FC2ブログ

北海道旅行で出会えた鳥達その2

北海道、恐るべし。。を実感した今回の旅行でした。
なんといっても、いたるところから響いてくる小鳥の声。
バスが信号待ちで止まった場所をぼんやり見ていたらノビタキがいたり。。
旭山動物園に行ったのに、ついつい園路脇のキビタキを追いかけたり。。
積丹半島では、たくさんの蚋が飛びまわってるのをフライングキャッチのため
ノビタキが何羽も見られたり。。。
これは黙ってみてられませんよね(笑)

手持ちのデジカメでの撮影なので小さくブレ画像なので
思いっきりトリミングありの画像です(^_^


バスの車窓から慌てて撮ったノビタキ♂


積丹半島のノビタキ。。







旭山動物園、園路脇の植え込みの木にいたキビタキ。










この次に北海道に行くチャンスがあったら絶対デジスコ持って行くぞ~!!
って思わずおもってしまった、今回の北海道の旅でした。

鳥達は涼しい高原や北の地に移動するという事を目の当たりにし、実感したものです。
いたるところにフキやオオイタドリが繁り、エゾシカが2頭林にいるところも目撃。
原生林といえるような場所に自然のままの川。。護岸工事もなく美しい川の姿に感激して
たくさんの生き物が生き生きと暮らせるこんな風景がこれからも守られて欲しいと願いながら
今回の旅の締めくくりとさせて頂きます。
スポンサーサイト



北海道のおまけで出会えた鳥達。1

北海道旅行、今回はツアーという事で、自由に行動できる時間はないとおもい、
カメラもデジカメしか持っていかず、鳥撮りは無理だとおもっていたのですが
思いのほかたくさんの鳥達に出会えて、思わず血が騒いでしまい、無理を承知で
シャッター押してみました。
不鮮明な画像がほとんどですが、北海道旅行の番外編として見ていただければと思います。

海辺でたくさん見かけたカモメ。。



サービスエリアの木の上で囀っていたアオジ



ホテルの庭脇で早朝散歩で。。シルエットのみのツツドリ


同じく早朝散歩でニュウナイスズメ



旭山動物園の園路脇に突然響いたドラミング音。アカゲラ




4日目、札幌から帰路~。。

ノーザンホースパークで、昼食、散策の後一路札幌へ
札幌の街は今ライラック祭り。大通り公園のライラックも咲いて
今がいい季節ですね。



ライラックの花、桜の花が今満開です。





定番の札幌時計台。。ライラックの花を入れて撮りました。



赤煉瓦造りの旧庁舎。。



そして札幌駅に向かい北海道ともお別れです
札幌駅より寝台特急「北斗星、A個室」で翌27日11時頃埼玉に帰ります~(^^♪



おまけのお土産公開~♪
タラバガニ。。ほかにも北一ガラスのお醤油指し、わかさ芋のお菓子
洞爺湖の地ビール、小樽の地酒 富良野のメロン、などなど。。色々買い込んできました(^^♪




たっぷりのんびり、北海道楽しんできました。
個人的な旅行記録、お付き合いくださいましてありがとうございましたm(__)m

北海道、4日目、洞爺湖からノーザンホースパークへ

北海道も4日目。ルスツリゾートのホテルでの早朝散歩では
たくさんの鳥の声に思わず、しばらく鳥見INGしてしまいましたが
なんと、ツツドリの声が響き、コルリも確認。。
他にもたくさんの小鳥の声に、ここでずっと鳥見していたい気分でした(笑)

4日目はまず洞爺湖へ。。ここは今度のサミットの開催地という事で
地元も色々せわしくなってきてるようです。
せっかくの洞爺湖畔も、お天気が、雨こそ降ってはいませんが寒くて
手短に見て、バスに戻ってしまいました。






