FC2ブログ

10月最後の日の締めはシメで。。。






月日の過ぎるのがとっても早く感じるようになったって事は
やっぱり年をとったって事なのかな~!
最近特にあっという間に一ヶ月が過ぎちゃいます。
もう明日から11月なんですもんね。
という事で、今日は10月の最後の日の31日です。
10月の鳥見の締めの日としての今日の鳥は「シメ」^m^ムフッ!

嘴の丈夫そうなちょっと恐そうな表情のシメは、硬い木の実も
この嘴で割って食べるのですね。落ち葉の中の木の実を盛んにつついていました。

スポンサーサイト



この季節はやはりモズで。。




いいお天気が続いて、青空、からっと爽やかな空気。。
とそろえば、やっぱり出かけたくなっちゃいます。
のんびり散策して出会った鳥を撮るというスタイルだと、
同じような鳥ばかりですが、季節によってもちょっとづつ違ってるんですよ。

この季節はやっぱり、ヒヨドリとモズの声が多いですね。
当然梢で高鳴きの姿を目にすることも多いので、ついカメラ向けちゃいます。

このモズさん、おめめぱっちりで潤んだ瞳。なかなかのイケメンでした(^^♪

カワラヒワとセイタカアワダチソウ





秋の野原にはススキの穂が揺れ、セイタカアワダチソウの
黄色い花穂が青い空を背景にまぶしいほど咲き乱れています。
セイタカアワダチソウは蝶たちにとってもステキなレストランのようで
キタテハやセセリチョウが群がっています。
そして、コロコロと綺麗な声で鳴きながらその上をちょんちょんと飛び移ったり
しているカワラヒワの姿が目に付きます。

しっかりと太い嘴にオリーブグリーンの体。羽を広げると鮮やかな黄色が
とても綺麗な鳥です。
身近に見られる鳥ですがよく見ると思いのほか可愛いですよ。

キンクロお仲間が増えました~♪







秋も深まって紅葉もあちこち綺麗だと話題になるようになりました。
近くの川の鴨達の様子を、久しぶりに見にいって見ました。
夏越しした2羽のキンクロハジロはどうしてるかな~?

ところが行ってみてびっくり!!
キンクロちゃんがイ~ッパイ。団体さんで泳いでます。
どれが夏越しした子か判らなくなっちゃいました。
他に赤いおめめのホシハジロや、エクリプスから換羽した
マガモの雄やハシビロガモもいて、一気に鴨の種類も数も増えました。

でも土手を歩いてると、もう鴨打ちの隠れ場所の囲いを作る
準備の枠が作られていました。
この鴨達、ここ禁猟区ではないので来月15日になると、
猟銃持った人達が1日中鴨を狙って猟をしてるんです。
もちろん、そうなると私は恐くて近寄りません(ーー;)

この場所、禁猟区に指定してもらえないのかな~?
以前、公園の野鳥のことで市の管理科にメールしたけど、何の回答もなかったし。。(ーー;)

アカゲラのドラミング音が響きます~♪






シンとした林の木々の間から、コンコンコン!と
軽やかな音が響いてきます。
ここかな?っと高い木を見上げると、赤いお腹に
黒と白の模様の背中、、せわしく頭を振り続けるアカゲラの姿。
カメラ構えてもどんどん上に移動して、
ひょいと別の枝に飛び移ってしまいます。
ゴジュウカラばりに背中反らせてやっとファインダーに捉えたと思ったら
飛び立っちゃったり(^_^;)

この林には、他にアオゲラやコゲラもたくさんいるので
木には丸い穴がいくつもあいています。
一度に2~3羽見るとどの個体を追っていいか迷ってるうちに
見逃しちゃったり。。
でも、キツツキのドラミング音聞きながらの鳥見って楽しいですよ~(^^♪

いつもの公園。。





いつものカワセミのいる公園も、最近では、渡り途中の鳥達も去り
まだ冬鳥は現れず、で、またいつもの静かな公園に戻っています。
いつも見られるヒヨドリの声が響き渡ってますけど、
キセキレイやヤマガラは、きれいな姿見せてくれてるので
やっぱり行くとカメラ向けちゃいます。
おなじみの鳥さんばかりですが。。。

