FC2ブログ

いつもの場所にカワセミ若鳥。。

今年はカワセミがいつも見られた場所で見られず、
少しがっかりしていたのですがようやくいつもの公園で
カワセミの若鳥を見かけるようになりました。
去年は5羽くらいの若鳥がいたのですが今年は2羽しか。。

それでもまたちょっと黒っぽい羽や足の若鳥の姿がまた今年も
見られてとっても嬉しく、安心しました。











スポンサーサイト



奥日光、番外編

昨日はカミナリ凄かったですね。。
皆さんPCとか被害にあわないようにお気をつけ下さいね。
今日は朝から雨。湿っぽいけど少し涼しいので助かります。

そして今日もしつこく奥日光の話題です。
今日は番外編として、鳥やそれ以外にも少し撮ってきた物を。。

その前にノビタキの若鳥の先日掲載しなかったものでかなり良さそうなのが
あるのでそれも見てくださいね~♪






この画像は画面クリックで大きな画像ご覧いただけます。



わかりにくいですが、ニュウナイスズメも。。でもこの1ショットだけしか撮れませんでした。



そしてこんな動物も。。熊かと思ってゾッとしたら鹿でホッと胸をなでおろしました



これが出発点の湯滝。。ここから赤沼まで歩きます。



途中の泉門池(いずみやどいけ)



赤沼の駐車場からの戦場ヶ原から見える山の風景。。



奥日光、戦場ヶ原遠征。。長らくお付き合い頂きありがとうございました。
以上ですが、たくさんの小鳥にもあえいい場所でした。
この時期は子供たちの林間学校などで賑わうので、夏休み中はちょっと鳥見は
難しくなります。また紅葉シーズンに美しい風景を訪ねて見たいものです。

奥日光、ホオアカ。。

奥日光、戦場ヶ原ネタが続きます。もう少しお付き合い下さいね。
今日はホオアカ。。ノビタキよりは数は少なめですが、この季節の
湿原を彩ってくれる鳥さんですね。
ほっペの赤い丸がトレードマークの高原の夏の鳥さんです

にわか雨にまだ羽が濡れています。









こちらはまだあどけない顔立ちで、幼鳥かな?




奥日光のノビタキⅡ

戦場ヶ原のノビタキ、昨日は若鳥でしたが今日は頭の黒い成鳥のオスです。
やっぱり夏羽のノビタキと言ったらこの黒頭巾ちゃんですよね。
この時期の湿原は、穂咲きシモツケのピンクの花が咲きそろい、
シシウドの大きな花がさき、そこにとまる鳥との素敵なツーショットが素敵です。














色々な植物もこの時期はきれいに咲き、湿原をにぎわせています。
ホザキシモツケは、バラ科、シモツケの仲間の木本生の落葉低木です。
本州ではここ戦場ヶ原、光徳、小田代ヶ原一帯以外は長野県の霧が峰にしか生育していない
種類だそうです。

こんな植物を見ることが出来るそうですよ。


奥日光でノビタキ~♪

この季節は平地で見られるのは、留鳥のスズメやカラスくらいしか。。
やはり高地に行かないとなかなか鳥には出会えません。
熊谷から奥日光までは、まだ夜も開けきらぬ頃に出かければ渋滞にも巻き込まれず
約2時間ちょっとで早朝に到着できます。
朝露や朝靄の奥日光戦場ヶ原では、ノビタキやホオアカなどの鳥の声が響きます。

湯滝から赤沼までの定番のコース、途中でにわか雨にあったりハプニングもありますが
目的のノビタキはたっぷり撮ってこられました。
まずは、ノビタキの若鳥から。。。

こんな鳥達に出会えます~♪
熊よけの鈴もお忘れなく!!