山の上にそびえるのがサミットの会場になるウインザーホテル洞爺。
道が一本道しかなく、ふもとを封鎖すれば、他からは行けないという事で警備しやすいらしいです。



そして、有珠山の西口火口へ。。。ここはまだ最近出来た噴火口で
ちいさな火口が60以上もありそこから今も白い水蒸気が上がっているそうです。



昭和新山の赤茶けた山肌を見ながら、バスは次の見学地ノーザンホースパークに向かいます。


ノーザンホースパークは、馬好きの方なら誰でもアアあそこ。。というくらい有名な
あのディープインパクトや数々の名馬のふるさとです。
記念館には、優勝した記念の品が展示され、馬たちとのふれあいコーナーなどの施設も
充実しています。ただ残念ながら、厩舎は見学できず。。。








放牧されてる馬を遠くから眺めるだけでした。
でも広い牧場で、親子の馬が寄り添って歩く姿が微笑ましく見られました。





北海道 3日目、積丹半島

小樽でお寿司の昼食を食べ、お土産も買って、次に向かうのは積丹半島です。
海岸線をぐるっと一回りします。

途中には突き出した半島や、奇岩、美しい海が次々に目に飛び込んできて
その変化を楽しみながら、たくさんのカモメや海鳥を眺め進みます。
やはり気になる、シギらしき姿や小さな鳥を見つけては、ここで止まって~!
と思わず言いたくなる場所もありましたが、そこはツアーの悲しさ。。。
勝手な行動は出来ませんよね(^_^


海にぽつんと一本の細い岩。ろうそく岩というそうです。







半島の最先端の神威岬(カムイミサキ)は先端まで歩いていけます。
以前はここは、アイヌの神様のいる場所という事で、女性の立ち入りは
出来なかったらしいですが、今では、遊歩道も出来、散策も出来ます。




とにかく美しい海と海岸線をたっぷり堪能しながら積丹半島一周して
宿泊地、ルスツに向かいこの日の移動はここで終了です。

そして宿泊ちのルスツリゾートへ
冬はスキー、その他の季節もレジャー施設が色々あり年間を通して楽しめる
リゾート地です。



ルスツリゾートのタワーのほうに今日は泊まります。
ここはメゾネットタイプのスイートで一階部分がリビング、2階がベッドルームという
ちょっと贅沢な部屋。私たちは23階の最上階。いい眺めです。



北海道3日目、小樽

美瑛、富良野を見て、宿泊先の札幌郊外のリゾートホテルへ
ホテルから札幌市街地が遠く望めます。




3日目は小樽の町を散策。
港近くには、石原裕次郎記念館も知られていますが、バスの駐車場や散策場所からは
タクシーで行かないとちょっと距離があるため今回はパス。

小樽運河通りには古い石造りの倉庫が並び昔の面影を残しています。






北一ガラスの工房やベネチアガラスの博物館などの並ぶ通り
さながら軽井沢銀座のようなショッピングストリートです。
北海道土産の定番、六花亭も古い倉造りの建物。。



昼食は小樽市内の7店舗より好きな場所でのお寿司の昼食
私たちは、多喜二さんというお店に入りました。
「蟹工船」の小林多喜二の所縁らしく、記念碑もたち、古い建物も趣があります。


ガラス博物館の隣の可否茶館でコーヒータイム中通りを通った観光馬車。



この後、積丹半島に向かいます。

北海道2日目、美瑛、富良野

北海道2日目も良いお天気に恵まれ、旭山動物園から次に丘の町美瑛、富良野に向かいます。
バスの車窓からも、タンポポの黄色い花や、芝桜などに彩られた風景が広がり
町全体が、どこを切り取っても絵葉書のような美しい光景が広がっています。

ゆったりとなだらかなカーブを見せる丘の広大な畑は、菜の花の黄色や緑の草
それにまだ耕しただけの茶色の土が見えたり。。
これがもう少しすると、一面色とりどりのパッチワークの丘といわれる
光景になるのでしょうが、残念ながらまだ少し早くてお花の色は見られませんでした。