上から エナガ シジュウカラ キセキレイ ヤマガラ。

シメ 初見初撮り




いよいよ冬鳥の季節がやってきます。
シメやイカルの姿が見られるようになりました。
イカルは1度見たことがあるのですがシメは初見です。
この両方とも、今シーズンは撮りたいと思っていたので
シメだけでも撮れたのは嬉しいことです。
でもいつもの事ですが、初見の鳥は見られただけでラッキーと言う事で
なかなかいい写真と言うわけにはいかず、とりあえず証拠写真ということで。。

嘴ががっしりしてて、顔はちょっと恐そうな鳥さんです

小さいけど精悍です(モズ)







秋空に向かって、高い梢で高鳴きするモズの姿は
秋の風物詩と言ってもいいほど見慣れた光景です。
これから厳しい冬に向け、餌場を確保するための陣地取りのための
高鳴きを懸命に続けている姿は、自然界の厳しさを感じさせます。

小さな体ながら、肉食であるため鋭い嘴やツメは猛禽の精悍さを
備えています。
でもぷくっと羽を膨らませた姿は可愛らしくも有り、特に♀は
顔立ちも優しそうで、被写体としても好きな鳥です。
♂の過眼腺のくっきりした顔も、もちろん絵になりますね~♪

見慣れたヒヨドリも。。







林や山住宅地でも、響いてくる鳥の声と言ったら
1番多いのではないかと思えるのがヒヨドリですよね。
鳥見ing中もヒヨドリの声で他の鳥の声がかき消されちゃうほど。。
あまり可愛くも無いし、ちょっと厄介者扱いなんですけど
よく見るとなかなかきれいな部分もあるんですよね。

あまりに日常的なのでわざわざカメラ向けることは少ないのですが
こんなショットならちょっとは可愛く見えるかな~?

キビタキ♀はゴジュウカラのいる所にうっかり飛んできて止まり
ゴジュウカラに追い立てられてしまいました。
ゴジュウカラさん、強い~!!

ゴジュウカラ、前よりマシに撮れたかも。。








ゴジュウカラ、先日いまひとつ写りが納得できないまま
ここに掲載してしまいました。
その時は初見だったので証拠写真という意味合いも有り
と、いい訳たらたら(^_^;)
でもあの画像だけではやっぱり納得できないし。。。
何とかもう少しマシなのを見て頂けそうなので今日はまた
ゴジュウカラです。
体を反らせた独特のポーズ見てくださいね(^^♪

口に何かくわえてます。この木はコナラの木のようなんだけど
実はコナラではなさそうですね。朽ちた幹を突いていたので
もしかしたらヤマガラが隠した木の実を、虫を探して突いていながら
ゴジュウカラが見つけ出しちゃったのかも?

木の幹の虫を探してるように見えるんだけど、実際の所ゴジュウカラって
何を食べるんでしょう?詳しい方教えてください~m(__)m

キビタキさんによると、木の実をそのまま食べたり、貯食する習性もあるようです。
私も少し調べてみた所、草の実、木の実 昆虫などを食べるそうです。

カケスが今年は多い?






今年は渡りが早いとか、山から下りてくる小鳥の数が多いとか
あちこちで聞きます。特にヤマガラやカケスが去年より格段に
数が多く、ちょっとした公園などでも見られるという情報が多いです。

そういう私も。何箇所かいつも行く鳥見ポイントが有りますが
その全部(5箇所)でカケスの賑やかな声に遭遇しています
声もするし飛び回る姿もよく見るのですが、いざ撮影となると
なかなか素早く、枝の込み合った所が多いなどで、難しいのですが
今回は会心作と言ってもいいかな~。。と自画自賛の画像が撮れました

カケスってこんなにキレイな羽なんですよ~(^^♪
見てやってくださいな~。。。

今度こそツツドリ




以前掲載の鳥、カッコウだかツツドリだか結論が結局出なかったのですが
今回のはツツドリ決定です。根拠は、たまたま居合わせた野鳥の会の方が
ツツドリがいますよと教えてくれたので。。というやっぱり決定的に
ここがこうだからツツドリという見分けポイントは判らずじまいです。
でも権威ある日本野鳥の会の会員さんがおっしゃるのですから、
ツツドリにちがいないのですよね。

というわけで、写したのですが、これがまたひどい画像ばかり(ーー;)
すごい枝かぶりに、暗い後姿。前回のと比べツツドリっぽく見えるでしょうか?

