FC2ブログ

朝から雨です。。

今日は朝から出かけたかったのに、この雨で断念。。
恨めしく空を見上げています。
明日こそ晴れないまでも、雨やんで欲しいな~。。
週末バーダーさんはきっと同じ思いの方も多いことでしょうね。

仕方ないので先日の撮り置きから、バンの若ちゃんです。
水が綺麗な遊水地なのでバンもキレイに見えました。







スポンサーサイト



公園にいた鳥は。。

いつもの公園にもそろそろ渡りの小鳥達がやってきても良い頃と思い
出かけて見てはいるのですが、未だにヤマガラの声もヒタキの姿もなし。。
もうエゴの実は熟して落ちてしまいそう。。
わずかに西の沼の側で、コサメビタキらしき小鳥を撮ったのですが
真っ暗でシルエットのみ。。

今期はダメなのかな~!!っと空を見上げたら、カケスの10羽くらいの群れが
上空を飛んでいきました。そうか!そろそろカケスもやってきたんだね。
でもあのカケスは通り過ぎちゃったし。。どこまで行ったのかな~?

何とか撮れたのはいつものシジュウカラとオナガだけでした。









彼岸花とカワセミ

いつも行く公園では、数羽のカワセミを見ることが出来ます。
その沼の岸辺や遊歩道沿いには赤や白の彼岸花が咲き
萩の花が揺れ、秋の風情を感じさせてくれます。
理想的にはそんな花にカワセミがとまってくれたら最高なんですが
そんなナイスショットは夢のまた夢。。

写真がダメな時は描くしかありません。
今回は珍しく背景をきっちり付けて見ました。
ちょっとしつこくなっちゃったかな。。



モズの声ばかりが。。。

先日ヒタキ類を撮った場所にまた行ってみました。
キビタキ後姿しかだったので今度こそ可愛い顔も撮りたいと行ってみたのですが。。。
コサメもエゾビタキも。。何もいません。あんなに飛び交っていた子達が
まったく声も姿もなし。。すでに抜けてしまったのでしょうか
聞こえてくるのはモズの声ばかり。。。

これだから鳥見は難しい、だから面白いのかな~(^_^

そんなわけでモズです。

セイタカアワダチソウが早くも黄色く咲き始め秋の気配です。


こちらはモズメス。。黒い過眼線がないので優しげに見えます。





偶然飛び出しが撮れました。大トリミングなのでボケ画像ですが(^_^





寛ぐオオタカさん。。

昨日は中秋の名月、十五夜の月が綺麗に見えました。
厳しかった暑さも和らぎ、野歩きも良い季節になりましたね。

真夏にはまだ巣立った雛がピーヤ!ピーヤ!と大騒ぎしていたオオタカも
お盆後からはぴたりと声がしなくなりどうやら無事に巣立っていったようです。
最近はようやく一人でのんびりできるようになったらしく
木の上のほうでゆったりと佇む姿を時々見かけます。

渡りの小鳥達ももちろん可愛いですが、オオタカの姿はやはり貫禄があり
一目を置く存在であることは確かですよね。













ようやくのヒタキの仲間たち。。

ここ2~3日、涼しい日がやって来てようやく秋の気配が気温の上でも
感じられるようになってきました。
川ではコガモ、マガモもやって来ていよいよ渡りの鳥や冬鳥の到来が始まりました。

そして、林でも待ち焦がれたヒタキの仲間達が勢ぞろいです。
まだやぶ蚊が多く、長袖長ズボン、虫除けは必需品。
それでも、可愛いコサメビタキ、エゾビタキ、おまけにキビタキまで見られたら
やぶ蚊の襲撃にも我慢ができるというものですね(笑)

いよいよ鳥見の季節がやって来た感じで、毎日がワクワク気分。
リュックしょって、カメラ持って出かけるぞー!!

コサメビタキ





エゾビタキ




小首をかしげたこのポーズ、可愛いです~♪



そしてなんとキビタキの♂まで。。残念ながらこのワンショットのみ
ちょっとで良いから、振り返って欲しかった~。。


マガモも来ています。

先日コガモが来ていた川に今日はマガモもやってきています。
まだオスは換羽途中。でも頭の緑がかった感じは少しですが判ります。

コガモ、マガモがやって来て次に来てくれるのはどんなカモかな~!
楽しみに待っていましょう♪

上からカルガモ、マガモメス、マガモオス換羽中







左の小さいのがコガモ、次がマガモオス マガモエクリプス



マガモオスのエクリプス。


チョウ2種

公園で鳥実をしているときれいなチョウにも出会います。
あんまり撮らないのですが、この時は2種。ちょっと変わってたので撮って見ました。

ウラギンシジミのオスでいいのかな?
翅を閉じると白、開くとオレンジの対比が面白いですね。








こちらはコムラサキ。
オスは光の位置によって色々に輝きとても綺麗なチョウです。




相変わらずのカワセミです。

久しぶりに雨になり、涼しい朝を迎えました。
ようやく秋の彼岸らしい涼しさにほっとしているのは人間ばかりでなく
庭の花や、鳥達も同じでしょうね。
これで一気に涼しくなり、渡りの鳥や冬鳥が来てくれると嬉しいのですが。。

