FC2ブログ

公園の鳥




花菖蒲の花が咲き終わってしまい、賑やかだった公園が
今日はひっそりと静かです。
公園管理の人の草を刈る音が響き渡っているくらいで
散歩の人がちらほらいる程度。。

久しぶりにコゲラに出会いました。
緑が濃いので写すのが大変。。やっと1枚。

咲き終わった花菖蒲園でカルガモ親子がのんびり
公園で人馴れしているのか近づいても一向に逃げるそぶりもありません。
さあ!みんな飛び込むのよ~♪
母さんに続いて、ヨチヨチと後に続いていきました。

スポンサーサイト



シジミ蝶




ヤマトシジミとルリシジミの見分けるポイントを
ブログ仲間に教えていただきました。
とってもよく似ていて、判断が付きにくかったのですが
これで何とか私にも判りそうです。
で!さっそく撮ってきたのを見比べてみました

1 、2枚目 目の色が薄いのでヤマトシジミ
3枚目    目が黒いので ルリシジミ

少しずつ判りかけてきましたがまだまだ自信は???

アジサイとカタツムリ


梅雨に1番似あう花といったらやっぱりアジサイでしょうか。
雫を受けた花や葉は輝きを増し、その色はますます色鮮やかに咲き誇ります。
七変化と言われるほどに、花色の変化も美しく、たくさんの種類が
最近は花屋さんの店先や観光地をにぎわせていますね。

そして懐かしいのがその葉っぱに、のっそりといるカタツムリ。
以前は殻の大きさが3センチくらいの大きなカタツムリを見かけたものですが
最近はめっきり見なくなってしまいました。

で~んでん む~しむし か~たつむり~♪
お~まえの あ~たまは ど~こにある~♪
つのだせ やりだせ めだま~だせ~♪

ハクセキレイ






久しぶりの河原です。
梅雨とは思えないいいお天気で暑い事。
でも河原風はひんやり気持ちがいいのです。
河原で囀ってるのは、オオヨシキリばかりではありません。
ハクセキレイも元気に大口開けて囀ってます。
ぬかるみに足を取られて歩きにくそうな姿もちょっとユーモラスですね。

デジスコのカメラを変えたので、そのテストを兼ねての
撮影はマアマアの出来。

ベニシジミ





カメラを取り替えました。
今まで花を撮るのに使ってたデジカメが古くなって
色々不都合がでるようになってしまい、今度は
手のひらサイズの小さなものにしました。
これは、マクロも4センチまで近づけるし、蝶や花には良いかも。

さっそく近くの土手でテスト撮影。モデルはこの時期いっぱいいる
シジミチョウ。。ゆっくり近づくのが大変。。

 

我が家の赤い実






赤い実が好きです。
なぜか、赤い実の付く植物に心引かれて、狭い庭なのに
いくつか植えて、ますます狭くなってしまっているのですが
それでも、色付いた赤い実を見ると、嬉しくて見惚れているのです。

1枚目 ワイルドストロベリー(小さな野生のイチゴ、ハーブとして売られています)
2枚目 ヒペリカム (食べられません)
3、4枚目 プラム (もう25年になります。たくさんなった実は完熟でおいしいんですよ。
           食べきれないのでジャムやフルーツソースにします)
5枚目 ラズベリー(木苺の一種です)

初夏に咲く花






我が家の猫の額ほどの狭い庭にも、花たちが季節を告げてくれます。
梅雨時でも、鮮やかに咲いてくれる花は、PCやキルトで疲れた目を
優しく癒してくれる大切な空間。
1年中花の絶えないガーデニング目指して、手抜きしながら
楽しんでいけたらと思っています。

1枚目 ダリア
2枚目 ブルーハイビスカス
3枚目 ルドベキア
4枚目 ストケシア(白)
5枚目 孔雀サボテン

蝶 色々




梅雨時といっても、この湿った蒸し暑さはこたえます。
むっとした感じで爽やかさが無い(^_^;)
蝶ももう少し変わった綺麗なのに出会えると嬉しいんだけど。。。。

1枚目  チャバネセセリ?又はイチモンジセセリ?の斑紋異常かも。
2枚目  ヒカゲチョウ
3枚目  写りが悪いので判りにくいけど
     ヒメジャノメ

今回もkappaさんからアドバイスと同定をして頂きました。
いつもありがとうございますm(__)m

蝶 、コミスジ





蝶はまだまだ、写真も撮り始めて間が無いので
どうも納得のいく撮影が出来ません。
第一に動きがつかめない、第二になかなか止まらない
などと言い訳たらたら。。。ただ単に下手なだけですがね(^_^;)

