキさんに出会えました。
ほんとにもう、見放題、撮り放題といった感じでした。

毎回ノビタキばかりですが、今日もまたお付き合いくださいませ。

















こちらの画像は、画面クリックで大きな画像表示できます。


ノビタキ様貸切露天風呂。。

ここはとある河原の小さな露天風呂。。
三々五々集まってくるのはノビタキ様ご一行。



やっぱり疲れをとるにはお風呂が一番よね~♪
それにこんないい景色の露天風呂なら最高よね!



それじゃお先に失礼しますよ。。
ちょっと狭いけど、でもそんなの関係な~イ!



ア~ッ!気持ちいい!ゴクラク!!ゴクラク!!




ちょっと失礼して、バシャバシャと浴びちゃいましょう。





ア~ッ!さっぱりした。。皆さんも利根川沿いの露天風呂いかが~?


公園のキセキレイ

いつもの公園の日本庭園の築山に小さな滝があります。
少し前は水が流れていなくて、閑散としていたのですが、
数日前からまた水が流れ始め綺麗な風景になりました。
そこにさっそくやってきてくれたキセキレイさん。。
この鳥はほんとに綺麗な黄色い羽色で、こんな背景が似合います。
綺麗な鳥が綺麗な背景で撮れるなんて嬉しいチャンスです。













チョウゲンボウです。

また撮り置き画像ですが。。
3連休は良いお天気でしたよね。駐車場で車を洗っていたら突然猛禽が飛んできました。
目で追うと、近くの電線に止まりました。
こうなったら車どころではありません(笑)急いでカメラとってきてシャッター押したら
こっちを見てさっと飛び立ってしまいました。
かろうじて3ショット。。








こちらは別の日の1ショット。。


秋のホオジロさん。。

昨日は息子の結婚式で鳥見は出来ませんでしたのでその前の日の撮り置きから
草原のホオジロさん。 
いい声で囀る声が聞こえてきたので草原を見ると、セイタカアワダチソウの上で
大きな口を開け、気持ち良さそうに囀っているホオジロさんを見つけました。
黄色くなり始めたセイタカアワダチソウやススキを見ると秋の気配が
野にも広がってるのを実感しますね。










長男の結婚式でした。

昨日7日は我が家の長男の結婚式でした。
軽井沢の「内村鑑三記念堂、石の教会」で挙式の後、ホテルブレストンコートで食事会。
新郎新婦の親兄弟と、友人数人だけのこじんまりしたアットホームな式でしたが
まだ紅葉には少し早いものの、青空の下、凛とした空気は清々しく、良い思いでになりました。

折りしも3連休のなかびの日曜日。軽井沢駅からすでに人ごみと渋滞。。
今回はまったく時間もなく鳥を見る暇もチャンスもありませんでした。
でも教会の周りの森からは、シジュウカラの囀りも聞こえ、赤いヤマボウシの実が綺麗に実り
いい雰囲気でしたよ。

石の教会。



ヤマボウシの実がたくさん赤くなっていました。



近所で鳥見。。キジと、この羽だ~れ?

良いお天気です。爽やかな風の中近くをブログ仲間のクロネコさんと一緒に
ノビタキ見たり、空き地を歩いたり、公園に行ってドングリ拾いしたり
楽しい時間過してきました。
写真はあんまり撮れませんでしたけど、色々なものに出会えたのは
それなりの成果です。

空き地では、ノビタキ初め、少し前をキジが横切りどんどん先に先に行ってしまいました。
かろうじて2カットだけ撮れました。






その少し後で、グワッッと言う一声を残し飛び立ったシギらしき鳥。。
先日もこんな風に後姿を見送ったのですが、2人で確かにこれは何かのシギ。。もしかして
タシギとかそういった感じの。。。と頷きあったものでした(笑)撮れなかったのが残念!!

その後公園でドングリ拾いしながら歩いていると、鳥の羽の散らばってる場所が。。
猛禽(多分オオタカ)の食痕と思われます。
こんな羽が散らばってましたが犠牲になった鳥は何でしょう?
もしかして、ツツドリ? だとしたら惜しいことをした~!!