ラベンダーはまだこんな状態で花はもう少し先。回りにタンポポが一面咲いています。




その代わり、まだ雪をいただいた十勝連峰や噴煙を上げる十勝岳の美しい姿、
大雪山を青い空を背景に眺められ、まさに絶景。大パノラマを楽しめました。


ラベンダーはフラワーパークの温室の中でみられました。これが夏には一面に見られるはずです。


北海道2日目

フェリーに揺られて、翌日24日の早朝ようやく小樽港に接岸しました。
私たちツアーは早朝はまだいく場所がないため、フェリーで待機。5時30分に下船し
ようやく北海道に上陸です。
フェリーから小樽港を見た風景。



バスで朝食のため移動。昔番屋として使われた場所や、ニシン御殿といわれる豪邸を
展示している場所の近くで、北海道らしい、新鮮なホッケとホタテの焼きたての朝食を
頂きました。
岡の上のニシン御殿



そしていよいよ北海道観光スタートの初めは、旭川の旭山動物園。
ちょうど修学旅行のシーズンらしく、学生達の団体さんですごい混雑です。
それでも、目玉といわれる、ペンギンの食事風景(ここではもぐもぐタイムと言われています)や
アザラシ、ペンギン、白熊などを見られました。

ペンギンの泳ぐ様子を下から見られます(通称空飛ぶペンギン)


人気のペンギンのもぐもぐタイム。餌をもらうと順番に独りで帰っていく姿がユーモラスです。


白熊さんはガラス越しに撮ったので、ボケ画像(T_T)


アザラシがこの筒を通り抜ける様子が人気です。




旭山動物園は北海道ツアーでは必ず立ち寄る人気のコースとの事でものすごい混雑でした。
私としては公園内の木々から聞こえてくる小鳥の声。なんとキビタキが何羽も見られたし
アカゲラ、ニュウナイスズメ、なども気になり、鳥見に変更したい気分になってしまいました(笑)

この後ツアーは丘の町、美瑛、富良野へ向かいます。

北海道旅行1日目

長い冬が終わり、北国、北海道にも桜が咲きいい季節になってきたようですね。
そんな北海道を、のんびり旅してきたくて、ツアーに申し込み。
クラブツーリズム主催の「夫婦で行くロイヤル北海道の旅」
23日から27日まで、道南を回ってきました。
その行程を旅のアルバム、思い出の記録として日程順に行程を追って載せてみたいと思います。

まず1日目は 集合地東京より(私は途中乗車大宮駅)上越新幹線ときグリーン車で一路新潟港へ。
新潟港より新日本海フェリー「ゆうかり」にて小樽港を目指しいざ出港。

フェリーゆうかり


新潟港を後にして港から日本海へ。
港を出ると、海上にイルカの群がフェリーのまわりをジャンプしながら泳ぎ回り
カモメの群れも飛び交って船旅の気分を演出してくれました。残念ながら写真は難しくて撮れず(ーー




海に沈む夕日は初めて見ます。日本海に沈む夕日を眺めながらのサンセットクルーズは
お天気にも恵まれ最高に気持ちいい時間です。
キャビンで夕日を眺めながらのコーヒータイム。。船の窓枠越しに夕日を眺めます。





船室内の一等個室の様子。
ここで明日の朝早くの小樽港到着までを過します。
フェリーには大浴場もあり、月や星の夜空のもと日本海を眺めながらの
ゆったりお風呂に浸かると、船の中というのを忘れてしまいます。