今日の蝶は コミスジ。
白と黒のコントラストが綺麗です。初めて羽を閉じてる所が撮れました

野の花色々







梅雨時の花といえば、花菖蒲やアジサイ
でも河原や野原などに咲く花も、目立たないけど
色々な表情を見せてくれて季節を感じさせてくれますね

鳥見や蝶、トンボを追いかけながら見つけた花々です

1枚目  ニワゼキショウ
2枚目  ハルシャギク(これは花弁が変化して筒状になっています)
3枚目  コマツヨイグサ
4、5枚目  テリハノイバラ
6枚目   カワラサイコ (クロネコさんに教えていただきました感謝m(__)m)

水鳥の親子







ここ埼玉北部でも麦刈りが終わり、田んぼに水が張られ
田植えが進んできました。
田んぼの水の中にカルガモが羽を休める姿が見られます。
沼や川では水鳥の親子がそろそろ子離れの時期なのでしょうが
親とあまり変わらないくらいに成長してきていますがまだまだ
親のまわりから離れず甘えていたいようですね。

蝶、トンボ








今まで何回か撮影にチャレンジしたものの、あまりに細くて小さくて
なかなかうまく撮影できなかったイトトンボ、ようやく何とか撮影できました。
種類までは判らないけど、青い縞模様で綺麗ですね。

蝶も何種類か、でもやっぱり種類がわかりません。
また今回もKappaさんのお力借りないとだめですね(^_^;)
よろしくお願いします~m(__)m

1,2枚目 クロイトトンボ 
3,4枚目 キマダラセセリ
5枚目   スジグロシロチョウ
6枚目   ツバメシジミ♂
7枚目   ツバメシジミ♀

という事で今回もKappaさんのお力を借りて同定して頂きました。
Kappaさんのブログにはもっと素晴らしい蝶やトンボがたくさんUPされてますので
ぜひ皆様御覧になってください。
アドレスは
http://blogs.yahoo.co.jp/kappa0302

バンの親子




先日はカイツブリの親子を載せました。
今日は同じ沼で子育て中のバンの親子です。
この季節はどの鳥達も子育てに一生懸命なんですね。

ほらほら!遅れないように付いてくるんですよ~!
と親鳥に促され、一生懸命に泳ぐバンの子供達。
オオバンとコバン。。ですね(笑)

ホタルブクロには蛍



ホタルブクロには何種類かありますが、我が家のホタルブクロは
もう10年以上前に軽井沢へ行った時に、別荘の造成作業中の空き地で
ブルドーザーの下敷きになる直前に頂いたものです。
それから我が家の庭で着実に増え続け今年もたくさんの花を咲かせてくれました
赤紫がかったこの花の種類は山ホタルブクロ。

今年のお絵かきのテーマは花と鳥のコラボなんですが、ホタルブクロでは
鳥との組み合わせはかなり難しいですね。
で!かなり短絡的な考えですけど、ホタルブクロなので蛍を組み合わせちゃいました。

デジスコで飛び物(コアジサシ)






デジスコで飛び物はかなり難しいです。
当然ボケボケ画像の量産。でも目の前を飛翔するコアジサシの
スマートな美しさ、どうしても撮りたいのです。

時々ホバリングするときがチャンス。
目で追いながら、カメラも向けて、終いには目が回りそう(笑)

バッグ3点




キルトを始めてもう何年になるでしょう。。そろそろ10年?
その割りに大きな作品できてません(^_^;)

今は9月の展示会に向けて作品作りに励んでいますがそれだけでは
飽きてしまうので合間に小さな作品もいくつか作ります。

小さな端布ももったいないので生かすようにと、いろんな残りの布を
集めて作る事が多いです。
小さな四角をいくつも作っておくと色々使えて便利ですね。

蝶、トンボ。。








本格的な梅雨に入り、各地で大雨の被害が出でいます。
被害が拡大しない事を願うばかりです。
池や沼の水かさも一気に増えました。鳥見や蝶、トンボを
追うのも充分注意が必要ですね。

お天気のいいときに撮っておいた蝶やトンボの倉出しです(笑)

1、2枚目  キタテハ
3枚目    テングチョウ  
4枚目    キチョウ
5,6 7枚目  コシアキトンボ

今回もKappaさんに同定して頂きました。ありがとうございます。

カイツブリ親子






鳥達は子育ての季節ですね。
池や沼でもそんな光景がみられます。
とっても警戒心が強くて、近づくとすぐにもぐってしまうカイツブリも
可愛い雛たちの世話に一生懸命。
1羽はいつも雛のそばにいて見守っているのでお母さんかな?
もう1羽は一生懸命もぐっては餌を持って、待ってる一団の所に戻ってきます。
一番早く進み出た1羽の雛が餌をもらえます。
どうやらザリガニの小さいのを獲ってくるみたいです
こちらはお父さんカイツブリかしら?
何度も何度ももぐっては渡し。。を繰り返していました。
親は大変ですね(^^♪

トンボ4種?