ゴジュウカラもいます~♪





群馬のM山での鳥見写真が続きます。
ゲラ類の次はカラ類。
シジュウカラ、ヤマガラは皆さんご存知ですが、
これらのカラ類の混群の中にゴジュウカラが混ざっていました。
都市公園ではなかなか見られないのですが、さすがに小さいけど山ですね。

反り返ったような独特のポーズで、木の幹に飛び移っては
下に這うように移動します。
片時もじっとしている事が無いのと、木々の薄暗い場所や逆光の中
やっと何とか見られそうなのを選んでみましたが。。。
画像の不鮮明さ、御容赦のほどm(__)m

キツツキの仲間たち。







アオゲラを撮った山ではキツツキの仲間を3種類見ることが出来ます。
先日載せたアオゲラ、そしてアカゲラにコゲラ。
今日は3種ご覧下さいね~♪
大きさはアオゲラが1番大きく29センチくらい
次がアカゲラで24センチくらい
そしてコゲラが15センチくらい。
コンコンと朽木をつつくドラミング音が林に響き存在を知る事が出来ます。
でも、高い木の上のほうだったりで、このアカゲラ、イナバウアー状態で
撮りました。ルミックスの手持ちなので腕がケイレンしそうだった~(笑)

ヒタキの仲間







昨日掲載のアオゲラの山ではまだヒタキ類が残っていました。
いつもの私の行く公園では、もうコサメもエゾも見られなくなっていたので
得した気分です。

エゾビタキが同じ枝に何度も止まってくれました。
キビタキ♂は姿を見ただけで撮影出来ず残念。
♀だけ見てくださいね。

紅葉とキセキレイ


関東ではまだちょっと早めですが、そろそろ紅葉の便りも
きかれるようになってきました。
早いモミジは少し色付き始め、本格的な紅葉シーズンが待たれますね。

前回コスモスのときにモデルとして画像をお借りした
「やっちゃんの部屋」さんからまたステキなモミジの画像を見せて頂き
イメージが膨らんで、さっそく描かせていただきました。
まだ淡い紅葉にキセキレイの組み合わせです。
いつも快くモデルとしての画像の使用許可をしてくださるやっちゃんに感謝して
ここに掲載させていただきます。

やっちゃんのお部屋さんはこちらです
http://www12.oninet.ne.jp/yasuhisa/

アオゲラです~♪







いいお天気の日曜日。河原もとっても気持ちがよかったけど
辺りには鳥の気配が全くなく、もうノビタキも旅立ってしまったようです。
仕方が無いので、少し足を伸ばして橋を渡り群馬県のM山まで行って見ました。

着いてすぐにカケスの大きな声が響き、鳥がいっぱい。。
メジロやシジュウカラ、ヤマガラは手が届きそうなほど近くで飛び回り
ヒヨドリも行ったり来たり何羽も飛び回っています。

木々の間をゆっくり進む先に黄緑色に鮮やかな赤い頭。。
アオゲラの姿が目に飛び込んできました。それからはシャッター押しまくり。
何度も姿を見せてくれたので、思ってたよりじっくり見たり撮ったり出来ました。
赤ゲラも見たのですが撮影できず、これは次回の楽しみにとっておきましょう。
他に、ツツドリ、キビタキ、ゴジュウカラ エゾビタキなどの鳥も見られ
ほんとに充実した鳥見ingになりました。

アオゲラはキツツキ目 キツツキ科の体長29センチくらいの大きなキツツキです。

10月に咲く冬桜の花




公園もすっかり秋の様相に変わってきました。
ここの公園には冬桜といわれる秋に咲く桜があります
10月頃から咲き始めますが、春のようにたくさんぱっと咲くのではなく
少しずつ、長い期間咲いています。
もう少しすると紅葉と桜が一度に見られるなんて時期もあるくらいです。
花は小さくて八重咲き。ピンクがかった可愛い花です。
そして、この桜、また春にも咲くんですけど、春はソメイヨシノの
華やかさと比べるととっても地味であんまり見向きされずちょっと可愛そうな気もします。

その木の下にはコルチカムの紫桃色の花がたくさん咲いていました。

河原の鳥セッカ。





先日、オオバンを撮った日の河原の草地のほうでは
ノビタキ狙いだったのが残念ながら。。
でも、夏の河原の主人公だったセッカ、すっかり声を聞かなくなってしまったと
思っていたら、まだ少しだけ残っていたようです。
ピンクのきれいな足で草むらに止まっていました。

それからなんだか判らない鳥。。ウズラかな~?