ノビタキの若鳥です。





穂咲きシモツケの花にとまってくれました




オオタカ比べてみてください。。

近くのフィールドのオオタカさん。
先日まだあどけない幼鳥を紹介しましたが、こちらはそれより大きな若鳥です。
オオタカは独立するまで3年といいましたが、この若鳥は2年目くらいでしょうか。。
まだ親の縄張りの中で、幼い兄弟のそばで暮らしていますが
大きさや表情はもう成鳥とあまり変わりませんね。
ただ、まだ胸の縦縞や色合いで若鳥と判断できます。









こちらが幼鳥。。



そしてこちらが成鳥です。


花と虫たち。。

庭の花に蝶や虫が飛んできます。
時々アオスジアゲハなども来るのですが、これは止まってくれず
撮ることが出来ません。一番よく来て撮りやすいのが、ベニシジミですね。




ベニシジミがルリタマアザミにやって来て、蜂とはちあわせ。。。





アメリカギクにもやってきました



これもルリタマアザミとベニシジミ。



ダリアの花の中にアマガエルが。。


久しぶりに、カワセミ。

今年はカワセミが少ないのか、いつもの近所の川でも、少し先の沼でも
見かけることがなくなってしまいました。
今見られるのは、公園近くのこのカワセミだけ。。。
人通りの少ない、薄暗い沼の木の繁った場所に、ひっそりと止まっている事が多いようです。

かなり離れた橋の上からなら撮れますが、それ以上に近づくとすぐに飛び去ってしまいます。
かなり神経質で、臆病な固体なのか。。。何時も一人ぼっち。。。
とうとう番にもなれず、今年は繁殖なしのようです。

この日は、何度もダイビングして餌獲りチャレンジしてましたが、空振りばかり。。。
体が濡れて、羽が張り付いてちょっと貧相(苦笑)
でもあのコバルトブルーは健在です。









カイツブリ子育て中。。。

梅雨が明けたの?と思えるような、青空が広がって
久しぶりの晴天です。
爽やかな朝ですが、これから気温も上がりそうです。いよいよ夏。。
学校はもう夏休みですものね。。

いつもの川でまた今年も、何組かのカイツブリが子育てをしています。
もう元気に親と一緒に泳ぎまわってる一家。。
まだ卵を抱えてる一家。まだ幼いので背中におんぶしてる一家と
それぞれが、一定の距離で営巣し子育てに余念がありません。
ケレ!ケレ!ケレ!というあの独特の鳴き声が響き渡り、川は賑やかです。















畑にキジがいました~♪

何時も買い物の途中に通る道際の畑には、時々キジが出てきます。
少し先に休耕田があり、かなり草が繁っている場所がねぐらのようですが
昼間には、その周りの畑や水路脇で採餌している姿を見かけることが
たびたびあります。
この日は、オス、メス、両方がネギ畑の隣の休耕田で餌を探していました。
車の中から撮ると、わりあい警戒しないでいますが、降りるとあっという間に
逃げてしまいます。野鳥撮影には車の中は結構お勧めですね(^^♪

















アマサギがやって来た~♪

先日お隣の行田市の農耕地までアマサギ撮影に行ってきました。
その後、我がフィールドにもそろそろ来てくれる時期だと思いながら
待ち焦がれていたアマサギがついに20日に確認できました。
去年と同じ20日。。。鳥って正確にその時期を体内に記憶してるんでしょうかねぇ。。
でもすぐ近くの水田に10数羽がやって来て、青田のなかで採餌している姿は
何時見てもいいものですね(^^♪

お帰りなさい、アマサギさん。。。しばらくここでゆっくり羽を休めて
のんびり過してくださいね(^^♪













奥利根のキセキレイ。

渓流でチッ!チッ!ッと鳴きながら飛び交うキセキレイの姿はよく似合いますね。
黄色い色も緑に映えより美しく感じられます。
どうせならそんな渓流の流れを背景にいてくれたらもっとよかったのですが、
残念ながら通路の上。背景はよくありませんが、キセキレイの若鳥のようです。









奥利根のオシドリ。

奥利根の渓流を旅館の8階の窓から眺めていたときの事
渓流に注ぎ込む小さな流れの小川の草むらに鴨のような鳥の姿4羽を見つけました。
遠くからで、多分カルガモだろう、、くらいの気持ちで特に写真にも撮らず。。
その後翌日になって、早朝窓の外にたくさんのアマツバメが飛び交うのを見つけ
何とか撮りたくてシャッター押し続けるも、まったく画面に捉えられず惨敗(T_T)
腰の白さはくっきり確認できたのでアマツバメである事は間違いなかったです。

そしてアマツバメは諦めてふと昨日の場所を見ると、やはり鴨のような姿が。。
もしかしたら、マガモの若鳥かな?と思いシャッターを押しました。
あまりの遠さと、デジスコはもう出発前でしまいこんでしまったため
望遠のデジカメでの撮影ということでほんとに証拠写真ですが、なんとなくオシドリの若のような?