鳥見で河原や池に行くと、この時期トンボや蝶にも
出会うことが多くあります。
特に池や沼ではいろんなトンボがいて、思わずカメラ向けて
しまいますが、羽の透き通ったトンボを綺麗に写すのって難しいですね

名前の判らないトンボばかり。
特に今日出会った赤いトンボ、赤とんぼって秋頃ってイメージあったので
こんなに真っ赤なトンボにびっくりでした。

1,2枚目 ムギワラトンボ(2枚目もムギワラでいいのかな?)
3,4枚目 ?(だいぶ色合い違うけど同じトンボ、
        大きさはムギワラトンボとあまり変わらないくらい)
5枚目   ?
6枚目   ?(イトトンボ?)

☆~~☆~~☆~~☆

大勢のブログ仲間の方たちに種類のアドバイスや同定をしていただき判明いたしました。
御協力くださった、Ichiroさん さとちゃんさん 秀さん ありがとうございました。
そして今回もご教授、同定して頂きましたKappaさんに感謝とお礼申し上げます。
以下判明した結果です。

1枚目    ムギワラトンボ (シオカラトンボの♀)
2枚目    ショウジョウトンボ (若い固体)
3,4枚目  ショウジョウトンボ
5枚目    ハグロトンボ
6枚目    イトトンボ(画像が悪いため詳細は不明)

梅雨の合間の鳥見。。





昨日は1日中雨。
そして今日は曇り。。でも降ってなかったらやっぱりカメラ持って
出かけたくなります。いつもの公園の花菖蒲園が咲きそろい
平日でも大勢の人たちが来ていました。

別のMFの川では、水鳥が泳いでいましたが、季節柄の
こんな風景も見られました。
カルガモのお母さんがコガモを従えて泳いでいます。
ちょっと遠くて小さいけど可愛いのでUP。

もう1枚はバン。いつも見るのは水のなかに居るのばかりだったので
足元見ること少なかったです。バンの足ってこんな色なんですね。
それに口元がこんなに赤かったかしら?と思うくらい鮮やかな嘴で、びっくり。

秋には家の周りでよく見るモズ君。最近めっきり見かけないと思ってたら
河原に居たんですね。このモズ君は河原の柳がお気に入りのようでいつも
そこで見かけます。

1枚目 公園の花菖蒲
2枚目 カルガモ親子
3枚目 バン
4枚目 モズ♂

梅雨空にはツバメ





いよいよ梅雨本格的、といった感じの雨が朝から降り続いています。
こんな梅雨空でも元気に飛び回ってる鳥といったらやっぱりツバメでしょうね。
我が家のお隣の軒下にも巣があって、親鳥はかいがいしく餌を運んでいますが
我が家の駐車場の上の電線にちょっと止まってから移動するので、車には
落し物がいっぱい。
いざ出かけようという前には、まずフロントガラスの掃除が必要といった具合です。
でも、大口開けて餌をねだる雛たち見たら文句も言えませんね。

電線ではなく珍しく川辺の野草に止まっていました。こんな姿のツバメは
あまり見かけなかったので、思わずパチリ。
枝かぶりは御容赦の程。。

黄菖蒲とオオヨシキリ



梅雨に入りました。
花菖蒲やアジサイの花が梅雨の雨を受けていっそう色鮮やかに
咲く季節ですね。
黄菖蒲はどちらかというと、野草のように、沼や川辺に葦などと
一緒に生えている事が多いような気がします。
濃い緑の葉の間から黄色い花は結構目だって綺麗です。

河原の葦にはオオヨシキリがあっちにもこっちにも声を張り上げ
囀っている光景が、この時期にはたくさん見られます。
そんな風景のひとこまを。。。

2枚目は 黄菖蒲だけで。。

後姿のこの子はだれだ~?





麦の穂がすっかり色付いて、いわゆる麦秋といわれる光景が広がっています。
梅雨の合間に刈り入れのコンバインの音が響く中、川沿いを散歩しました。
遥か先のほうに、茶色い塊がもそもそと動いています。シャッター切ったら
おしりが写りました(笑)
こちらが歩くと、向うも歩き、立ち止まると向うも止まり。。。
何回か繰り返して麦の中に消えていきました。イタチは時々車の中から
見かけることはありましたが、歩いてるときはめったに会いません
あまりに遠くて証拠写真ですけど、イタチってなんだか可愛くて、また会いたいな~♪

そのイタチが消えていった麦畑に、セッカがちょこんと麦の穂に埋まるように止まってました。
2枚目のほうは後向きでちょっと残念!