利根川のオオバン







先日ノビタキを撮った河原にもう少ししっかりしたノビタキを撮りたくて
また出かけてみました。残念な事にもう移動してしまったのか、
ノビタキの姿は全く見られません。自然は儘なりませんね(ーー;)

利根川の本流からはずれた、流れのあまり無い淀んだ支流に
鴨がいました。その中に1羽だけオオバンの姿が混ざっていました。
鴨は私たちの気配であっという間に飛んでしまいましたが
オオバンはのんびり水草をついばんで泳いでいてくれました。

いつもの利根川の風景。。広すぎて1部分しか写ってませんが
ここは本流。この手前の河川敷が鳥見のフィールドです。

たまにはカワセミ





カワセミはいつでも撮れると思っているので、ほかに被写体が居ると
そっちに向いてしまうので、ここに掲載は久しぶりです。
つまり困ったときのカワセミ。。でして。。
特にネタが無い時の切り札的存在ですか。。

そんな事言うと、見たくても見られないという人の反感かっちゃうかも。。
それにいつも姿見せてくれる優等生のカワセミちゃんが気を悪くしちゃうと困るので
今日は美人に撮ってありますよ~(笑)
向かい合って見詰め合ってるように見えるけど、実は両方♀
親子かな。。左は成鳥なのでこっちがお母さんかも。。

ツツドリかカッコウかホトトギス??




カッコウの仲間は全く見分けが付きません。
以前カッコウを撮ったときには、確かに大きな声で
カッコー、カッコーと鳴いていたので間違いなかったのですが
今回は声は聞こえません。
でも2~3日前にポンポンというような声を聞いたので
ツツドリかな~?といった感じで。。

この種の鳥の同定は、見たときにそう鳴いていたので
そうだろうと言うのが定番らしいです。
だから撮った本人が、ツツドリと言ったらツツドリになっちゃうらしいのですが。
それでいいのかな~?
はっきりした同定方法御存知の方教えてください~m(__)m

今回撮影者の意見はツツドリなんですが。。
撮影場所は埼玉北部の都市公園内です。

カケス撮れました~♪






昨日鷹に邪魔されちゃったカケス。
今日は別のフィールドでリベンジです。
ここは標高100メートルもない山といえるほどではない
小さな山ですが、平野の真ん中では貴重な山地です。

ヤマガラシジュウカラがまるで遊んでるかのように近づいて
飛び回り、山柿の小さな実をメジロが群がってついばんで
とても賑やかです。
その山に響き渡るほどのカケスの濁った声が聞こえ
5~6羽の群れが飛び回っていました。
この鳥、木の茂みや、暗い場所ばかりにいるので撮るのが難しくて
しかも少しもじっとしていてくれません。
でも、何枚か撮ることが出来ました。
4枚目、なぜか頭の羽毛が逆立ってます。もしかしてカケス界でのツッパリ?
5枚目は急に振り向いた所、だるまさんが転んだ~!ってやってたわけじゃないですけどネ。。

オオタカです。多分?




いつもの公園の近くにある神社の境内に時々鷹がやってきます。
ここにはヒヨドリやオナガやムクドリといった鷹には絶好の
獲物がたくさんいるためなのですが。。
今日はカケスを撮ろうとファインダー覗いてると、さっとカケスが
逃げてしまいました。代わりに視界に飛びこんできたのは
白い鷹。。オオタカの♂成鳥のようです。
オオタカは♀のほうが断然大きく♂はかなり小さく感じられます。
オオタカ♀や若は見慣れてるのですが、♂はちょっとハイタカとの
区別が良くわからなくて。。これはもしかしたらハイタカかもしれませんね。
でも顔立ちや白くくっきりした眉斑と胸が全体に白いし(ハイタカは
橙褐色が混ざる)のでオオタカでいいと思います。
違ってたらコメントお願いいたします~m(__)m

鷹撮れたので今日は良いんだけど、カケス撮り損ねた~(^_^;)