調べてみたら、山あいの渓流沿いの広葉樹林内で木洞の中で子育てするとのこと。。
そうと判っていたら、もっと撮れそうな場所探して、撮ったのに残念!








オシドリ♂のエクリプスだとしたら、秋になったら換羽してあのきれいなオシドリの姿になるのかな?
紅葉の頃に来てそんな姿見て見たい気にさせられました。

利根川上流のカワガラス。

水上温泉に行き、奥利根の渓流沿いを少し歩いてみました。
もしかしたら、カワガラスにあえるかもという期待どおり
川の流れの中や石の上をチョコチョコと動き回るクロっぽい鳥の姿を見つけました。
私のフィールドの利根川では見ることが出来ない渓流に住む鳥なので
今回は見られて嬉しかったですね。

同じ利根川なのに、上流と中流ではこれほど違うのかとちょっと驚き。。
水の量は少なめで綺麗なせせらぎといった感じの渓流です。













水上方面行ってきましたⅡ

せっかくの水上方面旅行、楽しみにしていたのにお天気は曇り。。
何より残念だったのは、谷川岳ロープウエーで天神平まで行ったのにあたりは一面の霧。。。
ガスってしまい、谷川岳の雄姿を目の前で見ることが出来ませんでした。
それでもニッコウキスゲやトリアシショウマ、ノリウツギの爽やかなブルーが
霧の中でもきれいな姿を見せてくれました。

ローブウエーで天神平展望台へ



晴れていればこんな山々の絶景が望めるはずでした。。。



でも実際はこんな感じで(泣)




霧の中で、ニッコウキスゲ



同じく霧の中のトリアシショウマ



でもワイワイ、ガヤガヤとっても楽しい2日間でしたよ。

水上温泉行ってきました。

18日、19日の2日間、群馬県の水上方面に行ってきました。
宿は奥利根館。。。利根川の上流域のせせらぎに面した、緑に囲まれた温泉です。
私の姉妹3組の夫婦と母の7人。
ちょっととぼけた、ボケ始め?といった感じのお婆ちゃんと賑やか中年オバサン3人とその夫達の珍道中です。途中、月夜野のガラス工房や谷川岳、天神平へロープウエーで上がったり、湯檜曽の足湯とおそばを楽しんでのんびり旅行を楽しんできました。

月夜野ビードロパーク、入り口にたくさんの可愛いガラスの動物たちのオブジェが並んでいます。
工房では色々な作品が作られていますが、コップや花瓶なども体験製作する事も出来ます.








奥利根の流れとその風景(宿の8階の部屋の窓から)
いつも行くフィールドの大河利根川中流域とは違いこんなに小さな
渓流の利根川。。でもとても綺麗な流れです。




湯檜曽の足湯(町営の足湯で無料、管理用の募金箱があります)
右手の山からはサンコウチョウのあの懐かしいホイ、ホイ、ホイ!の声を聞きながらの
足湯はのんびりゆったり、体までほかほかととっても気持ちがいいですね。


オオタカ幼鳥元気です。。

あちこちで、ツミやアオバズクの可愛らしい雛が巣立っていく様子が紹介されています。
この季節は巣立ちの時期で、まだあどけない幼鳥の姿は微笑ましく、嬉しくなりますね。
私のフィールドのオオタカさんも2羽の幼鳥が育ったようです。
元気に飛び回り、大きな声で鳴く声が聞こえますが、オオタカは一人前になり
自分のテリトリーを持って独立していくまでには、3年かかります。
それまでは親の縄張りの中で、狩の仕方などを学びながら成長していくのでしょう。。
この場所は巣ではありません。もう巣立ってこうして少しずつ行動範囲を広げていきます。




大きな口を開けて時々ピィーヤ、ピィーヤ!と鳴いています。


この2羽はまだあどけない幼鳥なので今年生まれたばかりのようです。
兄弟のようですね。









こ~んなポーズもとってくれました。


緑の田圃とアマサギさん~♪

台風がやっと通過してくれたと思ったとたんの大きな地震。
新潟はまだつい最近被災したばかりでまた大きな災害。
心よりお見舞い申し上げます。
埼玉北部も大きなゆれでびっくりしましたが熊谷は震度3強
物が落ちるという事もなく何とか平常です。