明日から留守になります。

明日23日から27日まで、北海道旅行に出かけます。
しばらくは留守になりますが、コメントなどは帰宅後になりますのでよろしくお願い致します。





利根大堰にて、イソシギ。

昨日のコサギと同じ利根大堰にて。。
他にもこんな子も、コンクリートブロックの間をちょこまかと
採餌して歩いてました。

このイソシギさんは、コサギのような水際ではなくて、
水溜りのような場所で啄ばんでました。活動範囲の区別がしっかり出来てるんですね。









コサギ、飾り羽が綺麗です~♪

昨日は朝はとても爽やかでいいお天気だったので利根大堰まで足を伸ばしました。
なかなか会えないシギさんたちに会いに出かけて、期待通りハマシギにあえました。
ここ利根大堰は、利根川の水を東京方面に送るための取水口で、武蔵水路が
はるばる、水を首都に届けています。

堰の少し下流では、鮎釣りが解禁され、大勢の釣り人が竿をたらしています。
その少し上流の堰の下では、コサギが釣り人よりも先に鮎をこれもまた見事に
捉えています。さすがに漁の達人、見事です。
真っ白い体に、飾り羽が風になびき、青い水と、白い飛沫。。初夏の爽やかな風景でした。












小さなシギさん、ハマシギ

内陸部でも見られる数少ないシギさんのなかの、ハマシギさん。。
じつは夏羽を見たのは初めてなので、あんまり自信がありません。
多分ハマシギでいいと思うんですけどねぇ~。。

ブログ仲間のmarikoさんや、FreeDialさんなどに
色々勉強させていただいているのですが、それでもあんまり自信ありません(^_^

トウネンもいないかと探したのですが、これしか見つけられませんでした。。













何羽かの群れに混じってコアジサシも羽を休めていました。


河原にて、今日もしつこくセッカさん

昨日に続きまたセッカにお付き合いくださいませ。
セッカを主に狙ってたら、思いのほかたくさんのセッカに出会え
撮れたので、連日のUPになりました。
セッカもこちらがじっとしてると、自分のペースで行ったり来たり
だいたい一回りしてまた同じような場所に止まるので、
ポイントが掴めると結構見たり撮ったり出来そうです。














この画像は場面クリックで大きな画像が表示できます。


今日も河原で。。。セッカ~♪

このところ河原に日参の日々です。
公園も、林も静まりかえってる中で、ここ河原だけは相変わらず賑やかです。
オオヨシキリの声が響き、ヒバリやセッカが飛びまわり、コアジサシ、セキレイが
水面をかすめるようにカゲロウをキャッチし。。
水辺でのんびり眺めていると、時間がたつのも忘れてしまいそう。。。

今日はまたセッカさんです。よく通る声と丸い愛くるしい目で
私のお気に入りの鳥さんです。













河原のコチドリそのⅡ

昨日の水浴びをしてるコチドリさんのその後。。
念入りに水浴びするには、じつはこんな事情があったのかと納得(笑)
やっぱり、礼儀としてきれいにしないとね。。ということでしょうかねぇ。。

コチドリさんのプライベートシーン、こっそり撮ってしまった私は
かなりのお邪魔虫だったかもしれません。。ごめんなさいm(__)m

これからこのカップルさん、巣作り子育てに入るのでしょうが、
安全な場所を見つけて、無事子育てして欲しいですね。








川原の鳥。コチドリさん。。

河原は爽やかでいいですね。
たとえ何にも鳥さんを見つけられなくても、風に吹かれて、お日様浴びてると
なんだか幸せな気分に浸れます。
それに、ぼーっと水辺見てると、こんなシーンを目撃できるチャンスもあるし。。

コチドリさん、水浴びに夢中です。
こんないい季節ならコチドリさんならずとも、水浴びしたくなりますよね(^^♪









あ~っ!さっぱりした。。どう?綺麗になったでしょう(^^♪


キアシシギ 見っけた~♪

ここ埼玉北部の内陸部では、見られるシギチの数はかなり限られてしまいます。
数少ない中で、春と秋の渡りの一時期のみ見られるこのキアシシギに出会えたのは
特に嬉しい事です。
イソシギやクサシギに比べ、かなり大きく感じます。
黄色い足、過眼線、白いアイリングなどの幾つかのポイントを確認して
キアシシギに間違いないとは思うのですが。。何しろシギチは夏羽、冬羽の違いも
まだ把握しきれないくらい、出会いが少ないので、あんまり自信がありません(^_^