長さは 上から15cm 13.5cm 10cm 7cm


またノビタキですが。。

昨日、今日良いお天気でまた暑くなりました。
いままで曇りがちで涼しかったのが、また暑くなって、ノビタキどうしてるかな~?
この暑さで移動しちゃったかしら?っと思いながら行ってみたらびっくり!!
すごい数のノビちゃんが居ます。
あそこにも、ここにも。。車を道路わきに止めてじっとしてると
すぐ近くの草に止まっったり、ホバリングして虫キャッチを見せてくれたり。。
あんなにいっぱい居るってことは、集合してそろそろ移動かな。。

とにかく撮り放題といった感じのノビタキでした。




アキノノゲシの花とノビタキ。。



わっ!急に飛び出すなんて!!びっくり~!!









正面顔はちょっと変。。


鴨たち増えましたね。。

北本からの帰りにちょっとだけ様子見に八丁湖にもよってみました。
ここは冬になると、ルリビタキやミヤマホオジロなど見られるので
その頃は大勢の鳥撮り人で賑わいますが、今はしんとして、
時々ジョギングや散歩の人が来るくらい。
そして、まだ小鳥の声といえばシジュウカラが少しいるくらいで静かな林です。

春先まで工事のため水の抜かれていたため池も工事が終わり
水が湛えられ鴨たちがたくさん泳いでいました。
また今年も、たくさんの鴨がやってきたようです。

カルガモに混じり、オナガガモやヒドリガモの姿も確認できました。
いよいよ冬鳥の季節ですね。

ヒドリガモ






オナガガモ 


盛んに水浴びしていました。結構ダイナミック!




荒川のオオタカ若鳥。。

昨日掲載のノビタキを見つけた同じ河原で、オオタカの若にも出会えました。
小雨が降り始め濡れた羽が、ちょっとみすぼらしい感じに見えてしまいますが
れっきとした猛禽若。。顔立ちにはその精悍さを感じられます。
まだ若鳥なので羽色も成鳥とは違い、茶系です。








そして、北本の公園内もせっかくなので一回り。。。
まだ鳥の気配もなくひっそりとした草むらに虫の声が響き、
秋の草花が咲き誇っていました。

ツリフネソウの赤紫の花と右側にミズヒキ草の赤い小花がみえます。



この花の同定は難しい。アキノウナギツカミ、ミゾソバ、ママコノシリヌグイ。。
そのどれかとは思いますが。。一面咲き乱れとても綺麗です。


荒川のノビタキ

昨日ヨタカを撮った後に、荒川の河原のほうを走ってみました。
ホントはムナグロの若の群が居るらしいという事で行ってみたのですが。。
どうも私はシギチには運がないようで。。(^_^

その代わりに、ノビタキとオオタカの若に会えました。

昨日のノビタキは近所の田圃で雨の中ですが
こちらは曇りの河原のノビタキです。
2日連続のノビタキですが。。











雨にも負けず。。ノビタキ。

今日は朝からヨタカに会えたので嬉しくて、
頑張って2つめの記事をUPしてしまいましょう。。

昨日はヨタカを撮りに出かけたかったのですが朝から雨。
それもかなり強く降っていたので残念ながら予定中止。

買い物に出かけたら、途中の田圃にスズメとはちょっと違う鳥が。。
明るい茶色は間違いなく冬羽のノビタキさん。
奥日光の戦場ヶ原の頭の黒い子とは違いシックな茶系です。
買い物が終わって家に帰ってから、またカメラ持って出かけて見ました。

雨は相変わらず強く降っている中、傘をさして足元ぬらしてノビちゃん狙います。
カメラのレンズを濡らさないように気遣うので自分はビショビショ(ーー

でも自宅の近くの田圃でノビタキ撮れるなんて嬉しくて、雨も気にせずシャッター押し続けてしまいます。雨の中、傘差して撮影なんてと呆れられそうですね。