コサメビタキ、まだいてくれてます。





渡りでやってきた鳥も少しずつ移動していきます。
コサメビタキも少し少なくなったかな~?と思っていたら
まだまだいてくれました。
いつものカワセミのお立ち台にちょこんと止まって、ポーズ作ってくれています。
数週間の短い滞在だけど、可愛い姿たっぷり見せてくれて嬉しいです~♪
また来年も元気な姿で戻ってきてね。

白い蝶2種




昨日は関東方面ものすごい雨でした。
東京では大雨と風の嵐でかなり大変だったとか。。
埼玉北部は雨は降ったけど風がなかったのでそれほどには
感じませんでした。その分今日の風がものすごい。。(ーー;)
雨は完全にあがり青空なのですが、まるで嵐並の大風です。

撮り置きの蝶を2点。
白い蝶の代表のモンシロチョウとスジグロシロチョウです。
今回は両方とも翅を広げた形です。
それから、翅を広げたらすごくきれいな青い色の蝶見つけました。
でも止まってくれても翅を閉じたままで広げてくれず、
キレイな青い翅写せませんでした。
ムラサキシジミだと思うんだけど?

白繋がりで今度はホオジロ






目が白いからメジロ。と言う事は頬が白いからホオジロ?
頬と言うより顔が白くて黒い過眼腺があるって言うほうが
正しいような気がしますけど。。
とにかく今日はホオジロです。

先日クロネコさんと散歩してる時に、セイタカアワダチソウに止まってる
茶色っぽい鳥を見つけ、ノビタキだと思って大喜びして、
双眼鏡で確認した所、ホオジロだったのでがっかりしちゃった鳥です。
でも、それではホオジロに失礼だし、せっかくなのでカメラ向けて写しておきました。
昨日今日、雨で散歩いけないので、つなぎにちょうどいいかな。。。

さえずりの声はとってもいいので、ホントは好きなんですよ。
ホオジロさんの名誉のため、いい所も言っておかなくちゃネ(笑)

1,2枚目がその時の画像
3枚目以降は以前写しておいて未掲載のもの。

メジロ





公園の木の実が沢山実って、ドングリやエゴの実
エノキの実などにそれぞれいろんな鳥が集まっています。
実だけでなく、虫を求めて来る鳥もいるし、とにかく
今の時期はいろんな種類の鳥が見られ鳥見ingには
嬉しい季節です。

そんな鳥の中で、オリーブグリーンの小さな体に
白いアイリング可愛い声のメジロは可愛くて好きな鳥です。
目の前の木に大群でやってきて、ものすごい勢いで
飛び回りあっという間に別の方向に移動していきました。
何十羽と言うメジロの大群。唖然と見送ってしまいました。

1枚目のはエゴの実を食べているのではなくて
実の中にいる虫を食べてるようです。

黄色い鳥その2(キセキレイ)





昨日のキビタキに次いで黄色シリーズ?
幸せの黄色いハンカチは映画ですけど最近の幸せのハンカチは青でしたっけ。
若いお嬢さんばかりでなくおば様までがハンカチ王子なんて騒いでますが。。
私は全く感心なしなので、黄色でも青でもどっちでもいいんですけどね。。

ちょっと脱線しちゃった(^_^;) 今回はハンカチの話ではありません。。
黄色い鳥の話です。
昨日のキビタキに次いで黄色い美しい鳥、キセキレイです。
先日ブログ仲間のクロネコさんが転勤先から用事で自宅のある埼玉に帰ってきました。
数日の滞在でしたが一緒に鳥見して、その時にこのキセキレイの水浴びを
この場所で雨の中傘を差して眺めたのです。残念ながら雨のため撮影できず。
でも長い時間水浴びしたり、羽を震わせたり、いろんなポーズを見せてくれました。

それで今日はリベンジ。お天気も薄日が差すくらいの好条件。
いい背景の所できれいな姿撮らせてくれました。

キビタキも来てます~♪





秋の渡りのシーズンですね。
コサメビタキやエゾビタキが今年は沢山見られます。
と言う事は他のヒタキ類も。。。って思うのは鳥見人の性かしら。。
先日、キビタキの♀やオオルリの♀も確認してるので、
キビタキの♂やオオルリの♂もと、欲張りたくもなるというもの(笑)

でも!でも!やはり想像通りでした。
キビタキの♂と♀の揃い踏み。お待たせしました~♪本日特別公開←(かなり大げさ)