そろそろアマサギもやって来てくれてもいい頃なんですが
未だにサギ類の姿は見られず。。
ならば。。と、少し東のお隣行田の耕地に行ってみました。

綺麗に整備された碁盤の目のような田圃にたくさんの白鷺が群れています。



その中に いました~♪オレンジ色の頭のアマサギさん。。。
一年ぶりの再会です。青田にサギ、やっぱりいいですねぇ
それにしても、サギの警戒心にはほとほと手を焼きます。
あまりに遠すぎ。。せめて20m以内に近づけさせてくれたら。。。















公園のオナガ。。

台風一過の爽やかな青空が広がっています。
久しぶりの晴れなので、皆さんいっせいにお出かけでしょうね。
でも河原は増水して流れも変わってる可能性があるので気をつけて。。。

先日ツミを撮った日の公園で。。
ホントはこのオナガを撮っていたのです。突然現れたツミを先にUPして
オナガ後回しになりましたが、その時に撮った画像です。
桜の大木の上のほうに群れているので、下から見上げる状態。いいアングルでは
なかなか撮らせてもらえません。









入念に羽繕い中。こう見えても綺麗好きなのよ。。



偶然撮れた1枚。幼鳥に親鳥が餌を与えています。(画像がわかり難いですが)


雨に濡れたオオタカさん。。

台風が徐々に関東に近づいてきたせいか、風雨が強まってきました。
せっかくの3連休なのに、がっかりしてる鳥撮り人たちの嘆きが伝わってきます。
そんな状態なのでもちろん鳥見には行けず。。。

でも我がフィールドのオオタカさんはそんな私の気持ちを思ってか。。。
向うからやってきてくれました。なんと2軒南のお宅のアンテナに
雨でぐっしょり濡れて佇んでいます。
なんだか雨に濡れた翼はボロボロになった傘みたいで鷹の威厳が感じられませんね。。









ちょっと大きめにトリミングしてみます。表情が判るかな?


偶然飛んできたこれはツミ!

大型の台風が北上しています。
その影響で雨が降ったり止んだり。。でも埼玉北部はあまり雨も多くなく
昨日は1日、曇ってはいたけれど降っていなかったので、ちょっとだけ
さほど遠くない隣の市にある公園に行き、オナガの写真を撮っていました。
桜の大木の下で見上げていると、突然1羽の鳥が少し先の枝に止まりました。
大急ぎで何とか1回だけシャッター押しました。3枚の連写でこれだけ。。
その後もう1回と思ったらサッと飛び去って、写っていたのは木だけ(ーー

でもボケ画像、証拠写真ですけど一応ツミだと思います。

この近くで営巣してすでに巣立ったという話も聞いているので、その鳥かも知れませんね。

大トリミングで、画像荒れてますが。。




鳥見の合間のトンボさん。

台風の影響でしょうか。。朝から湿っぽく空気が重く感じられます。
今沖縄あたりで暴風雨が強くなってるらしく、週末には関東にも接近するとか
週末バーダーにとっては、辛い状況ですね。

ここ数日雨模様なので、鳥撮りも思うに任せず。
鳥見の合間に撮ったトンボをUPしてみましょう。。
翅の先に黒い斑紋があるので、ノシメトンボで良いのかな?







こちらは?



トンボ去年少し撮影して名前も覚えたはずなんだけど、すっかり忘れて
見ただけではまったく判りません

ゴイサギの食事。。

ベランダで洗濯物を干していたら、少し先の電線にゴイサギが今まさに止まろうと
身構えてる所を発見。羽を大きく後ろに広げ着地体制。
ところが私の視線に気付いたのか、また羽ばたきを強めて急遽針路変更し
飛び去ってしまいました。
でも少し先の排水路に降りたようで、しばらく上がってきません。
カメラ持って大急ぎで行ってみると、長いミミズを銜えてこっちを見てる視線とばったり遭遇。
シャッターは1回押しただけで、すぐに飛び立たれてしまいました。




あっという間に飛び立たれてしまいましたが、口にはしっかりミミズを銜えたまま。。






コチドリ若鳥?

