FC2ブログ

ジョウビタキ撮れた。


カワセミ狙いで出かけたのに、今日は木の上のほうや藪の中に隠れてしまって
うまく撮れません。仕方がないので少しあたりをぶらついてたら、
ジョウビタキが離れた枝に止まりました。少々離れていたので
かなり小さい画像です。でもジョウビタキだって事は判りますよね。
ジョウビの雄。

スポンサーサイト



ことりの贈り物


庭に植えた覚えのない植物が時々顔を見せてくれます。
ほとんど実のなるもので、その大部分は小鳥達が食べて
種を落としていったものなのですが、その中に万両がありました
珍しくもないし放って置いたのですが、いつの間にか大きくなって
今年赤い実を付けてくれました。初夏に鉢あげしたので今年は
玄関の飾りに活躍してくれます。
こんな小鳥の贈り物なら大歓迎。今度は何を置いていってくれるかしら。

カワセミ再登場



カワセミ一度見たら、その魅力に取り付かれる人は
たくさんいらっしゃるようですね。
私も完全にカワセミ病に侵されてしまったようです。
そうなるとやっぱり欲しくなるのがデジスコ。
でもうちのカメラにあうスコープとか、もろもろの部品
なかなかないようだし。。
そうなるとデジカメから買いなおして、一式となると
今失業中の専業主婦にはちょっと手が届きません(T_T)

そうこうしてる内に、またもう1箇所、カワセミのいる
ポイント見つけました。こっちは我が家から歩いて数分のいつもの
散歩の場所。。近くの工場の駐車場に来た人はその側で双眼鏡とデジカメ片手の
怪しげなおばさんの姿に怪訝な顔しています。。(^_^;)

この写真の場所は、公園のほうのカワセミ君です。

この鳥は。。バンかな?



公園でのカワセミの追っかけをしていると、
他にもいろんな野鳥に出会います。
声を頼りに見上げるとシジュウカラが動き回ってたり
オナガの群れに出会ったり。
今日はこんな子を見かけました。葦の陰にすっと隠れてしまいます。
バンって嘴が赤くて体が黒いのだと思っていたんだけど。。。
この鳥バンみたいだけど。。違うのかな~??

もう1枚のほうのはだいぶ前に撮ったものだけど、ちょっと小さくて
判りにくいかな。。こっちは黒くて嘴赤いバンですよね。

埼玉の温州みかん


めっきり寒さを感じるようになりました。
11月も末になるとさすがに晩秋と言うより
初冬の趣ですね。
柿が今年はたくさんなって、ほとんど食べないものだから
まだいっぱい木になっています。それを狙って、ヒヨドリの
甲高い声が響きます。
その木の下に、温州みかんが今年もたわわに実りました。
以前は寒い所では育たないと思っていたのですが、
関東でも露地で充分なるのですね。それも南の垣根際
日当たりが良いので、甘くておいしいのが出来るんですよ。

それほど、ちゃんと手入れをしているわけでもないのに、
ちゃんとおいしい実をつけてくれる木々に感謝~♪

見たら描きたくなるカワセミ


カワセミを写すべくカメラ片手に抜き足差し足の日々ですが
我が家のデジカメ、最大でも12倍ズームしか出来ません。
姿は何とか捉えられるのですが、羽1枚1枚がはっきり見えるような
大きいのはとても無理。こうなるとデジスコ欲しい~!!と言う気持ちが
どんどん膨らんでしまいます。
写真写すの難しいので、絵描いちゃいました。この方がずっと楽かも(^_^;)

カワセミ撮ったよ~♪



私がバードウォッチングにはまった理由のひとつが、
この鳥を目撃した時からです。
それはまるで一瞬の出来事で、自分の目の錯覚かと
思っていたのでした。その後偶然にもまた別の場所で
同じ瞬間があり、今度こそ、あっ!間違いない!!
と確信。少し歩くとその先の川に突き出した枝に止まっていたのです。
それからは何度も写真に収めたくてそこに通い続けて、
ようやく何とか見られるような写真を撮る事が出来ました。
何しろ小さいし、動きは早いし、でもなれてくるといつもいる場所とか
判って、そこを重点的に見るとたいていそのあたりに居てくれるんです。