雨で出かけられないので、金曜日(21日)の撮リ置きのカワセミさんです。












この画像は画面クリックで大きな画像ご覧いただけます。


コガモがやって来た~♪

公園にはようやくシジュウカラなどが見られるようになって来たと思っていたら
川のほうにも少しだけ変化があったようです。
川の鴨の数が増えた気がして、よく見るとやってきてました。。
第一陣のコガモさん。 メスとエクリプスのオスかと思っていたら
すでに換羽が始まってるオスでした。
鴨達の移動も始まり、こちらも楽しみが増えました(^^♪








ただいま換羽中のオスです。


シジュウカラがようやく。。

暑さ寒さも彼岸までと言われていたのに。。
最近の暑さはまだ真夏の暑さ。。
そのせいかどうか、去年の今頃は、ヤマガラ、コサメビタキなどが
たくさんやって来て賑やかだった公園も、見られるのはカワセミと
カモ、サギくらい。。。
ようやく小鳥の声が聞こえてきたと思ったら、久しぶりのシジュウカラです。
数羽のシジュウカラがハンノキやシダレ柳の間を飛び回っています。

この中にエナガやメジロが混じる混群になってくれるといいのですが
まだシジュウカラの単体だけのようです。
この暑さが和らがない限り、鳥も来てくれそうもないですねぇ。。。










ヒヨドリも背景次第。。?

カワセミの公園に日本庭園があり、そこに小さな滝があります。
ここは苔むした石に綺麗な水の流れで、背景としてはかなり綺麗な場所です。
時々、キセキレイなどもやって来て、絵になるシーンを見せてもらえます。
もちろんカワセミなどが来てくれれば一番良いんですけど。。
でもちょっと厄介者といった感じのヒヨドリでもこんな良い背景の下なら
少しは絵になる画像になりそうです。

夏の間はあまり声も聞かなかったヒヨドリがまた賑やかに飛び交い始めました。







こちらは成鳥のカワセミ。。

昨日のカワセミ若と比べて見て下さい。
こちらはカワセミの成鳥。。尾羽も長く足の色も鮮やかですね。
やはり同じ公園に2羽一緒に飛び回っていました。
この公園では、西に2羽くらい。。真ん中の日本庭園に2~3羽 東の沼に2羽くらい
見られます。西と東は若。。真ん中は成鳥のようですが。。。
はっきりテリトリーは決まってるのかどうかは不明です。
見られる場所は違いますが、同一固体が移動してるだけかもわからないし。。
何羽いるかは実際には判っていません。

♂の成鳥。。







こちらはかなり成長した1番子のようです。


2羽で嘴を開いて同じようなポーズで笑ってるように見えますけど
いったい何をしてるんでしょうねぇ。。



左にいた1羽が飛び立ってもまだ、こんな顔をして立ってました。
嘴の下が赤く尾羽も長いメスの成鳥かあるいは一番子と思われます。


今日のカワセミさん~♪

3連休も終わり、公園はようやく静かな佇まいになってきました。
人が多くてあまり姿を見せなかったカワセミも今日は少しゆったり
日本庭園で2羽が追いかけっこしたりダイビングしたり。。
西の沼でも別の子が見られました。
やはりあまり人が多いとカワセミも警戒してしまうのでしょうかねぇ。。。

今日の朝のカワセミさんです。








ちょっと暗いです




1枚目を少し大きめにトリミングしてみました。


休耕田はアオサギばかり。。

車の目の前をグェーと言う一声と共に飛び出した鳥の姿が
もしかしてタシギかオオジシギ?なんて期待をして目で追ったのですが
またしても見失ってしまいました。後姿はシギっぽかったんだけど。。。
もしかしたらイソシギかも。。
でもどっちでも良いからと少しスピード緩めてのろのろと窓から見ていたのですが
残念ながら見つけられませんでした。。

休耕田にいたのは相変わらずアオサギばかり。。(泣)








