FC2ブログ

利根川の河原で



利根川の河原は広く葦原が続き
浅瀬もあるのでいろんな鳥達に出会えます。
今日は、風もなく暖かかったので半日鳥見ing楽しんできました。

最初に出会ったのはチョウゲンボウ(?)と思われる鷹。
それから浅瀬にシギと思われるけど名前不明((ハマシギ?)などなど

感激したのは白鳥の群れが頭の上を渡っていくのに遭遇した事。
きっと南を目指して飛んでいったので、川本の荒川に行く途中なのかしら
なんて、想像めぐらしてしまいました。
呆然とみつめていて、写真は撮れずじまい(ーー;)でもとても
良い場面遭遇できて今日の鳥見は大成功!!

スポンサーサイト



川本の小白鳥







埼玉北部の白鳥飛来地として知られている川本町に
今年も行ってきました。
荒川の南岸に約180羽の小白鳥とその何十倍もの
鴨たちを真近で見ることが出来ます。
白鳥も鴨もゆったりのんびりと餌をついばんだり日光浴をしたり
している姿は、川の冷たい風にもめげず清々しく感じられます。

鴨のほかにも、カイツブリやオオバンを見つけることも出来ました
その少し脇で小さな体でちょこまかと動き回る、ハクセキレイ
イカルチドリもカメラに何とかおさめられ、今日の鳥見は
結構収穫ありでした。

今日のカワセミ君



連日の大寒波が少しゆるんできたのでしょうか。
今日はクリスマス、埼玉は雪はまったくないのでホワイトクリスマスなんて
経験無しです。それに我が家はもう皆子供達も成人して、
イブと言っても質素なもの(^_^;) 

今日は1日風もなく穏かな日よりで、散歩も気持ちよくゆっくり
楽しめます。いつもカワセミがいる場所に今日もやっぱりいました~♪
ちょうどお食事中のダイビング。2~3度飛び込んでは小魚をくわえて
戻るのを繰り返して、飛び去っていきました。

でもこの少し先は流れがゆるいため川に氷が張っています。
縄張りが全部凍っちゃったらどうするのかな~?
ちょっと気がかりですが、今日も元気な姿確認できて幸せ気分。

猛禽もいます。。



今日は風も少なく、良いお天気。
川沿いも気持ちよく歩き回れます。相変わらずカワセミは
動きが早くて空振り。そのかわり以前から気になってた猛禽類が
杉の木にとまって川の方をじっと見ていました。
目いっぱいのズームでやっと証拠写真程度だけど
私的にはオオタカならいいな!なんて思ってるんだけど
誰か猛禽類詳しい方教えてくださいませ~m(__)m
これだけじゃ判りにくいでしょうけど。。

GIFアニメ久しぶり


最近すっかりカワセミ病にとりつかれてしまった感じですが
ついにGIFアニメにまでカワセミ登場です。
GIFアニは以前お遊びでゴーヤのキャラクター作って以来
ほんとに久しぶりです。
どうしてもサイズが重くなってしまうため、いかに軽くシンプルに
出来るかがポイントなんだけど、やっぱり色々盛り込みたくなってしまいます
餌捕りのダイビングをアニメにしました~♪

カワラヒワ



日本列島が大寒波に襲われてるようですね。
例外的に関東(首都圏)は晴天続きです。
風は冷たいけど空気が澄んで気持ちが良い1日です。
でもいつもの公園のカワセミのいる場所はうすく氷がはって
もう翡翠の姿は見当たらなくなってしまいました。

近くの川のほうは相変わらず元気に飛び回ったり
餌捕りのダイビングを見せてくれています。
昨日はカワちゃんの写真は残念ながら空振り。
そのかわりと言っては、この子に申し訳ないかしら。。
コロコロピーピーときれいな声で鳴きます。
羽を広げると黄緑色がきれいなカワラヒワがスズメと
仲良く木に止まっていました。

シクラメンの詩


あっという間に12月も半ば。今年も残りわずかです。
街はクリスマスのイルミネーションで明るく華やか。
そんな中でひときわ暖かい色合いで咲き誇るシクラメンが
目だちます。今年もピンクのシクラメン買ったので
さっそく描いてみました。
そしてうれしい事に、その絵を見たネットのお友達のめぐさんが
素晴らしい詩を作ってくださいました。梨花さんはめぐさんのもうひとつの
HNです。ここに載せることにも快諾してくださった事に感謝して
御紹介させていただきます。

  「シクラメン」
窓辺に置いたシクラメン
冬の陽射しにまどろんで
ほんのり頬は桜色
花びら恥じらい少女のよう

蕾は光りの妖精達
花びら幼き紳士と淑女
ゆかしき香り漂いて

シャルウィ.ダンス
そっと手を差し伸べひざまずき
妖精達も仲間入り
一緒にステップ踏みましょう

ラッタッタラッタッタ
幸せの香り漂いて

 詩 梨花さんより

拙い絵ですがこうしてお友達との合作が出来、喜びも倍増させて頂ける
PC仲間がいることに幸せと感謝を感じています。

近所の翡翠


我が家の近くの翡翠。
今まで何度も見るだけで写真には撮れませんでした。
広すぎてなかなか公園のカワちゃんのようには捉えきれません。
今日はちょうどお食事中。
何度も川の中にダイビングしては魚を捕っています。
一瞬川の中ほどで数秒ホバリング、思わず見とれて
カメラ構えるの忘れてしまいました。

セイタカアワダチソウの枯れ枝に止まったところで
やっと1枚。遠くて証拠写真程度ですが。

トリミング無しのリサイズ。

シクラメン


12月の声を聞くとさすがに年末の慌しい雰囲気がしてきます。
町を歩くと華やかなイルミネーションや、お花屋さんに並んだ
色とりどりの花たち。
その中で、ポインセチアやシクラメンの鉢が特に多くなりますね。
最近では花の色もたくさんで赤から白まで色々。でも毎年ピンク
、それもこの色合いのものを選んでしまいます。
たまには変ったものをと思いつつ、やっぱりいつも同じ。。
シクラメンのかほりと言う歌がありましたけど、実際のシクラメンには
ほとんど香りはありません。最近品種改良で作られたようですがほとんどのには
香りはないようですね。真綿色したシクラメンならそこはかとないかほりが
しそうな雰囲気ですが。。。

オンシジューム


12月にはいると、いよいよランの季節です。
我が家のラン達も狭い温室にぎゅうぎゅう詰めになりながらも
次々蕾を膨らませてくれています。
開花最初はいつもこのオンシジューム。
とても育てやすく、よく増えます。増えすぎてあまり大事に
しない割には、ちゃんと毎年花を咲かせてくれる優等生。

ムラサキシジミチョウ



デジカメ散歩をしていると、いろんなものに出会います。
この日もカワセミ見て、でもさっと飛び去ってしまいその後なかなか
姿を見せてくれず、あたりをうろうろしていたときです。目の前にまるで
カワセミのように色鮮やかなチョウの姿。
日陰の木の陰から突然まばゆいばかりのコバルトブルー。
カワセミの事ばかり考えてたので蝶までこんな色に見えてしまったのかしら(笑)
羽を閉じると茶色く枯れ草と同化して見えなくなってしまったのに、開いたとたん
また鮮やかなブルーが目に飛び込んできました。
ムラサキシジミチョウ。。こんなキレイな羽の色はじめて見ました。

もちろんカワセミもちゃんと写しましたよ。この日は石の上にちょこんと
止まっていました。