FC2ブログ

パフィオがこんな時期に。。


例年なら冬に開花するパフィオがなぜか今頃開花しました。
いろんな条件が重なったのでしょうが、今年は忙しくて
あまり目が届かなかった事が原因のひとつなのかしら。。
蘭はそれほど手がかかるものではないけれど、やはり
真夏の水やりは欠かせません。ホースで雑にやっていた事を
少し反省です。

明日から余裕できるので、今まで手入れできなかった分
少し見回りに時間を割きましょう。
庭弄りは今することがいっぱいですから。。

スポンサーサイト



胡桃の実


いつもの散歩コースがあります。
少し歩くと川があってそこの土手やその周りの
休耕田や農家の裏の垣根ぎわなど。。。
いろんなものがあってとっても楽しみなんです。

土手際のカラスウリや野ばら、青い実がもう少しで
色付くのを楽しみにしています。
カジの木は赤い花と実が目立ようになったし
ヒガンバナも川岸に真っ赤な花を咲かせ始めました。

そこで気になるのが大きな胡桃の木
農家の裏山にありますが、道に大きく枝を伸ばして
たわわな実がもう少しすると道路にもぱらぱらと
落ちてきます。去年はそれを2個ほど拾ってきて
絵のモデルになってもらいました。
今年はまだ青い実ですがやっぱり鈴なりになっています。

こんな風に描いています







久しぶりの人物画です。
私の絵の描き方、PCのソフトを使ってる割には普通の絵の描き方と
ほとんど変りません。
よくPCで描くってどうやって描くの?って聞かれることが多いのですが
フォトショップなどで描く人の多くは、どちらかというとCGが多くて
PCの機能をフルに使っての描き方が多いみたいですね。

私は紙に鉛筆と筆で描くのとほとんど変らず、ただ紙と筆の変わりに
PCの画面とペンタブを使っているというだけですね。
でもそれならなぜPCなの?って聞かれるかもしれませんが
準備が簡単なのといつでも描き直しができる事とか、手も汚れないし
途中で一休みしてまた描き直しも出来るし、結構便利なんですよ。

ただ印刷用に描いていないので、PC画面上では、きちんと見えても印刷すると
色合いも変っちゃって見られたものじゃありません(ーー;)

幾つか画像を順を追って貼っておきましょう。
少しずつ完成していく様子がお判りいただけるかと。。。

トウガラシモデルに。。


9月になって早10日近く。
秋の気配がそこここに感じられるようになってきました。
秋というとやはり実りの季節。
いろんな物が色づいてきます。
赤いトウガラシ、実家でもらってきました。
逆さに吊るして乾いたら瓶で保存しま~す♪

でもまだみずみずしい姿を絵にしておきましょう。

やっとゴーヤ収穫


今年は種まきの時期が少し遅れたのと、
去年の自家採取した種だったためなのか
発芽が良くなくて、生育が大幅に遅れました。

今年は雄花は咲くものの、雌花がなかなか付かず
諦めかけていたのですが、やっと今日収穫です。
葉っぱの影だったので色が少し白っぽいです。
あと2個はミニサイズの種類。
これはもうこれ以上は大きくならないので
こっちも収穫。

大きいほうの薩摩太ゴーヤは21センチ。。まあまあのサイズ。

シュウカイドウの花


秋海棠(シュウカイドウ)と読みます。
春に咲く海棠に似てるから付けられたのでしょうか。
でも春のは桜のような感じだけど秋海棠はベゴニアの仲間です。
ムカゴが沢山落ちて次の年も思いがけない所から花を咲かせます。

9月にはいってこの花を見るとなんとなく秋の気配を感じます。

鶏頭は秋色




9月になりましたね。
まだまだ暑いけど、朝晩やあたりの様子にも少しづつ
秋の気配が感じられるようになってきました。
この鶏頭の真っ赤な色を見るとなんとなく秋を感じます。
夏の暑さにぐったりしてた花たちもまた元気を取り戻し
トレニアやサフィニアも花が鮮やかになり、株も大きく
花数も増えました。

鶏頭 ひゆ科。
学名 Celosia cristata
Celosia : ケイトウ属

インパチェンス(アフリカホウセンカ)
釣舟草(つりふねそう)科。
学名 Impatiens sultani
Impatiens :
ツリフネソウ(ホウセンカ)属

トレニア(キリン、サマーウエーブ)
ゴマノハグサ科
学名:Torenia fournieri cv. Summer Wave