モズの高鳴き。。

この声を聞くと秋だな~!!と感じる季節を象徴する鳥の声に
モズの高鳴きがありますね。
初秋の風物詩的なモズの声が、また今年も聞こえてきました。
キィー!キィー!と言う甲高い独特の声の主を探すと
裏の電線のてっぺんで尾羽を振りながら鳴いています。

あまりに遠すぎて、ボケ画像、証拠写真ですが、モズの高鳴き今期の一号ということで
ここに記しておきたいと思います(^^♪

大き目のトリミングのため画面が荒れている事、ご容赦下さいm(__)m








カワセミ若ちゃんその後。。

先日のカワセミ3番子。。毎日沼にやってきます。
昨日も元気な姿を見せてくれました。
今日から3連休なので、公園は子供たちや散歩の人が増え、
見られる確率は減ってしまうかも知れません。。
その前に平日の落ち着いた状態のカワセミ若ちゃんを見に行ってきました。
元気に飛び回る姿、嬉しいですね。









カメラの直前に草があり前ボケになってしまいました(ーー









カイツブリの若ちゃんも。。。

カワセミ3番子の沼にはカイツブリの若ちゃんもいます。
ピッ!ピッ!っと鳴きながら泳ぎ回っています。
カメラ向けるとすごいスピードで移動するかパッと潜って
はるか離れた所からひょっこり顔を出すしぐさもなかなか可愛らしいですね。

1羽のカイツブリ若ちゃんが何かを銜えています。
何かな~っとよく見るとどうやらトンボのようです。
へぇ~!カイツブリってトンボまで食べるの?っと妙に感心してしまいました。










大きくトリミングしてみます。トンボって判りますよね。


カワセミ3番子

毎年子育てをして、何羽もの雛たちを公園に連れてきてくれるカワセミさん。
5月から9月頃までの繁殖期に何度か子育てをします。
今年もすでに羽色も鮮やかに足も赤く雌雄の区別も付くほどに育った1番子を
見せてもらっていましたが、今日はまだ巣立って間もないおそらくこの時期なので
3番子かと思われる幼鳥に出会いました。
まだ羽色は黒っぽく、産毛も混じっています。足も黒くて表情も幼げですね。
これで今年の繁殖はそろそろお終いかな。。。











相変わらずサギですが。。

秋の長雨というシーズンなんでしょうか。。また大雨の警報など出ています。
先日台風で大雨が降ったばかりなので、ゆるんだ地盤の土砂崩れなどお気をつけ下さいね。

そんなわけで鳥見も儘ならず、雨の合間に少し近場を散歩した時のものだと
やっぱり定番のサギばかりです。でも季節も少しずつ秋の気配で、
止まってるクサギの花が咲き、少し雰囲気が初秋っぽくなってきたかな~?









公園のカワセミ。。

雨や曇りでハッキリしません。
公園は彼岸花が咲き、萩の花が咲きすっかり秋の気配。
カワセミも、ちょっと薄暗い柳の木でじっと蹲っています。
薄暗くてべったりした画像になってしまいましたがいつものカワセミ。









そして先日と同じキジバトでしょうか。。エゴの実を食べ過ぎて喉が渇いたのか
盛んに水を飲んでいました。


早くも彼岸花が。。

今年は彼岸花の開花が早いようですね。
他のブログで見せていただいていたものの、まさかこちらでも咲いてるとは
思っていなかったので、しばらく行って見なかったのですが
なんともう白花もアカバナの彼岸花もしっかり咲いていました。

彼岸の頃に咲くので彼岸花って思ってたし、今までも何時もその頃に咲いてたのに
今年はほんとに早いです。やっぱり真夏の猛暑とかの影響なんでしょうかねぇ。。

鳥達がやってきてくれるのも、もうすぐかな。。










台風で落ちちゃいました。まだ青い柿。。

台風一過。ここ熊谷は真上を通過したというわりには、
何も気にせずぐっすり寝ていたという私は、かなり無神経な人間なんでしょうかねぇ
後で聞いて見ると、皆さん夜中に怖くて目が覚めたとか。。。
翌朝庭に出て見ると、3鉢の植木鉢が転がってるのでそれを直し、倒れた草花を起こし。。
足元にはまだ青い柿の実がいくつも落ちていました。
実だけ落ちているのがほとんどでしたが、中には枝が折れているのも幾つか。。

せっかくなのでこれを描いてみようと思います。
黄色く熟したのは何度か描いてるのですが、青いのはあまり描いていないですね。
台風のおかげで、ちょっと変わったモデルさんに出会えました。