嘴の下側が赤いのでこの固体はメスのカワセミですね。

コバルトブルのー光のキラメキが一瞬さっと目の前を飛び去るのを
見たらもう、心を奪われ病み付きになってしまいます。

オナガの水浴び場


いつもの公園の大きな木にオナガの群れが来て賑やかに鳴き交わして
います。その下の浅瀬に交代で降りては水浴びをしている最中でした。
声はギャー!ギャー!とあまりキレイではありませんが、姿は
長い尾羽とブルーグレーの体はとてもきれいです。
数分間続いたので、少しだけシャッターきれました。

秋の実がいっぱい


デジカメ散策しているといろんな木の実が目に付きます。
足元にいっぱいのドングリ。見上げたらまだ木にもいっぱいなってたり、
小さな栗がイガからこぼれて散らばってて思わずイガごと拾ってきたり
夏に青く硬そうな胡桃が地面に黒く転がってたり。。
そんな木の実をいっぱい集めて絵にしてみました。
柿は我が家の百匁柿、それに前に採ってきたカラスウリ、野ばらの赤い実
栗のイガと柴栗の実、ドングリ、胡桃、マツボックリです。

秋色感じる1枚になったでしょうか。。

アオサギさん~♪


公園に行くときにももちろん小さな双眼鏡とデジカメは
手放せません。鳥達はもう少し木々の葉が落ちたほうが
見やすくなるのですが、水鳥たちならOK。
でもあまり近づきすぎるとすぐに飛び立ってしまって
写すのはとても難しいのです。
この日は珍しく、公園の裏の田んぼの脇で、じっとしている
アオサギさんを見つけました。
車の窓から狙った1枚です。。

私のフィールド公園



デジカメ散策のポイントがいくつかあります。
いつもの家の近くの川沿いと、車で5分くらいの所の公園と。
この公園は、かなり広く、ビオトープのように、湿生植物が
生育する沼や人工的な池。広い広場や菖蒲園などあり、
休日には人で賑わっています。

子供達がザリガニ捕りしたり、のんびり釣り糸を垂れる人がいたり。
その周りを、一心にウォーキングする人がいたり。。
私は、小鳥の声を聞いたり、花の写真撮ったりしています。

池の脇で見つけたザリガニ。怒って鋏を振り上げています。
そのソバにはドングリのいっぱいなった木がありました。

地区の文化祭です





毎年この時期に地区の公民館主催で文化祭が開かれます。
公民館に所属している定期利用団体の発表の場です。
私達キルトサークルも参加。昨日はお当番で夕方5時まで
会場でした。
今年は色々忙しい事情がありバッグを3点出品しただけですが
他の仲間達の力作が展示されてるので、写真撮ってきました~♪

秋のノジスミレ


スミレと言うと春の花というイメージが強いですね。
でもこのじき、あぜ道や土手などに小さな紫色のスミレが
見られます。
帰り花と呼ばれるらしいですが狂い咲きと言う事ですね。
気候とかいろんな条件で、本来春に咲くべき花が、勘違いして
咲いてしまう現象のようです。
スミレは種類が多くて、しかも交雑種も出やすく
私のような素人には種類の見分けはほとんど出来ません。
このお花も多分、ノジスミレだと思うのですが。。

デジカメ散歩で。。


早いものでもう11月です。
でも今年は紅葉も遅れて、まだここ埼玉北部でもまったく
紅葉の気配は感じられません。
近くの川の土手ずたいに、デジカメと安物の双眼鏡片手に
散策するのが日課になり始めました。
今狙ってるのは野鳥の写真なんだけど、何しろ動きがすばやくて
私のへぼデジカメと腕ではとても無理。。
でもまずは、大き目の水鳥などを狙って見ましたが。。。

アヒル?ではなくて(笑)マガモだと思います。。