こんな場所で、浅瀬を啄ばんでいます。



このあと、そばを通ったバイクに飛び去ってしまいました。残念!
せっかく会えたのだから、もっといっぱいいろんなポーズ見たかったな~。。

カワラヒワ、求愛給餌。。

河原の鳥見が続きます。
先日カワラヒワを撮った場所で、今日はなんと求愛給餌を見ることが出来ました。
鳥達も繁殖期を迎え、オスはメスに懸命にアピールしなくてはいけません。
オオヨシキリのように大きな赤い口を見せて大声で主張したり
このカワラヒワやカワセミのように美味しい餌をプレゼントしたり。。
オスも相手を見つけるまではなかなか苦労するんですね(笑)

ねえ!ねえ!何か頂戴よ~♪


ウン!判ったから ア~ンてして!


ホラ!美味しいかい?


うん!うん!美味しい~♪ もっと頂戴~♪


河原にて。。またコアジサシ

最近は、林や低山は緑が濃くなり、鳥の姿も見づらくなってしまいました。
そんな状況下、広々した河原にしぜんと足が向くようになります。

河原の鳥といっても、なかなかシギ、チドリには出会えず。。
でも、コアジサシたちはいつも、歓迎してくれます。
時にはすぐ近くまでやってきて、ダイビングを見せてくれたり、嬉しい鳥さんです。












この画像は画面クリックで大きな画像がご覧いただけます。


ハヤブサの仲間の猛禽さん。チョウゲンボウ

猛禽の分類の中では、このチョウゲンボウは隼の仲間に入ります。
飛んでるときの翼の形を見るとなるほどと頷けます。
翼が真っ直ぐでなくへの字のような形で、尾羽がかなり長く遠くから見ると
Tの字型のように見えます。
翼を蝶の様にパタパタと動かし、時々ホバリングして獲物を探しています。
なかなか可愛らしい顔立ちの小さな、鷹の仲間です。








河原の鳥。カワラヒワ♪

別にダジャレを言うつもりではないんですよ~♪
河原にいるカワラヒワなんて。。。
でもほんとに河原にいたんですもの(^^♪

顔立ちはちょっと怖そうで、嘴も丈夫そうな、アトリ科の鳥特有の
表情ですけど、羽の色はとってもキレイ。
羽を広げて飛ぶと、黄緑色と黄色が太陽に透けて綺麗ですよ~♪
それに、コロコロ!コロコロ!って鳴く声は可愛いし。
もっとみんなも好きになってもいい鳥さんだと思うんですけどねぇ。。










5月の庭の花Ⅱ

前回掲載した花に続いてパート2。
写真は撮ったもののUPしてないものがほとんどなので
少しこの書庫も活用しなければ。。ということでまた庭の花たちを見てください~♪

黄モッコウバラ



コデマリ



クレマチス





カモミール



アグロステンマ(麦撫子)



スズラン


草原の鳥 ヒバリ

河原や草原で囀ってるのは、セッカやセキレイだけではありませんね。
この季節一番多いのはやはりヒバリでしょう。
この鳥も、高い空の上で囀ってるか、草の間を歩いているかのどちらかが多いのですが。。
たまに、こんな風に草の茎に止まっている事があるんですね。
やはりセグロセキレイと同じように、気持ち良さそうに囀っています。











5月の庭の花。。

初夏、庭の花々は次々に花を咲かせてくれます。
種をまいたり、挿し木をしたりしてからは、それほど手入れをしなくても
それなりにキレイな花を見せてくれるいい季節ですね。

三寸アヤメ



アメリカスミレサイシン(園芸種プリセアナ)ビオラソロリアなどの言い方もされます。


ビオラスノープリンセス


タツナミソウ


西洋オダマキ、八重咲き


オオアマナ(オーニソガラム、ウンベラータム)