ベニシジミとモンシロチョウ





関東もとうとう梅雨入り宣言です。
朝から降り続いてた雨が、夕方にようやくあがり、
空が明るくなってきました。明日は晴れるといいな~♪

先日散歩の時に蝶を少し撮れました。
ありふれたモンシロチョウだけど、黄色い花との取り合わせ
ちょっと綺麗でした。
ベニシジミは初めて羽裏を撮ることが出来て、ラッキー。

1,2枚目 モンシロチョウ
3枚目   ベニシジミ
4枚目   サトキマダラヒカゲ

カンムリカイツブリその2





先日のカンムリカイツブリ、近くによってくれなくて
証拠写真程度でしたので、今度こそリベンジ!といいたい所ですが
やっぱり、警戒心が強いのか、まったく近寄ってくれません。
しかも大河利根川の川幅。。真ん中当たりに行かれたらもう遠すぎる(T_T)
それでも辛抱強く、葦の後ろに隠れて待っていたら、少しだけ
こちらに向かってきてくれました。

この鳥、羽毛を逆立てるととってもおもしろい表情になります。
ディスプレイや威嚇のときにするらしいけど、ちょっとおもしろい
ポーズですね。

チョウゲンボウ幼鳥2





昨日のオオタカの若に次いで、今日も猛禽の若鳥
チョウゲンボウの前に載せた子の兄弟や別の所の幼い子です。
昨日のオオタカはかなりもう一人前に近いのですが
こちらはまだ幼くて、産毛が残ってるほどの雛のようです。

両方とも、橋梁の鉄塔やコンクリートの橋げたなどに営巣しているようです
とっても大きなつぶらな瞳が猛禽とは思えないくらい可愛らしい表情ですね。

1、2枚目 少し成長して、飛ぶことは出来ますが
      まだ2羽寄り添って親鳥の餌を待っています。
3枚目   その2羽の母鳥。
4枚目   別の橋の所の雛。まだ胸の産毛が残っています。
      多分まだ生まれたばかり。。飛べない。

若でもオオタカの風格有り。。





曇り空。そろそろ梅雨に入るのでしょうか。
空模様がきになります。

今日はオオタカの若が鋭い鳴き声を上げていたので久しぶりに
カメラ持参で歩いてきました。
カメラを向けるとすぐに気がついてこちらをじっと見ています。
まだ羽色が茶色い若鳥ですね。
ぐっと睨んだ感じの目はさすがに若といえどもオオタカの風格。
じっと見られてるとこちらがたじろいでしまいそうです。

野山の花々









鳥を見、蝶やトンボを追いかけて、野山や河原を歩き回っていると
たくさんの花々にも出会います。特に初夏にはたくさんの花が
咲き誇り、蝶ならずとも目移りしてしまうほど。
ほんの一部ですが、御紹介いたしましょうね。

1枚目 アカバナユウゲショウ
2枚目 アカツメ草
3枚目 ホウチャクソウ
4枚目 キキョウソウ
5枚目 クサフジ
6枚目 ビロードモウズイカ
7枚目 オドリコソウ
8枚目 ヤセウツボ

利根川の鳥





利根川の中流域のここは、川幅がとても広く、河川敷もかなり広いです。
さすが日本一の流域面積を誇る坂東太郎。
そのため、コアジサシのような海鳥も大河には上ってくるようですね。
でも動きが早くてその上どこにも止まってくれないので飛翔を狙うしかありません
とっても難しいのにチャレンジして、やっぱり結果は敗退(T_T)
でも証拠は残したい(苦笑)

それから今日初めて見た、カンムリカイツブリ、こっちに気がついたらしく
あっという間にもぐってしまい、出てきた時ははるか彼方。
これも遠くてやっぱり証拠写真程度ですが。。

1,2枚目 カンムリカイツブリ
3,4枚目 コアジサシ

シオカラトンボ



蝶に次いで、今日はトンボ。
色合いがこんなに違うのに、両方ともシオカラトンボなのだそうです。
黄色っぽいほうは、雌。ムギワラトンボって言われるトンボですね。
下のは成長した♂でこれこそシオカラトンボって感じの色合いですね。
河原の干潟のような所を飛び回っていました。

もう一匹、葦の間を猛烈な勢いで飛び回る大きなトンボがいました。
これは頑張ったんだけど写真撮れず残念!!
シオカラトンボより一回りくらい大きくて、どこかに止まるのを待ち続けたんだけど
1度も止まってくれませんでした。
未だに何だったのか知りたくて、気になってます。いつか写真撮るぞ~!!