ゴイサギと若のホシゴイ。。

昨日のオオバンのいた沼には、変わったシギの姿は無し。。
いたのは他にカルガモとサギ類。。
中でもゴイサギとホシゴイが水に浸かった草の間にたくさん潜んでいます。
少し近づくといっせいに飛び立って行きました。
でも上を一周旋回してまた草むらに舞い降りていきました。
台風一過でも、何事もなかったように水辺で繰り広げられる鳥達の生活。
みな逞しいですね。













沼の水鳥。。オオバン

台風一過。。こんな時には台風の風に乗って方向を失った鳥達が迷い込んでくるという
事が時々あり、普段見られない鳥や珍鳥にあえるチャンス。。とばかりに
近くの休耕田などを回ってみたのですが。。。
増水して濁流の流れる川には、行き場を失って土手でうろうろするカルガモやカワウばかり。。
後は田圃の白鷺くらいで、目指すシギチには会えませんでした(T_T)
少し足を伸ばし車で沼を見にいったところ、やはりゴイサギばかり。。
その中にオオバンの姿を見つけました。シギチじゃないけど。。パチリ。。
この鳥の目を撮るのは難しいですね。今回も目無しになってしまいました。










正面顔は、千と千尋のカオナシに見えてしまうのは私だけ?


台風一過。。

今回の台風、ほんとに久々に首都圏を縦断して過ぎて行きました。
昨日の夕方から、ニュースでも台風情報で交通網が運休になった様子など
ずっと気になってみていましたが、段々風雨が強くなっていきます。
夜雨戸を閉めて寝てしまったので気付かなかったのですが、
まさに我が熊谷を通過して行ったようです。
でも、朝起きてみたらすでに通過後で、植木鉢が3個ばかり倒れて
まだ青い柿の実が幾つか落ちていた他は、さしたる被害もなくすぎてくれほっとしています。

でも土砂崩れや浸水などで被害のあった方々もたくさんいらっしゃる事でしょう。
お見舞い申し上げます。そしてこれから台風が進んでいく地域の方々、
くれぐれもお気をつけ下さい。

台風一過というと、からっと秋晴れの青空というイメージですが、残念ながら
まだ残暑といった感じの蒸し暑さが戻ってきてしまいました。
でも、田圃の稲も倒れることなく稲穂の上をスズメが飛び交っています。
農家の方々ホッと一安心してる事でしょう。








沼にイソシギ。。。

台風が近づいています。
時々サーッと雨が降ったり、やんだりを繰り返し、蒸し暑いです。
今日午後にも首都圏直撃か!といわれています。皆さんご注意くださいね。

いつもの公園の沼にイソシギが飛んできました。
3羽一緒に、枯れて倒れ始めた水草の上で採餌しています。
この近くの休耕田で見たという話を聞いていたのですが
珍しくこっちの沼にやってきてくれました。
何時も大きなダイサギや、アオサギを見てる場所でのシギは可愛くて
とっても嬉しい訪問者です。













エゴの実とキジバト

そろそろヤマガラが来ないかな~!と思いながら眺めているエゴノキ
去年は早い時期からたくさんのヤマガラがやって来て、エゴの実を食べる
ヤマガラの姿をたくさん見ることが出来ました。
今年は、山にもたくさん餌がありそうなので、降りて来るのは早くはなさそう。。
でもやっぱり待ち焦がれて、エゴの木を見てしまいます。

そんな注目のエゴの木にやってきたのは、キジバト。。
ハトもこんな実が好きだったの~? ヤマガラの分も残しておいてね。







鳥見 番外編

鳥といってもすべてが自由に飛び回る野鳥ばかりではありません
中には篭脱けや、人が勝手に放してしまった鳥など色々。。
今日はそんな野鳥とはちょっと違う番外編の鳥達のご紹介です。

利根川にはもうずいぶん前から、1羽のコブハクチョウが暮らしています。
たった1羽だけで、なんだか可愛そうな気がします。。




そしていつも行く公園では、白いアヒルと、その間に生まれたらしい
アイガモの姿が





こちらは、ダチョウ。。ある老人介護施設の一角に飼われているようです。
以前は数羽いたのですが今はこの1羽しか見当たりません。胸の辺り怪我をしてるようで
傷が痛々しいです。


鷺のいる風景

青田も少しずつ実りの秋に向けて稲穂が出始め
その上を飛び交うスズメやツバメの姿が目立ちます。
その一角の休耕田に鷺の群が飛んできました。
チュウサギ、ダイサギ、そしてすでに白く変わったアマサギも混ざっています。
その中に1羽だけまだほんのり色の残ってるアマサギもいましたが
ほとんどのアマサギはすでに冬羽に換羽して、他のサギとの見分けが付き難くなりました。
鳥達もまた、秋に備えて変化してきてるのですね。。