筆リンドウ


タイツリソウ


初夏の河原Ⅲ セグロセキレイ

初夏の河原がシリーズ化しそうな勢いで、続いてしまいますが
また河原の鳥さんにお付き合いくださいませ。
皆さんおなじみのセキレイです。
その中でも、真っ黒な頭や羽のセグロセキレイ。

普段は河原の砂利地や水際、護岸ブロックなどの地面に近い位置で見ることが多いですが、
今日は2羽でチッ!チッ!っと鳴き交わしながら、木や葦の茎の高いところに止まっています。
こんな場所で見ることは珍しくて思わずレンズを向けてしまいました。
鳥達も恋の季節、♂、♀が互いにアピールしあっているのですね。





こちらは羽色も薄いので♀のようです。


こちらは♂、盛んに大きな声で♀にアピールしています。




画面クリックで大きな画像ご覧いただけます。


草原の鳥。。セッカ

河原の葦原で賑やかなオオヨシキリ。
その中を、ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒッ!と鳴きながら飛び続け、
チュチュン!チュチュン!と言いながら草の茎に降りてくるのがセッカです。
初夏の草原では、このセッカの声もよく通る声でまた風物詩的存在ですね。

とても小さなかわいらしい鳥でスズメより一回り小さいくらいです。
ピンク色の足とつぶらな瞳。。足を広げて茎に止まるポーズを
鳥撮りさんたちはセッカ止まりといったりします。












初夏の河原Ⅱ オオヨシキリ

昨日のコアジサシと共に河原に行くと今一番賑やかなオオヨシキリ。
数日前に行った頃より、葦の緑も濃く長く伸び、オオヨシキリの数もぐんと増えました。
あっちで、ギョシ!ギョシ!こっちでギョシ!ギョシ!

ひょいと茎の上に飛び上がっては鳴き、近づくと飛び去り。。の繰り返しです。
大きくあけた口の中は情熱的に真っ赤か!初夏の河原の風物詩ですね。
川風は頬に心地よく、澄んだ空や水の流れはホッとした安らぎを与えてくれます。
初夏の河原に出かけてみませんか。













初夏の河原で、コアジサシ。。

昨日は暑かったですね。まるで真夏のような暑さの中
涼を求めてか、GWの休日、利根川には大勢の人が
それぞれの楽しみ方で河の自然を満喫しています。

バーベキュー、水上バイク、釣り、バギー車、サッカー、野球、
網を持って小魚をとる子供たちなどのんびりした光景が見られます。

私は、相変わらず鳥さんの追っかけ。。。
河の流れの上を白いスマートな鳥が飛び交い、時々ダイビングしては小魚を捕っています
青い空に白い体が輝き、初夏の爽やかさと相まって、とても清々しい光景です。
コアジサシは、大きな河川では中流域まで飛んできて、河原の砂利地などで
営巣するようですが、川の中州などでは、増水により、巣や卵が流されてしまう事が
たびたびあり、繁殖数が最近減っているのが気がかりです。。
この美しい鳥が安心して子孫を残せる環境が確保出来ると良いのですが。。



時々休憩して羽繕いに余念がありません。






飛び出しを偶然撮れました。翼を広げた姿は美しいです~♪




ルピナスの花畑

GW中は良いお天気に恵まれ各地の行楽地は大混雑だったでしょうねぇ
我が家はそんな人混は苦手なので近場の穴場で楽しんでます。
この季節はお花がきれいですね。
ルピナスの花が見事に咲いてる場所を見つけました。
農家の方が自宅の畑に趣味で数株植えたのが始まりだとか。。
年々その数が増え、今では広い畑一面ルピナスの花畑に。。
最近ではかなり知れ渡り、カメラ持参で毎年やって来るという方もいらっしゃいました。