今日はどんより曇り空。
久しぶりに一雨あれば、梅雨らしくなるんだけど。。

河原の鳥達も、そろそろ巣立ちを終え、独り立ちしたばかりのような
若い鳥達の姿を見かけることが多くなってきました。
それぞれ頑張って生き抜いて欲しいですよね。

このコチドリさんもまだ若い固体のようで、アイリングも明瞭ではありません
表情にもまだ幼さが残っています。






このポーズ、まるで正座してるように見えますけど、何してるんでしょうねぇ(笑)


水田のオアサギ達。

田植えが済んで約3週間。稲の苗も青々と伸び、清々しい青田が広がってきました。
そんな田圃に、アオサギが4~5羽。。ゆったり佇み採餌しています。
表情も、行動もさまざまな姿を見せてくれました。

そろそろアマサギの姿を見たいと思っているのですが、未だにみられたのはアオサギのみ。。
でもアオサギも、この青田を背景にして、なかなかいい感じだと思いませんか?

















庭のお客さんⅡ(ハクセキレイ)

先日はヒョウモンチョウが庭にやってきましたが、
今度はハクセキレイがやってきました。
庭のプラムの木には季節によって、メジロやシジュウカラ、モズなどやってくるのですが
今日は珍しく、綺麗な囀りが聞こえてきます。何かと見てみるとハクセキレイが1羽
虫でも探しに来たのでしょうか。。それとも遊びに来てくれたのかな?
ほんのちょっとだけお相手してくれました。









久しぶりのカワセミ君~♪

最近わがフィールドでは、カワセミが少なくなって、なかなか写真も撮れず。。
1羽、いるにはいるのですが、とても臆病でこちらの姿を目ざとく見つけると、
あっという間に飛び立ってしまいます。
かなり遠くからやっと撮れましたが、少し近づいたらサッと逃げられました。

久しぶりのカワセミ君。。撮れただけでも最近では嬉しい感じで。。。










我が家の庭にお客様(ツマグロヒョウモン)

ようやく梅雨らしいしとしと雨が降り、昨日、今日は少し涼しく感じられます。
雨の合間、庭の花々も少し露を浴び生き生き。。。
そこにひょっこりツマグロヒョウモンがやって来ました。
鮮やかなヒョウ柄の翅をもつこの蝶は、元々は熱帯地方の蝶なのですが
最近の温暖化の影響なのか、関東地方でも見られるようになりました。
珍しい蝶に出会えるのは嬉しいけど、これは喜んでばかりはいられない状況なんですよね。

ツマグロヒョウモン♀



ツマグロヒョウモン♂










これはオオタカの尾羽?

いつもの公園で、カラスがたくさん集まって妙に騒々しい。こんな時は何かがあるのです。。
例えば鷹が獲物を捕らえそれを横取りしようと狙って、遠巻きにみているとか。。
すぐそばにある神社の裏手に行ってみると、確かに小鳥のものらしき羽が散らばっています。
獲物は鳩か、ムクドリか?。。。そのそばに1枚こんな羽が落ちていました。
オオタカの尾羽かな?何かの拍子に抜け落ちたのでしょうか。。
思わず拾って来ちゃいました(苦笑)
papagenoさんの鑑定によると左初列風切らしいとのことです。
ありがとうございました。




その後、高い木の上でじっと佇むタカさん発見。
結局獲物はカラスに横取りされちゃったみたいです。。






梅雨らしく雨。。

久しぶりに雨になりました。
ようやく梅雨らしい感じです。でも湿気が多い(T_T)
人間なんて勝手なものです。降らなきゃ困るといい、降ればうっとおしい、、なんて
でもこの雨を喜んでるのはきっと庭の花たちでしょうね。。
久しぶりの雨に、生き生きとして感じられます(^^♪

ヒナゲシ(虞美人草)



ヒマワリ(とっても小さなミニサイズのヒマワリです)



カンパニュラ(ラプンクロイデス)



ラン(オンシジュウム)



るりまつり



サフランモドキ(ゼフィランサス:カリナタ)



ストレプトカーパス



プラム(今年は青いうちに大かぜでほとんど落ちてしまい、数えるほどしか。。)